香港の交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自動車とトラム、2階建てバスが走る香港島内の道路

香港の交通(ほんこんのこうつう)では、香港交通の状況などを述べる。 香港には、公共交通・一般交通を含めて、高度で精密な交通ネットワークがある。域内の鉄道、バス、ミニバス、フェリーの大部分はオクトパスカード(八達通)で利用できる。

鉄道[編集]

MTR
KCR (2007年12月2日よりMTRが運営)

香港島と九龍半島の間、及び新界など郊外のベッドタウンと中心部の間を、MTR(香港鉄路)の複数の路線が結んでいる。2007年12月2日より九広鉄路(KCR)社が運営していた九広東鉄九広西鉄などの路線は、MTRの路線となった。近年、全てのMTR駅 (ただし、12月1日までKCRが運営していた駅を除く)に転落防止のホームドアが設置されたと同時に、駅構内に空調設備も取り付けられ、構内の空調はより快適になった。

なお、香港国際空港と九龍との間は12分間隔で運行する「エアポート・エクスプレス(機場快線)」でわずか24分(香港島の場合は30分)で結ばれている。

広東省の省都である広州市仏山市との間は、MTRの運行する列車「城際直通車」でも結ばれている。MTR東鉄線が香港側のターミナルとなっている。また、一般の電車で国境手前の羅湖駅まで行けば、歩いて隣接する深圳に入ることもできる。

香港島内では1904年に開通された2階建てトラムが今も運行されており、賑やかな街中を縫うようにして走ることから観光客に人気がある。なお、同じく香港島内にあるヴィクトリアピークへは、ピークトラムというケーブルカーで連絡している。

現在、羅湖駅の手前にある上水駅から、落馬洲まで支線もある。鉄道で本土に入る第二のルートになる。また、広州と深圳・香港を結ぶ広深港高速鉄道も計画されている。香港には、同じく落馬洲から入り、西鉄線に乗り入れ、西九龍ターミナルに至る計画である。ただし、九広鉄道西線は高速走行に適した仕様ではないため、香港内では高速走行はできない。

ロープウェイでは、ランタオ島東涌から昂坪までゴンピン360が営業運転しているほか、香港海洋公園内にも無料のものがある。

バス[編集]

2階建てバス(KMB)

イギリスの植民地時代の名残である2階建てバス(ダブルデッカーバス)や小型バスによるバス路線網が香港島、九龍、新界の香港内のほぼ全域を網羅している。

大手バス会社が運行する2階建てバスの他、個人営業のミニバス(始発地と終点のみ決まっていて路線を固定せず運行する赤いバス〔ミニバス〕と、いわば小型路線バスというべき緑のバス〔マキシキャブ〕の2種類がある)が安価な足として親しまれている。

香港国際空港や九龍と広東省の広州、深圳仏山中山恵州などとの間には香港の旅行会社が定期的に運行するバス便もある。

乗り降りは「前乗り・後降り」で、運賃は乗車の際運賃箱に表示されている運賃を支払う。ただしその運賃は乗車距離ではなく路線の運行距離によって決まるため、同一区間でも乗るバスの系統によって運賃が異なる。また同一系統でも冷房車は非冷房車より若干高くなる。

タクシー[編集]

タクシー(香港・九龍)

香港のタクシーは運行地区別に車体の色が分かれている(香港島九龍地区と、新界のうち葵青区荃湾区ランタオ島域を除く)は、ランタオ島内は、前述以外の新界は)。

それぞれの営業エリアを越えてタクシーを利用する場合、エリアの境界付近などにあるタクシースタンドで乗り換えるか、そのタクシーが元の営業エリアまで戻るための有料道路代を客が負担して直行するかになる。ただし、後者は運転手が目的地への行き方を知っている場合に限られるので、注意が必要である。なお、香港国際空港香港ディズニーランドなどへは、運行区域に関わらず全てのタクシーが行くことができる。

全てのタクシーは、スーツケースを搭載する際に1個につき5ドルの割増料金が加算されるほか、ビクトリア・ハーバーの各トンネルや高速道路を利用する際には利用料金が加算される。なお、広東語が話せない旅行客を対象に、市内と香港国際空港間などの区間において料金を誤魔化すドライバーが増えているため、香港国際空港において乗車する際は、タクシー協会の係員がナンバーを控えたカードを乗客に渡すようになっている。

また、1970年代後半頃より、その車種の殆どが5人乗りのトヨタ・クラウン日産・セドリックの2種類になっており、日本と同じく自動ドアが装備されている(クラウンについては現在トヨタ・クラウンコンフォートが主流。因みに以前はその多くを中古として購入していたが現在は新車である)。

一般車[編集]

島嶼部を除く殆どの道路が完全に舗装されている他、郊外との間は高速道路と一般道で結ばれている。また、香港島と九龍半島の間は3本の自動車トンネルで結ばれている。

自動車交通は元宗主国のイギリスや日本と同様に右ハンドル・左側通行となっている。これはイギリスの植民地時代からのものであり、ポルトガル領であったマカオも同様に右ハンドル・左側通行である。

なお中華人民共和国本土は左ハンドル・右側通行である。香港内で自動車を登録する場合左ハンドル車は登録できないが、例外として主として中国本土で登録され、香港内ではその二次的に登録された自動車については、中国本土との境界を越えて香港内に乗り入れることが出来るため、香港内でも左ハンドル車を見ることが出来る。

同様にその逆のパターンも見られ、香港内で登録された香港ナンバーの右ハンドル車がその後中国本土で登録された場合も、中国本土で右ハンドル車が走ることになる。道路標示も広東語と英語の両方で表記されており、ナンバープレートもローマ字と英数字の組み合わせのイギリスとほぼ同じものを返還、移譲後も継続して使用している。

なお、ナンバープレートの文字や番号はイギリスの植民地時代から、元宗主国のイギリス同様売買されており、アルファベット無しの「9」のナンバーが、自動車のナンバープレートとしては世界最高値の1300万香港ドルで落札されたという記録がある(「九」と「久」は広東語でも同じ発音で「永久」に通じ、縁起のいい数字とされている)。この他、「儲かる」、「財産を築く」の意味に通じる「發」と発音が似ている「八」のナンバーが珍重されており、「8888」などのゾロ目のナンバーは高値で取引されている。

高速道路[編集]

現在、香港の高速道路は、文錦渡、沙頭角、落馬洲(1989年~、本土側は皇崗)において、中華人民共和国本土側の深へ乗り入れが可能である。また、2007年7月1日(返還10周年記念日)の開通を目指して、深港西部通道が建設されている。さらに、海を跨いてランタオ島からマカオ・珠海に至る港珠澳大橋の建設も計画されている。

ただし、中華人民共和国側に乗り入れる自動車は香港のナンバープレートのほか、中華人民共和国(マカオの場合はマカオ)のダブルナンバー専用ナンバープレートも取得しておく必要がある。逆に、香港では左ハンドルの自動車の運行が禁止されているので、中華人民共和国本土の自動車が香港に乗り入れることはできない(例外として、中華人民共和国の一般のナンバープレートと、香港のナンバープレートの両方を取得してある車は大丈夫である)。

また、トラックによる越境貨物運送も盛んに行われている。

人力車[編集]

1980年代までは香港島のスターフェリー(天星小輪)乗り場付近で、観光客向けの人力車が営業していたが、現在は見られなくなっている。

エスカレーター[編集]

中環至半山自動扶梯(ミッドレベル・エスカレーター)という世界一の長さのエスカレーターは、香港島のビジネス街中環から、高台の高級住宅地「半山區」(ミッドレベルズ)にいたる。

フェリー[編集]

スターフェリー

スターフェリー(天星小輪)をはじめとして、数社により複数の航路の横断フェリーが運航されており、市民の足として重宝されているだけでなく、特にスターフェリーは尖沙咀~中環・灣仔間という観光地間を結んでいることから、短いクルーズを楽しもうとする観光客の間で人気である。

また、ランタオ島(大嶼山)やラマ島(南ㄚ島)などの離島(特に、ある程度の規模の定住者のある島や、海水浴シーズンのリゾート島)と香港島・九龍半島などの間にも、定期のフェリー便が頻繁に通っている。

香港仔(アバディーン)やランタオ島の大澳には、サンパンを使った観光クルーズもある。

高速船[編集]

香港のマカオフェリーターミナル(港澳碼頭)

隣接する諸都市との間には、高速船による航路が運航されている。マカオには、上環のマカオフェリーターミナル(港澳碼頭)からTurboJET(噴射飛航)社が運航する水中翼船ジェットフォイルによる定期便が5-15分間隔で24時間運航されている。

また、これに比べ便数は少ないが、九龍の中港城や香港国際空港のスカイ・ピアからも発着している。マカオ住民が海外とのアクセスに香港国際空港を利用するために、これらの海路を利用することも多い。

広東省内の広州市東莞市の虎門、珠海市の蛇口、中山市などへは九龍の中港城から高速船が多く出ている。また、香港は古くから国際航路の重要な寄港地として知られているが、近年では南シナ海を運航する大型クルーズ船の寄港地としても知られており、多くの大型クルーズ船が九龍半島にある客船ターミナルに発着している。

航空[編集]

香港国際空港

香港をベースとする航空会社としてキャセイパシフィック航空香港航空香港エクスプレス航空香港ドラゴン航空、貨物専門航空会社のエア・ホンコンがある。特にキャセイパシフィック航空は、香港を代表するフラッグ・キャリアである。香港には民間旅客機が発着できる空港が1箇所しかない上、香港の領域が狭いことから全てが国際線の運航となっている。

第二次世界大戦前から使われていた九龍地区の旧香港国際空港、通称啓徳空港(KaiTak Airport)に代わり、新界地区のランタオ島北側にあるチェク・ラプ・コック(赤鱲角)島を造成、新しい空の玄関として香港国際空港(Hong Kong International Airport)が建設され、1998年7月に開港した。現在は旧宗主国であるイギリスとの間や中華人民共和国本土、中華民国や近隣アジア諸国との間には頻繁に航空便が運航されており、特に中華民国の台北近郊にある台湾桃園国際空港との間には、日中は1時間に1本以上の割合で運航されている。

なお、マカオとの間には航空便は運航されていないが、ヘリコプターによる定期便が香港島の上環にあるマカオフェリーターミナルの屋上とマカオのフェリーターミナルとの間で運航されている。

日本との定期便[編集]

香港ドラゴン航空

現在キャセイパシフィック航空香港航空日本航空全日本空輸デルタ航空成田国際空港から1日11便を、また東京国際空港の再国際化により1日4便の直行便を就航している。 キャセイパシフィック航空、日本航空、全日本空輸、エア・インディア関西国際空港から1日数便、キャセイパシフィック航空が中部国際空港から1日2~3便、その他キャセイパシフィック航空が新千歳空港福岡空港などから週8便から1日2便程度、香港エクスプレス航空那覇空港から一日1便程度の直行便を就航している。

2010年の冬季限定であるが、香港ドラゴン航空が仙台空港から週3便運航する。

かつては岡山空港広島空港鹿児島空港からの直行便があったが、現在はない。

キャセイパシフィック航空や香港ドラゴン航空などでは、中華民国の台北近郊にある台湾桃園国際空港経由で就航している便もある。また台湾桃園国際空港経由ではチャイナエアラインエバー航空などの中華民国の、上海浦東国際空港経由などでは中国東方航空上海航空と言った中華人民共和国の航空会社を使い、日本の各都市から乗り継ぎで香港へ行く事も可能である。

なお、客船による海路での定期便は運航されていないが、不定期に運航されているクルーズ客船や貨客船を利用すれば渡航することは可能である。

関連項目[編集]