鳥取藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧因州池田屋敷表門(鳥取藩池田家の江戸屋敷の表門)。東京国立博物館

鳥取藩(とっとりはん)は、因幡国伯耆国(現在の鳥取県)の2国を領有した大である。石高は32万5千石。藩庁は因幡の鳥取城鳥取市東町)に置いた。久松山城とも称した。

藩史[編集]

江戸時代を通し池田氏が治めた。

慶長5年(1600年関ヶ原の戦いの後、池田恒興の三男(輝政の弟)の長吉が6万石で入封し、鳥取藩が立藩した。元和元年(1615年)嗣子・長幸の代に備中松山藩転封となった。

同年播磨国姫路藩より、輝政の子・池田利隆の嫡男で池田宗家にあたる池田光政が32万石を与えられて入封した。光政は在封していた16年の間に鳥取城下町の基盤を整備した。寛永9年(1632年備前国岡山藩主・池田忠雄(利隆の弟)が死去し、その嫡男で光政の従兄弟にあたる池田光仲が家督を継ぐと、幼少であることを理由に鳥取藩へ移封され、代わって光政が岡山へ入った。これ以後、池田氏の分家筋が因幡伯耆国32万5,000石を治めることとなる。この忠雄死去の前後に、鍵屋の辻の決闘に関わることで大きな注目を集めた。

鳥取池田家は池田家の分家筋であったが、輝政と徳川家康の二女・督姫の間に生まれた忠雄の家系であることから岡山の宗家から独立した国持大名とされ、外様大名でありながら松平姓葵紋が下賜され親藩に準ずる家格を与えられた[1]た。また、通常大名が江戸城に登城する際は刀を玄関前で家来に預けなくてはならなかったが、鳥取池田家は玄関の式台まで刀を持ち込むことが出来た。これは鳥取池田氏の他には御連枝越前松平家の一門といった徳川家一門親藩と、やはり他の外様大名より家格の高い加賀藩前田氏のみに許された特権であった[2]


2国を領し因幡国内に藩庁が置かれたため、伯耆国内では米子に城が置かれ、城代家老として、荒尾氏が委任統治(自分手政治)を行った。この他に倉吉八橋松崎浦富といった藩内の重要な町にも陣屋がおかれ家老職にある家が代々統治を行っていた。なお、これらの町は他の在郷村とは違い、城下の鳥取と同じ扱いを受け町年寄などの役職が置かれていた。

また、因幡国内には支藩として鹿奴藩若桜藩を置いた。

天保の大飢饉は鳥取藩でも猛威を振るった。その被害は「申年がしん」と称されている。

幕末、12代藩主・慶徳は15代将軍徳川慶喜の兄であったため、敬幕・尊王という微妙な立場をとった。藩内でも尊王派と親幕派の対立が激しく、文久3年(1863年)には京都本圀寺で尊王派藩士による親幕派重臣の暗殺事件(本圀寺事件)が発生した。翌年の禁門の変で親しい関係にあった長州藩が敗戦し朝敵となると、これと距離を置くようになるが、明治元年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い戊辰戦争では官軍方につき、志願農兵隊山国隊などを率いて転戦した。明治政府に登用された鳥取藩士は、河田左久馬北垣晋太郎原六郎松田道之らがいる。

廃藩以後[編集]

明治4年(1871年廃藩置県により鳥取県となった。初代の権令(知事)には本圀寺事件の首魁であった元藩士の河田景与が任命されている。また、池田家は明治17年(1884年7月7日に、当主池田輝知侯爵となり華族に列せられた。明治23年(1890年)に亡くなり、従弟の池田仲博が、婿養子となり14代目として跡を継いだ。15代目当主は長男の池田徳真(1904-93年)で、英国留学をきっかけに、クリスチャンとなっている。著書を数冊刊行している。なお姉幹子は、徳川宗敬夫人である。

2010年現在の当主は、先代息女の池田百合子で16代目。健在ではあるが(養子はいるが)、家督を継ぐ者ではなく、当代限りで(旧鳥取藩主として)池田家の終了を決意している。この関係経緯により、東京多磨霊園にあった鳥取藩主池田家の墓は、平成15年(2003年)に鳥取市大雲院に移築改葬され、「史跡鳥取藩主池田家墓所保存会」[3] が設けられた。

多磨霊園の墓所は、12代の池田慶徳の時の東京移住を理由として、大正14年(1925年)、池田仲博のときに設けられた。

鳥取藩主池田家の分家「東館(ひがしやかた)池田家の墓(東京都)が、大雲院(鳥取市立川町)にある本家の墓所に移設され、同院で2010年5月15日、慰霊法要が営まれた。2007年2月に92歳で亡くなった東館池田家の13代当主池田仲親が生前、本家の墓所に合祀することを希望、3月に実現した。関係者は「ご先祖様が同じ墓に入ることになって良かった」と話している。

歴代藩主[編集]

池田家[編集]

外様 6万石 (1600年 - 1617年)

  1. 長吉(ながよし)〔従五位下・備中守〕
  2. 長幸(ながゆき)〔従五位下・備中守〕

池田家〔宗家〕[編集]

外様 32万石 (1617年 - 1632年)

  1. 光政(みつまさ)〔従四位下・左近衛権少将〕

池田家[編集]

外様(准家門) 32万5千石 (1632年 - 1871年)

  1. 光仲(みつなか)〔従四位下・左近衛少将〕
  2. 綱清(つなきよ)〔従四位下・伯耆守、左少将〕
  3. 吉泰(よしやす)〔従四位下・相模守、侍従〕
  4. 宗泰(むねやす)〔従四位下・相模守、侍従〕
  5. 重寛(しげのぶ)〔従四位下・相模守、左少将〕
  6. 治道(はるみち)〔従四位下・相模守、侍従〕
  7. 斉邦(なりくに)〔従四位下・相模守、侍従〕
  8. 斉稷(なりとし)〔従四位上・因幡守、左近衛中将〕
  9. 斉訓(なりみち)〔従四位上・因幡守、左近衛少将〕
  10. 慶行(よしゆき)〔従四位下・因幡守、左近衛少将〕
  11. 慶栄(よしたか)〔従四位上・因幡守、侍従〕
  12. 慶徳(よしのり)〔従四位上・因幡守、左近衛中将〕

支藩[編集]

鹿奴藩[編集]

鹿奴藩(しかのはん)は鹿野藩鳥取東館新田藩ともいう。ただし、同地には池田氏が転封される以前の領主である亀井氏による「鹿野藩」も存在していたため、混同に注意する必要がある。

貞享2年(1685年)に鳥取藩主・池田光仲が鳥取藩の新田2万5000石を次男の池田仲澄に与えて新田分知による分家としたのが始まりである。藩庁は江戸時代を通して鳥取に置かれたが、明治元年(1868年)12月10日になってから鹿奴陣屋(鹿野とも表記する。現・鳥取市鹿野)を藩庁としたため、鹿奴藩と呼ばれるようになった。

池田仲澄時代の晩年である元禄15年(1702年)閏8月7日、5000石を加増されて3万石となるが、これは本家の鳥取藩から蔵米を支給される形である。藩政の機構は無きに等しく、本家から派遣された役人が実際の藩行政を行なっていた。鹿奴藩は本家が断絶した際に備えるために設置された形式上の藩であったといってよい。実際、鳥取藩の第3代藩主・池田吉泰と第10代藩主・池田慶行は鹿奴藩主家(東分知家)からの養子藩主である。

藩政で見るべきところはほとんど無い。特記事項としては第9代藩主・池田仲建が元治元年(1864年)6月27日、鳥取藩主・池田慶徳と京都出兵をめぐって対立し、諫死していることがあげられる。

明治2年(1869年)にみずから廃藩し、鳥取藩に吸収された。藩主家は明治17年(1884年)、子爵となった。

歴代藩主[編集]

外様。2万5000石→3万石。

  1. 仲澄(なかずみ)〔従五位下・壱岐守〕
  2. 仲央(なかてる)〔従五位下・摂津守〕
  3. 仲庸(なかつね)〔従五位下・摂津守〕
  4. 澄延(すみのぶ)〔従五位下・摂津守〕
  5. 延俊(のぶとし)〔従五位下・修理亮〕
  6. 澄時(すみとき)〔なし〕
  7. 仲雅(なかまさ)〔従五位下・摂津守〕
  8. 仲律(なかなり)〔従五位下・壱岐守〕
  9. 仲建(なかたつ)〔従五位下・伊勢守〕
  10. 徳澄(のりずみ)〔従五位下・摂津守〕

若桜藩[編集]

若桜藩(わかさはん)は鳥取西館新田藩ともいい、鳥取藩の第2代藩主・池田綱清が元禄13年(1700年)5月25日に弟の池田清定池田光仲の四男)に新田1万5000石を分知したのが始まりで、藩庁は鹿奴藩と同じく鳥取に置かれた。なお、江戸屋敷が鉄砲洲にあったことから、鉄砲洲家ともいわれる。第2代藩主・池田定賢は享保5年(1720年)、5000石の加増を受けて2万石の大名となり、さらに幕府から松平姓を許され、柳間詰となった。ただし、鹿野藩と同じく鳥取藩から蔵米で支給を受けていたため、実際に領地は無かった。そのため鳥取藩からの独立性は薄く、若桜には鳥取藩から派遣された御付人による政務が行なわれていた。

歴代藩主の中では、第5代藩主・池田定常(松平冠山)が藩政改革を行い、また文学者としても有名で、「柳間の三学者」「文学三侯」と称された。

明治元年(1868年)12月10日、第10代藩主・池田徳定は若桜(現在の八頭郡若桜町)に若桜陣屋を置いたため、若桜藩と呼ばれるようになった。明治3年(1870年)、鳥取藩に帰属した。藩主家は明治17年(1884年)、子爵となった。

歴代藩主[編集]

  1. 清定(きよさだ)〔従五位下・河内守〕
  2. 定賢(さだまさ)〔従五位下・近江守〕
  3. 定就(さだより)〔従五位下・兵庫頭〕
  4. 定得(さだのり)〔従五位下・大隅守〕
  5. 定常(さだつね)〔従五位下・縫殿頭〕
  6. 定興(さだおき)〔夭折のため官位官職なし〕
  7. 定保(さだやす)〔従五位下・長門守〕
  8. 清直(きよなお)〔従五位下・淡路守〕
  9. 清緝(きよつぐ)〔従五位下・左衛門佐〕
  10. 徳定(のりさだ)〔従五位下・相模守〕

家老[編集]

荒尾成利成直成重成倫成昭成昌成煕成尚成緒成裕成富
  • 荒尾志摩家(伯耆倉吉領1万2000石・藩主外戚)維新後男爵 
荒尾嵩就宣就秀就勝就甫就斯就厚就為就世就直就光就嘉就
  • 山池池田家(2200石・藩主一門・池田氏嫡流)
池田之政岡山藩家老池田由之の四男)-之信=之成(池田吉左衛門の子)-之寿=之茂(池田定賢の三男)-之昌=某(荒尾伊折之助の弟)=之純-之貞-之徳
  • 下池池田家(3000石・藩主一門)
池田知利池田利政の二男)=知定(荒尾成直の二男)=知至池田仲澄四男)=利恭(岡山藩家老日置忠明の六男)=利久(池田仲央の四男)-利仲-利寿-利安
  • 池田加賀守家(2000石・藩主一門)
池田政広=政武(福田兵部の七男)=政令(政武の兄)-政直-政元=政林(政令の四男)-政長-某=太司馬(横河一学の弟)-弁之丞=主書介(池田兵庫介の子)-政実=悦吉(池田雄吉の長男)
  • 鵜殿氏(因幡岩美領5000石・藩主外戚)
鵜殿長次-長之-長定-長春=長親(鵜殿長政の四男)-長民=央尭(池田仲央の三男)=政長(池田政晴の長男)-長春-長世-長発-長道
  • 津田氏(伯耆八橋領7000石・重臣)
津田元綱-元房-元匡-元茂-元長-元善=元知(荒尾重就の二男)-元武-元義=元謨(荒尾成煕の三男)-元貞=元統(元貞の弟)=元亮(元統の兄)=元(鵜殿長発の二男)
  • 和田氏(伯耆松崎領5500石・重臣)
和田信雄-正信=三正(荒尾成房の三男)=三信(荒尾嵩就の二男)-真信=昭信〈真信の孫)=時信(木下嗣時の子[4] )ほ定信(池田定賢の次男)-信之-信成=信古(池田仲雅の子)-信元=信旦(鵜殿藤次郎の二弟)=信実(信古の二男)
  • 乾氏(因幡船岡領5000石・重臣)
乾長次-直幾-長義-知長-豊長=長孝(岡山藩家老池田俊清二男)-長徳-長胤-長明-徳脩=徳(鵜殿主水介の弟)

幕末の領地[編集]

福本藩から編入された領地については同藩の項目を参照。

上記のほか、明治維新後に後志国島牧郡の一部を管轄した。

脚注[編集]

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』
  2. ^ 深井雅海『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』(中公新書 2008年)P12-13。なお、同書によれば徳川御三家はさらに奥の大広間溜まで刀を持ち込むことが出来た。
  3. ^ (財)史跡鳥取藩主池田家墓所保存会
  4. ^ 木下不流嗣時は藪大納言嗣孝の子。家老荒尾秀就に嗣孝の娘が嫁いだことで池田家と縁ができた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
因幡国伯耆国
行政区の変遷
1600年 - 1871年
次代:
鳥取県