岩成友通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩成友通
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天正元年8月2日1573年8月29日
別名 主税助(通称)、石成友通、長信
主君 三好長慶義継織田信長

岩成 友通(いわなり ともみち)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将三好氏の家臣。姓は石成とも。通称は主税助。別名は長信(ながのぶ)とも。

生涯[編集]

友通の出自は不明であるが、一門衆であったとする説のほか、室町時代の多くを通じて細川氏の支配下であった大和石成や備後品治郡石成郷といった地名があることから、それらの土地の土豪との関係を推察されることが多い。『史略名称訓義』には「岩成古〔原文ママ〕通」に註して「主税助と号、種成と名く、備後国岩成荘住人岩成蔵人正辰の男」と記される。また、京都郊外の西九条の下司を務めていたが、やがて三好氏に臣従したともされる[1]

天文20年(1551年)11月ので開かれた天王寺屋津田宗達津田宗及の父)の茶会に出席したのが初見であり、三好長慶の下で奉行衆として仕えた。永禄元年(1558年)の将軍山城占拠に参戦(北白川の戦い)、永禄5年(1562年)に六角義賢京都に侵入した時は室町幕府13代将軍足利義輝の警護を行った。

長慶の死後、三好三人衆(他の2人は三好長逸三好政康)の1人として甥の三好義継の後見役を務めた[2]。永禄8年(1565年)の足利義輝暗殺永禄の変)をはじめ他の三人衆と行動を共にし、松永久秀畠山高政としばしば戦った。永禄10年(1567年)に1万の軍勢を率いて池田勝正と共に大和東大寺で久秀と対陣したが、久秀の奇襲を受けて敗北している(東大寺大仏殿の戦い)。永禄11年(1568年)に織田信長が上洛してくると徹底して対立し、守城の勝竜寺城を攻撃され退去、永禄12年(1569年)には信長の庇護下にあった義輝の弟・15代将軍足利義昭の宿所を襲撃しているが撃退された(本圀寺の変[3]

この後、織田氏に臣従し、信長から細川藤孝宛ての書状で「表裏なき仁」などと書かれるなど信頼関係が築かれたようだが、後に将軍義昭が各地の大名に指令を送り信長に敵対すると(信長包囲網)、これに反応して信長に再び対立姿勢を打ち出した。しかし、天正元年(1573年)、信長の命を受けた三淵藤英・細川藤孝らの軍勢に山城淀城を攻められて奮戦したものの、内通していた味方(番頭大炊助、諏訪飛騨守)の裏切りに遭い敵中に孤立し、藤孝の家臣の下津権内と組み合いとなり堀に落下、水中で討ち取られ戦死した(第二次淀古城の戦い[4]

長逸、政康も行方不明となり、他の一門衆も信長に臣従、あるいは討たれて三好氏の勢力は事実上消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ 天野、P204 - P206、P296。
  2. ^ 今谷、P206、P230、P240。
  3. ^ 今谷、P252 - P267、福島、P132 - P142。
  4. ^ 今谷、P267 - P272、谷口、P173 - P174。

参考文献[編集]

関連項目[編集]