香港MTR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MTR(港鉄)
TCL.JPG
基礎情報
所在地 香港の旗 香港
種別 都市高速鉄道地下鉄
路線数 12
駅数 84
日乗客数 350万人
運営
運営者 香港鉄路有限公司
仕様
路線総延長 91.0km
軌間 1,435mm、1,432mm
テンプレートを表示
MTR(港鉄)
各種表記
繁体字 港鐵
簡体字 港铁
拼音 Gǎngtiě
発音: ガンティェー
広東語拼音 Gong2tit3
Góngtít
広東語発音: ゴンティト
日本語漢音読み こうてつ
英文 MTR (Mass Transit Railway)
テンプレートを表示
本来の表記は「MTR」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

MTR(エムティーアール、Mass Transit Railway)は、香港最大の鉄道路線システムである。中国語では港鉄繁体字港鐵(こうてつ))。2007年12月2日に香港地鉄公司へ九広鉄路公司の運営権が譲渡、統合されて誕生した香港鉄路有限公司が運営している。

概要[編集]

1979年10月観塘線観塘駅 (Kwun Tong) - 石硤尾駅 (Shek Kip Mei) 間の開通を皮切りに、現在では香港島北部、九龍地区、新界南部、およびランタオ島の4地区で全7路線(全長91.0Km)・53駅を営業、一日の総乗降客数は350万人程である。

2007年12月2日からは、九広鉄路公司が運営していた4路線の運営も行っている。

施設[編集]

車両[編集]

旧香港地鉄[編集]

旧香港地下鉄の路線で使用されている車両は4タイプ存在する。一般車両については英国日本韓国の各国で製造されている。一次車では元宗主国であったイギリスが建設した影響からか、ロンドン地下鉄と近いデザインの施しが随所に見られた。連結部は貫通しており扉は無く車両間の移動は自由である。また連結部の扉が無いため、直線部への列車進入時には前後では長い空間が広がる。座席は全てロングシートで、素材はステンレスである。2009年より優先席車椅子専用エリアが設置された。

案内表示は各ドアに設置された路線図上で、LEDの点灯により停車駅と運行されている路線を表示する。なお座席上にもLED画面が設置されているが、これは広告用のものである。中吊りシールなど、車内に紙のメディアによる広告は掲出されていない。

全ての路線でアルミ車両(韓国製のK-Trainはステンレス車両)が使用され、先頭車両の前面にはMTRのコーポレートカラーである赤色の帯とロゴマークが施されている。一部ではラッピング車両の運行も実施している。

一方、機場快線はスペインドイツ(ただし、実車はカナダボンバルディアが作成)の共同製造である。全ての車両の座席はモケットの非転換式クロスシートである。当初、各背部分には液晶ディスプレイが設置され、航空機の発着情報や空港の配置情報、香港市街の情報などを表示していたが、現在は撤去されている。室内のドア付近には手荷物置き場が設けられている他、空港駅ではエアポート・エクスプレスホームと空港の出発階または到着階との完全バリアフリー化が図られるなど、空港への連絡路線として支障のないよう設計されている。なお、エアポート・エクスプレスの香港方先頭車は荷物専用車両で、香港駅と九龍駅のインタウンチェックイン(市中チェックインカウンター)で預けられた航空旅客の荷物が搭載され空港へ運ばれる。

迪士尼線用車両はイギリス製車両を大改造したものが使用されており、MTR初の無人運転が行われている。ただし、手動運転用の運転台は通常の車両と同一のものが用意されている。

MTR内の車両は全て冷房完備である。

車内アナウンスは、一般路線と機場快線ともに広東語普通話北京語)、英語の順に自動放送が行われる(当初は普通話でのアナウンスは無かった)。非常時を除き、乗務員によるアナウンスは行わない。また、次駅到着前には「広東語:請小心月台空隙 / 普通話:请小心月台的空隙 / 英語:Please mind the gap(訳:ホームとの隙間にご注意下さい)」という自動放送、ドア開閉時にはドアチャイムとともに、音声で「広東語:請勿靠近車門 / 普通話:请不要靠近车门 / 英語:Please stand back from the doors(訳:ドア付近から離れて下さい)」という自動放送が必ず流される。

旧KCR[編集]

旧KCR路線で現在使用されている車両は2タイプ存在する。

電化時に導入された1次車はイギリスメトロキャメル社製のものであり、これは大埔墟駅近くに所在する香港鉄路博物館にて展示されている。 全ての車両のドア数は3ドアとなっている。うち3両の基本編成は未リニューアルのまま静態保存している。

なお、1次車は1997年よりリニューアル工事を受けたのち、別名MLR車 (Mid-Life Refurbished train) となった。座席部は、香港の地下鉄であるMTRの車両と同じく、ステンレス製のロングシートが採用されている。加えて、KCR車両の特徴的なものとしては、車端部に同じくステンレス製のクロスシートを備えている。また、1等車両(2ドア)以外の一般車両ドア数は5ドアとなっている。なお、2次車のLED式行先表示はマスが3マス分に区分されているので、行先が2文字の場合は右端のマスが空欄になる。

2次車は日本の近畿車輛 / 川崎重工業製である、別名はSP-1900形。これは九広西鉄の開業に前後して導入されたものであり、車端部のクロスシートが無くなるなど、車内はよりMTRの車両と類似している。また1等車のシートについても若干グレードが上がっている。LED表示は、ようやくマス目が無くなり、中寄せで表示する事が可能となった。車両中央部には液晶ディスプレイが装備され、各種広告や情報が流されている。 なお西鉄線および馬鞍山線に導入されている車両もこの2次車をベースとしており、1等車が無い事と、編成両数の違い(九広東鉄=12両編成、九広西鉄=7両編成、九広馬鉄=4両編成)を除けば、ほぼ同じものである。

また軽鉄については、川崎重工業製の車両が導入されている。LRTは最大2両編成の連結で運転されているが、後部に連結される車両については、運転台のついていない連結専用のタイプ(トレーラー)がある。

駅構内[編集]

地鉄公司(現・香港鉄路有限公司)では現在駅施設のバリアフリー化を進めており、駅要所出入り口のエレベータ設置、転落防止や坑道風対策のホームドアを全地下駅に設置する予定である。

東涌線を除くMTR路線内の地下化駅構内には、駅毎に異なる色のタイルが使用されており、独特の雰囲気を醸し出している。また構内のインフォメーションや誘導のサイン表示は全路線で統一されており、ピクトグラムの他に言語表示として中国語繁体字)と英語で表記されている。駅アナウンスは列車内と同様に広東語、普通話(北京語)、英語の自動放送である。

改札内の駅構内には、トンネル壁面とエスカレーターの設置壁面、柱部分などに各種広告が掲出されている。改札外では、壁面にアクリル板やロール式表示機による広告が掲出されている。トンネル壁面の広告では液晶ディスプレイプラズマディスプレイプロジェクターによる投影式で動画による広告も存在する。

ホーム上には、LED方式による列車の案内表示板が設置されている。中国語(繁体字)と英語で表記され、画面上方には地鐵公司(MTRC)からの情報が、画面下方には次列車の到達予想時間や、列車到着時の注意喚起が表示される。

乗車カード切符)はプラスチック製の磁気カード、及び非接触型ICカードで、これは出札時に回収後、再利用される(後述の罰則と関連)。 非接触型ICカードには、オクトパスカード(後述),及び機場快線のみで使用されるMifare Ultralightカードが採用されている[1]

ほとんどのMTR駅構内に、セブンイレブンサークルK(OK便利店)などの小規模型コンビニエンスストア美心西餅などのケーキ店、優の良品/AJI ICHIBAN零食物語/OKASHI LANDなどの菓子類の売店があり、飲食物や雑貨類が販売されている。他に利用者の多い駅には香港上海銀行 (HSBC) や恒生銀行 (Hang Seng Bank)、中国銀行 (Bank of China) などのATMコーナーが、また恒生銀行 (Hang Seng Bank) の銀行窓口が設置されており、出入金や外貨両替などの窓口業務を行っている。ただし、これらの店舗や施設は改札外にのみ設置されている(旺角東など一部の駅には改札内に売店があったり、欣澳など一部の駅ホーム上にATMが設けられている例がある)。

おもな違反罰則[編集]

おもな違反規則としては、

  • 改札内施設(駅構内)・車内での飲食(実際には、この規則は必ずしも厳格に遵守されておらず、実施の側面も廃棄物放棄・施設汚損対策および、車内環境の保持である。改札内である駅ホーム、車内などでペットボトル飲料や菓子類を密かに飲食する乗客もおり、上述のように改札内で飲料類の販売も実施されていたりするが、あくまで「禁止」であるため、堂々と行う者は少ない。 餐車または、それに類する車両を連結していたり、飲食物の車内販売を実施している広州・上海・北京方面への「城際直通車」車内は除外されている)
  • 施設内・車内での喫煙
  • 施設内でのゴミ投棄
  • 施設への落書き
  • 施設への危険物持込
  • 乗車券折り曲げ(→再利用するため)
  • 軽鉄への無賃(不正)乗車

などがある。特に、飲食で理由の如何を問わず車内を汚損した場合および、喫煙に関しては縛りが厳しいようである。違反した場合には罰金で最高5000香港ドルが課せられることとなっているが、欧州の同様規則(例えば「無札乗車は問答無用で一発摘発」)とは異なり、係員や清掃員の指示(いわゆる「お願い」・「前座」)に完全無視を決め込んだ場合などに、身分証・パスポート記載内容の記録とともに罰金を請求されるようである。 詳細は 香港鐵路附例(英文 / 繁体中文)なども参照

なお、日本を除く大多数の国と同様に、車内において携帯電話等通信機器での通話・通信を制限する区域、啓発広報類などは存在しない(地下・海底区間も含め、ほとんどの区間が在港無線通信事業者の「圏内」であり、それらを香港居民は「最良のサービス」であるとしており、車内の位置や時間を問わず通話・通信を行う光景は日常的なものである)。

オクトパス(八達通)[編集]

香港では、公共交通機関の中では世界の先頭を切って、日本のソニーが開発した非接触型ICカード規格であるFeliCaを採用した「オクトパスカード(八達通: Octopus Card)」と呼ばれる交通プリペイドカード1997年に導入した。現在、このICカードで香港域内の地下鉄鉄道バス香港トラムLRTフェリーケーブルカーなど、タクシーを除く、香港域内ほとんどの公共交通機関において使用が可能である。また市中のコンビニエンスストア、ファーストフード店、コーヒーショップ、レストラン自動販売機証明写真撮影機、公衆電話などの様々な加盟店・施設で電子マネーとしての決済使用が可能である。

運賃面での特徴として、旧KCR路線におけるオクトパスの使い方に、ホーム上あるいは連結部に設置されたカードリーダにかざすことにより、1等車の利用手続きを行える[2]、旧KCR直営のフィーダーバスや軽鉄と旧KCR鉄道線相互に乗り継ぐ際、フィーダーバスや軽鉄の運賃が後追いで無料サービスとなるシステム、普通乗車券よりも常に低廉な運賃、エアポート・エクスプレスとの乗り継ぎに関する1乗車の運賃免除や「2乗車目10%引き」プロモーション、街中に設置された「Fare saver」による割引サービスなどICカードであることの利点を活かしたサービスが行われている。

建設計画[編集]

地鐵公司(現・香港鉄路有限公司)は港島線((Island Line)を延伸させ、堅尼地城(Kennedy Town)や數碼港(Cyberport)、または香港仔(Aberdeen)や海怡半島(South Horizons)など香港島南部の、おもにバス便に旅客輸送を頼っていた地域への地下鉄路線の建設を計画している。

同じく、バス便の旅客運送を頼っている九龍地区の紅(Hung Hom)などでも地下鉄の建設計画がある。また湾仔 (Wan Chai) 地区など埋立てが進んだ地域では、既存の地下鉄(おもに港島線)より海側へ新線を建設する計画もある。

旧駅名[編集]

湾線東鉄線に、開業当時から名前が変わった駅がいくつかある。以下に、その変遷を記す。

湾線[編集]

※左側が変更前、矢印を挟んで右側が変更後の駅名。中国語駅名・英語駅名のうちどちらか一方のみが変わったものについて、変わらなかった駅名は右側では記載を省略した。

  • 茘湾(Lai Wan)→ 美孚(Mei Foo)
  • 旺角(Argyle) → Mong Kok
  • 油麻地(Waterloo)→ Yau Ma Tei
  • 中環(Chater)→ Central

東鉄線[編集]

  • 馬料水(Ma Liu Shui)→ 大学(University)
  • 旺角(Mong Kok)→ 旺角東(Mong Kok East)
  • 九龍(Kowloon)→ 紅(Hung Hom)

路線[編集]

Hong Kong Railway Route Map ja.svg

営業路線[編集]

線色 路線名 区間 距離 開通年
  東鉄線 (East Rail Line) 紅磡(Hung Hom)~羅湖(Lo Wu)/落馬洲((Lok Ma Chau) 35.5.km 1910年
  観塘線 (Kwun Tong Line) 調景嶺(Tiu Keng Leng)~油麻地(Yau Ma Tei) 15.6km 1979年
  湾線 (Tsuen Wan Line) 荃灣(Tsuen Wan)~中環(Central) 20.2km 1982年
  港島線(Island Line) 柴灣(Chai Wan)~上環(Sheung Wan) 12.5km 1985年
  東涌線 (Tung Chung Line) 香港(Hong Kong)~東涌(Tung Chung) 30.8km 1998年
  機場快線(エアポート・エクスプレス)(Airport Express) 香港(Hong Kong)~博覧館(Asia World-Expo) 35.3km 1998年
  将軍澳線(Tseung Kwan O Line) 寶琳(Po Lam)/康城(LOHAS Park)~北角(North Point) 10.6km 2002年
  西鉄線 (West Rail Line) 紅磡(Hung Hom)~屯門((Tuen Mun) 34.3km 2003年
  馬鞍山線(Ma On Shan Line) 大圍(Tai Wai)~烏溪沙(Wu Kai Sha) 11.4km 2004年
  迪士尼線(ディズニーランドリゾート線)(Disneyland Resort Line) 欣澳(Sunny Bay)~ディズニーランドリゾート(Disneyland Resort) 3.5km 2005年
  軽鉄((Light Rail) 屯門区元朗区天水囲区   1988年

計画路線[編集]

線色 路線名 区間 距離 開業予定/現状
  西港島線(West Island Line) 上環(Sheung Wan))~堅尼地城(Kennedy Town) 3km 2014年/建設中
  沙中線(Shatin to Central Link) 大圍(Tai Wai)~紅磡(Hung Hom) 11km 2021年2012年着工
  沙中線過海段 (Shatin to Central Link) 紅磡(Hung Hom)~金鐘(Admiralty) 6km 2021年2012年着工
  南港島線(South Island Line)西部区間(West section) 香港大学(Hong Kong University)~黃竹坑(Wong Chuk Hang) -km 未定/未着工
  南港島線(South Island Line)東部区間(East section) 海怡半島(South Horizons)~金鐘(Admiralty) 7km 2015年/建設中
  觀塘線延線(Kwun Tong Line Extension) 油麻地(Yau Ma Tei)~黃埔(Whampoa) 2.6km 2015年/建設中

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] - CET社公式サイト
  2. ^ JR東日本の「Suicaグリーン券」に類似しているが、決済は出場駅改札において行われる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]