坂井政尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
坂井政尚
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 元亀元年11月26日1570年12月23日
別名 政重、右近将監、右近尉
官位 無位無官
主君 織田信長
氏族 坂井氏
父母 不明
兄弟 不明
不明
尚恒越中守

坂井 政尚(さかい まさひさ、生年不詳 - 元亀元年11月26日1570年12月23日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。

『張州府志』『尾張志』などに「丹羽郡楽田村の人」とあるが、『御湯殿の上の日記』には「みの(美濃)のさかいうこん」とある。『武家事紀』[1]『太閤記』によれば、元々美濃斎藤氏に仕えていたが、信長に転仕したとされている[2]。また、清洲織田氏の家老として『信長公記』などに見える坂井大膳などの坂井氏と政尚の坂井氏の関係性も不明である。 どの時期に織田信長に仕えることになったのかも不明であるが、『信長公記』には永禄11年(1568年9月28日勝竜寺城岩成友通を攻める時、柴田勝家蜂屋頼隆森可成と並ぶ大将として出てくるのが初見である[3]

経歴[編集]

主君信長の上洛後、上記のように勝竜寺城攻めで活躍し、柴田勝家、蜂屋頼隆、森可成と共に50以上の首を得たと言う。その後、この4人またはこれに佐久間信盛を加えた5人で、京や畿内において禁制や税の手配などの奉行として行政に携わっている[2]。永禄12年(1569年)に発生した信長の伊勢攻略戦にも参陣しており、大河内城攻めの際には一手の大将として名前が見える[4]

元亀元年(1570年)6月21日、信長は江北浅井長政を攻めることになったが、この際に政尚は小谷城のある小谷山山麓まで攻め寄せ、町を焼き払っている[5]。また、6月28日この信長の小谷城攻めに対して朝倉義景が援軍を派遣し、姉川の戦いが発生。この戦いで嫡子尚恒を失っている。

その後も信長に従って畿内を転戦、9月16日から発生した志賀の陣にも参陣している。この戦いは比叡山の包囲戦となり、極めて長期戦となった。その長期戦も終盤に差し掛かった11月25日になって堅田猪飼昇貞が降伏したため、安藤右衛門佐・桑原平兵衛と共に堅田に進駐しようとしたところ、比叡山に篭る前波景当ら朝倉軍の反撃を受けて孤立してしまい、前波景当を返り討ちにするなど奮戦したが討死した。なお、政尚の最後の戦いについて、信長公記では「一人当千の働き、高名比類なきところ」としている[6]

政尚が討死した時点で既に長男尚恒は討死していたため、次男越中守(諱は不詳)が坂井氏を継いだ。しかし、その越中守も本能寺の変において主君織田信忠に殉じて討死しており、政尚の子孫は伝わっていない。

脚注[編集]

  1. ^ 『武家事紀』巻第十三”. 近代デジタルライブラリー. 2013年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 谷口克広 「坂井政尚」『織田信長家臣人名辞典』 吉川弘文館、2010年、第2版、194 - 195頁。ISBN 9784642014571
  3. ^ 『信長公記』 巻一「四 信長御入洛十余日の内に、五畿内隣国仰せ付けられ、征夷将軍に備へらるゝの事」
  4. ^ 『信長公記』 巻二「阿坂の城退散の事」
  5. ^ 『信長公記』 巻三「たけくらべ・かりやす取出の事」
  6. ^ 『信長公記』 巻二「志賀御陣の事」