スターフェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターフェリー
Hkstarferry.JPG
繁体字 天星小輪
英語
英語: Star Ferry

スターフェリー広東語:天星小輪、英語:Star Ferry)は、香港ヴィクトリア・ハーバーで運航されているフェリーである。

概要[編集]

香港の中心に位置するヴィクトリア・ハーバーの両岸、尖沙咀-中環、尖沙咀-湾仔間を運航するフェリーで、現在は前記の4つのルートと観光客用の周遊ルートを9隻のフェリーによって運航している。その便利なルート設定と安価な運賃により、香港住人や世界中から訪れる観光客の足として親しまれ、年間で約260,000人の乗客を運んでいる。

歴史[編集]

運航開始[編集]

1900年代のスターフェリー
中環の初代スターフェリー・ピア
中環の旧スターフェリー・ピア

1888年に設立された「カオルーン・フェリー・カンパニー」によって、イギリス植民地であった香港島と中国大陸側の九龍の間を繋ぐ公共交通手段として運航を開始した。なおこの区間は、それまではいくつかの小規模な船主によりばらばらに小型の連絡船が運航されていた。

その後の「阿片戦争」の終結と南京条約の締結を受けて、イギリスとの間で、九龍以北、深圳河以南の新九龍及び新界地域の租借が締結された後の1898年に、イギリス系の「スター・フェリー」社によって会社そのものが引き継がれることとなった。

その後1906年には、九龍のソールズベリー・ロードにスターフェリー専用のピアが作られた。またその後所有する船舶を増やし、運航ルートも増やしていくこととなった。

香港史への影響[編集]

その後、第二次世界大戦中の1941年12月に日本軍が香港のイギリス軍と戦闘状態になり、その後日本軍がイギリス軍を放逐し香港を占領下に置いた間には44ヶ月運航を停止した。その後1945年8月に日本がイギリスを含む連合国との戦いに敗北し、香港が再びイギリスによる植民地支配下に戻ると1946年から運航を再開した。

1966年には、運賃を5セントから10セントに値上げすることを発表した際の、香港住民らによる値上げ反対デモをに乗じて、当時文化大革命直前で荒れていた中国共産党系住人らが中国共産党政府の指示による反英暴動を起こし、香港中の交通が麻痺するなど、その存在は香港の歴史にも大きな影響を与えている。

ライバル出現[編集]

その後の1972年のヴィクトリア・ハーバーの両サイドを結ぶ海底自動車トンネルの開通によりバスやタクシーにより香港島への車やバスによるアクセスが便利になったため乗降客数が減ることとなった。

さらにその後1980年2月12日に、地下鉄荃湾線尖沙咀駅-金鐘駅間が開通したことや、1989年に2本目の自動車トンネルが開通したことで、ヴィクトリア・ハーバーの両サイドを結ぶ交通手段の主役の座から降りることとなった。

現在[編集]

しかし、1997年のイギリスから中華人民共和国への租借地と割譲地域の返還などの100年以上に渡る歴史を経て、香港の重要な交通インフラストラクチャーとして、そして重要な観光資源の1つとして君臨し続けている。

2006年には、長年使用されてきた中環のフェリー・ピアが自動車専用道路建設に伴う区画整理に伴い移設したことで、49年間の間使用されてきた旧ピアの時計台が取り壊されたが、「歴史的建造物である時計台を保存すべきだ」として取り壊しに反対する市民運動家が反対運動を行っていた。しかし、旧ピア及び時計台が撤去された上に、IFC(国際金融中心)脇の、これまでより数百メートルほど沖合に埋め立てられた地に新築されたフェリー・ピアに移転させられた。

運航[編集]

中環の新スターフェリー・ピア
尖沙咀のフェリー・ピア

安価で運航間隔が短い上、いずれの発着地点もMTRや路線バス路面電車などの他の公共交通手段とのアクセスが良好であるため、観光目的だけでなく地元住人の日常の移動に利用されている。

運賃[編集]

(2012年6月24日現在。通貨はいずれも香港ドル

  • 尖沙咀-中環:平日上層-2ドル50セント、下層-2ドル/土曜.休日上層-3ドル40セント、下層-2ドル80セント
  • 尖沙咀-湾仔:平日上層のみ2ドル50セント/土曜.休日3ドル40セント

身体障害者割引や高齢者割引(香港住民の高齢者のみ無料)、子供割引運賃がある他、定期券(125ドル)もある。普通料金及び子供割引料金の場合、自動販売機でトークンを購入する必要がある。なお、香港の公共交通機関で使えるプリペイドカードである「八達通(オクトパス・カード)」の使用も可能。また、1隻丸ごとの貸切も可能である。

運航時間[編集]

(2012年2月現在。)

  • 尖沙咀 → 中環終日6時30分-23時30分(6-12分程度間隔で運航)
  • 中環 → 尖沙咀終日6時30分-23時30分(6-12分程度間隔で運航)
  • 尖沙咀 → 湾仔平日7時20分-22時50分 / 日曜.休日7時30分-22時50分(8-20分程度間隔で運航)
  • 湾仔 → 尖沙咀平日7時30分-23時00分 / 日曜.休日7時40分-22時50分(8-20分程度間隔で運航)

[編集]

現在は12隻が所属している(別にタグボート1隻も所有している)。イギリスのクロスレー社製造のエンジンに、それぞれ2層式の客室を持つほぼ同型の船体であるが、1989年に就航した2隻は、船体の大きさ(576席に対して762席)や1等船室に冷房が有るなどの違いがある。なお輝星號は、ヴィクトリア・ハーバー内の遊覧用に使用されている。

また船名には、開業時に就航した2隻(晨星號と夜星號)より、必ず「星」「Star」の文字が入る伝統を受け継いでいる。

午星號
夜星號
銀星號

現在の所属船

1956年就航

  • Celestial Star (天星號)

1958年就航

  • Meridian Star (午星號)
  • Solar Star (日星號)

1959年就航

  • Nothern Star (北星號)

1963年就航

  • Night Star (夜星號)

1964年就航

  • Day Star (晨星號)
  • Shining Star (輝星號)
  • Twinkling Star (熒星號)

1965年就航

  • Morning Star (曉星號)
  • Silver Star (銀星號)

1989年就航

  • Golden Star (金星號)
  • World Star (世星號)


過去の所属船

  • Glowing Star (耀星號)
  • Electric Star (電星號)

天星維港遊[編集]

輝星

内装を1920年代客船風に改装した専用フェリー「輝星輪(Shining Star)」による、ヴィクトリア・ハーバー周遊ツアー「天星維港遊(スターフェリー・ハーバー・ツアー)」も運航されている。

運航ルート[編集]

  • 尖沙咀-中環-湾仔-紅磡(周遊)

外部リンク[編集]