軽鉄 (香港)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軽鉄
軽鉄 (香港)の路線図
路線総延長 36.15 km
軌間 1,435 mm
電圧 750V(直流
最高速度 70 km/h
停車場・施設・接続路線
hSTR
 西鉄線方面 
元朗
hSTRrg hSTRrf uHST
大棠道
hSTR uHST
康楽路
WASSERq hWSTR WASSERq uWBRÜCKE WASSERq
←山貝河→
hBHF uHST
豊年路 西鉄線朗屏駅
hSTR uHST
水辺囲 料金エリア5
uSTRrg uHSTq uSTRlg hSTR ueGRENZE
天恒 料金エリア5A
uBHF uHST hSTR uSTR
天逸湿地公園
uHST uHST hSTR uSTR
天富天秀
uHST hSTR uSTR
頌富天悦 料金エリア5A
ueGRENZE ueGRENZE hSTR uSTR
uABZgl+l uHSTq uABZgr+r hSTR uSTR
翠湖 料金エリア4
uHST uBHF hSTR uSTR
天瑞天栄
uHST hSTR uSTR
銀座
uHST uHST hSTR uHST
楽湖天湖屏山
uSTR uHST hSTR uHST
天慈塘坊村
uSTR
uSTR
天水囲
uSTRlf uHSTq uABZqlr mhKRZ uHSTq uABZgr+r
天耀坑尾村
hSTR uSTRrg uABZgr+r
hSTR uDST uSTR
洪天路緊急ホーム
hSTR uSTRlf uABZgr+r
hSTR uHST
洪水橋 料金エリア4
hSTR ueGRENZE
hSTR uHST
鍾屋村 料金エリア3
hSTR uHST
泥囲
hSTR uHST
藍地
hSTR uSTRrg uSTRrf
hSTRlf umKRZh hSTRlg
WASSERq uWBRÜCKE hWSTR WASSERq
←屯門河→
uSTRrg
兆康
uHST uABZlf mhKRZhu uhSTRlg
麒麟
uSTRrg uHSTq uHSTq uABZqlr uABZgr+r hSTR uhSTR
建生青松
uBHF uSTR hSTR uhSTR
田景
uHST uHST hSTR uhHST
良景屯門医院鳳地
uHST ueGRENZE hSTR
新囲 料金エリア3
ueGRENZE uHST hSTR uHST
沢豊景峰 料金エリア2
uABZgl+l uBHFq uHSTq uHSTq uABZgr+r hSTR uSTR
大興北大興南銀囲
uSTRlf uHSTq uSTRlg uHST hSTR uHST
石排蔡意橋新墟
uSTRrg uHSTq uABZgr+r uSTR hSTR uSTR
山景北
uSTRg uHST uHST hSTR uHST
鳴琴河田何福堂
uSTRlf uHSTq uABZgr+r uBRÜCKEa hSTR uSTR
山景南
uABZgl+l uHSTq uhABZgr+r hSTR uHST
建安杯渡
uSTRrg uSTRq uSTRrf
uBRÜCKEa
屯門
uSTR uhSTRlf uhABZq+lr uhSTRrf
uHST uBRÜCKEe
青雲
uSTR uHST
市中心
uHST uSTRrg uSTRr uABZrf
青山村
uSTR uBHF uHST
友愛安定
uSTR uSTRlf uSTRl uABZrf
料金エリア2
ueGRENZE ueGRENZE
uHST uHST
龍門兆麟 料金エリア1
uABZgl+l uKDSTr uSTRrg uHSTq uABZgr+r
豊景園
uHST uHST uSTRlf uKBHFr
軽鉄車廠屯門泳池三聖
uHST WASSERq uWBRÜCKE WASSERq
蝴蝶 /←屯門河
uSTR uHST
兆禧
uSTRlf uHSTq uBHFq uSTRrf
美楽屯門埠頭
BOOT
屯門碼頭
軽鉄
各種表記
繁体字 輕鐵
簡体字 轻铁
拼音 Qīngtiě
発音: チンティェー
広東語拼音 Hing1 tit3
広東語発音: ヒンティット
日本語漢音読み けいてつ
英文 Light Rail
テンプレートを表示
九広軽鉄の第一期車輌(オーストラリアComeng社製)

軽鉄(けいてつ)は香港港鉄(MTR)によって運行されているライトレール香港郊外の新界西部に位置する屯門区元朗区を結ぶ。旧称は九広軽鉄(きゅうこうけいてつ)。

概要[編集]

軽鉄は、新界中央部から西部の交通の利便を図り、1988年に初めての路線が開通、現在ではかなりのルートがきめ細かく設定されている。この路線は1両編成か2両編成で運転されている。各ルートの終点などではループ線を使用して方向転換する。この為、使用される車両の運転台は進行方向のみ、ドアも進行方向左側のみとなっている(これはヨーロッパ諸国の路面電車にも見られる特徴である)。

軽鉄は、非閉塞方式で運転されるが、最高営業速度が70km/hに達するので、「高速路面電車」も呼ばれている。

車内には運賃箱などは設置されず、大半の乗客は停留所安全地帯に設置されているリーダオクトパスカードをタッチして乗降するか、併設の券売機で乗車区間相応のチケットを購入する。このチケットは通常、係員に示したりする事はないが、必要に応じて巡回している乗務員にカードおよびチケットの提示を求められる場合がある(この求めを拒否、あるいは無札で乗車した場合に最寄停留所で下車し、乗車券の購入に従わない場合は当時の最大の大人の往復の運賃の50倍の罰金と身元の記録が科せられる)。これらの支払い方は、ヨーロッパにおける路面電車の運営方式を参考にしていると思われる。

2003年元朗駅-屯門駅間の西鉄線が開通し、オクトパスで乗車する場合は、西鉄線と軽鉄相互に乗り継ぐ場合、軽鉄部分が無料になる(ただし最大で4香港ドルの区間まで)。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

歴史[編集]

香港政府1970年代に、郊外の屯門(Tuen Mun)地区で宅地開発を行う事を計画した時点から、すでに鉄道建設を計画し、軌道用の空間を確保していたが、実際にはその時点でどの鉄道会社に営業権を与えるか決定していなかった。

1982年になり、政府は香港トラム社(香港電車有限公司)を保有する九龍倉グループに、この鉄道建設と運営を持ちかけた。当初同グループは興味を示し、二階建てトラムを運行することを検討したが、結局建設を辞退するに至った。その後、政府はちょうど設立された九広鉄路に本鉄道を建設するように持ちかけ、1984年に本鉄道の建設と運営を決定し、研究を開始し、1985年になって正式に着工した。

当時九龍バス屯門区元朗区バス路線網を広げており、内10ほどの路線が本鉄道と重複することになるため、利益が減ることを懸念した。政府は結局「軽便鉄道独占エリア」という概念を取り入れ、九龍バスに、屯門と元朗を結ぶ一部バス路線からの撤退と、代わりに屯門と旺角地区を結ぶ多くのバス路線を開設させた。この外、政府は九龍バスが軽便鉄道独占エリア内で客を乗降させるのを制限し、九広鉄路公司が軽便鉄道駅と住宅地の間に連絡バスを運営するのを認可し、以前の九龍バス路線の代替とした。

軽便鉄道は1988年8月8日に開業する予定であったが、同年6月と7月の試運転中に、歩行者、自転車、自動車との間で何件もの交通事故を起こして、政府より安全対策が取られるまで試運転禁止の行政命令を受け、8月8日の開業に間に合わなくなった。

1988年9月18日、ひと月余り遅れてようやく正式開業となった。開業当初は、屯門總站から東北方面に青山公路を通って元朗へ行くメイン路線の他には、屯門地区内の住宅地を通る2ルートしかなかった。東南方面の安定邨行きと、西南方面の屯門碼頭(フェリー埠頭)行きである。

当初、全体の路線は5つの料金エリアに分けられたが、2003年にルートが拡張したのを機に6つの料金エリアに変更された。香港でエリア制の料金体系を採用した鉄道は、これが最初であった。九広鉄路の接続駁バスについてはエリア制を採用せず、乗り継ぎ割引料金を設定している。

車両[編集]

九広軽鉄の第二期車輌(日本川崎重工業製)
延命工事済みの編成1042の電車、(オーストラリアComeng社製)
友愛駅へ入線中の電車、ホームの前は併用軌道である。

現有車輌は122輌。1輌あたり200人余りの定員である。イメージカラーはオレンジ色であるが、路線毎に異なる色を配して区別している。

1013は1994年7月29日、1027は2011年5月8日に大型車との衝突事故で大破し、1118は2010年9月9日に転倒したクレーンの直撃を受け、それぞれ廃車された。

現行路線[編集]

ロードマップ

2005年7月30日現在、8つの普通路線と4つの区間運行路線(P表示)がある。路線毎に色を定めている。

  • 505:三聖總站-兆康。1988年9月24日運行開始。当初は安定が終点であったが、1992年2月2日に三聖まで延伸。 >>>詳細
  • 507:屯門碼頭総站-田景。1989年6月4日運行開始。当初は安定が終点であったが、1991年11月に屯門碼頭まで延伸。 >>>詳細
  • 610:屯門碼頭総站-元朗総站。(大興、蝴蝶経由)1988年9月18日運行開始。現在までずっと変わっていない唯一の路線。
  • 614:屯門碼頭総站-元朗総站。(景峰、市中心経由)1992年運行開始。
  • 614P:屯門碼頭総站-兆康(区間運行)。2004年4月4日運行開始。車輌は615P線と共用と直通運転。
  • 615:屯門碼頭総站-元朗総站。(良景、蝴蝶経由)1993年1月10日運行開始。
  • 615P:屯門碼頭総站-兆康(区間運行)。2004年4月4日運行開始。車輌は614P線と共用と直通運転。
  • 705:天水圍循環線(天慈→天逸→天耀経由)。2004年8月22日運行開始。旧701線(天水圍南循環線)の代替
  • 706:天水圍循環線(天耀→天逸→天慈経由)。2004年4月9日運行開始。
  • 751:天逸-友愛、2003年12月7日運行開始。旧720線の代替。
  • 751P:天逸-天水圍總站(751の区間運行)。2004年8月22日運行開始。平日朝から夕方のラッシュ時までと、土曜日朝のラッシュ時のみ。
  • 761P:天逸-元朗総站(761の区間運行、でも761系統は存在しない)。

駅一覧[編集]

軽鉄の駅:(料金エリア別)

料金区分 駅名 乗り換え 所在地区
日本語 繁体字中国語 英語
1 龍門駅
旧称:紅樓、散石灣
龍門站 Lung Mun   屯門区
軽鉄車廠駅
旧称:白角
輕鐵車廠站 Light Rail Depot  
蝴蝶駅 蝴蝶站 Butterfly  
美楽駅 美樂站 Melody Garden  
屯門埠頭駅 屯門碼頭站 Tuen Mun Ferry Pier  
兆禧駅 兆禧站 Siu Hei  
屯門泳池駅 屯門泳池站 Tuen Mun Swimming Pool  
豊景園駅 豐景園站 Goodview Garden  
三聖駅 三聖站 Sam Shing  
兆麟駅 兆麟站 Siu Lun  
2 沢豊駅
旧称:河景
澤豐站 Affluence  
銀囲駅 銀圍站 Ngan Wai  
大興(南)駅 大興(南)站 Tai Hing (South)  
大興(北)駅 大興(北)站 Tai Hing (North)  
石排駅 石排站 Shek Pai  
山景(北)駅 山景(北)站 Shan King (North)  
山景(南)駅 山景(南)站 Shan King (South)  
鳴琴駅 鳴琴站 Ming Kum  
蔡意橋駅 蔡意橋站 Choy Yee Bridge  
河田駅 河田站 Ho Tin 西鉄線屯門駅
景峰駅 景峰站 Prime View  
新墟駅 新墟站 San Hui  
何福堂駅 何福堂站 Hoh Fuk Tong  
建安駅 建安站 Kin On  
屯門駅
旧称:新発
屯門站 Tuen Mun
旧称:San Fat
西鉄線
杯渡駅 杯渡站 Pui To  
青雲駅
旧称:竜門、工業學院
青雲站 Tsing Wun  
青山村駅 青山村站 Tsing Shan Tsuen  
市中心駅 市中心站 Town Centre  
友愛駅 友愛站 Yau Oi  
安定駅 安定站 On Ting  
3 鍾屋村駅 鍾屋村站 Chung Uk Tsuen  
泥囲駅 泥圍站 Nai Wai  
藍地駅 藍地站 Lam Tei  
兆康駅 兆康站 Siu Hong 西鉄線
麒麟駅 麒麟站 Kei Lun  
青松駅 青松站 Ching Chung  
建生駅 建生站 Kin Sang  
田景駅 田景站 Tin King  
良景駅 良景站 Leung King  
新囲駅 新圍站 San Wai  
屯門医院駅 屯門醫院站 Tuen Mun Hospital  
鳳地駅 鳳地站 Fung Tei  
4 屏山駅 屏山站 Ping Shan   元朗区
塘坊村駅 塘坊村站 Tong Fong Tsuen  
坑尾村駅 坑尾村站 Hang Mei Tsuen  
天耀駅 天耀站 Tin Yiu  
楽湖駅 樂湖站 Locwood  
天瑞駅 天瑞站 Tin Shui  
翠湖駅 翠湖站 Chestwood  
天栄駅
旧称:天水囲総站
天榮站 Tin Wing
旧称:Tin Shui Wai Terminus
 
銀座駅 銀座站 Ginza  
天湖駅 天湖站 Tin Wu  
天慈駅 天慈站 Tin Tsz  
天水囲駅 天水圍站 Tin Shui Wai 西鉄線
洪水橋駅 洪水橋站 Hung Shui Kiu  
5A 頌富駅 頌富站 Chung Fu  
天富駅 天富站 Tin Fu  
天逸駅 天逸站 Tin Yat  
天恒駅 天恆站 Tin Heng  
湿地公園駅 濕地公園站 Wetland Park  
天秀駅 天秀站 Tin Sau  
天悦駅 天悅站 Tin Yuet  
5 水辺囲駅 水邊圍站 Shui Pin Wai  
豊年路駅
旧称:大會堂
豐年路站 Fung Nin Road  
康楽路駅 康樂路站 Hong Lok Road  
大棠路駅 大棠路站 Tai Tong Road  
元朗駅 元朗站 Yuen Long 西鉄線

関連項目[編集]

外部リンク[編集]