東鉄線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東鉄線
使用車両の1つ
使用車両の1つ
東鉄線の路線図
路線総延長 41.5 km
軌間 1,435 mm
電圧 50Hz 25,000V(交流
最高速度 110 km/h
停車場・施設・接続路線
LSTR
羅湖橋、←深河→  京九線広深線 
WASSERrg GRENZE+WBRÜCKE WASSERq
広東省
香港特別行政区
WASSERq WASSERq
BHF
41 羅湖
WBRÜCKE WASSERq
43 落馬洲 梧桐河→
exhABZr+r hSTR WASSER ABZlf STRlg
 北環線(計画中)錦上路方面 
exhTUNNELa hTUNNELa WASSER STR DST
上水屠房 (貨物駅)
WASSER ABZrg STRrf
古洞(計画中)
WASSERq tWSTR
STR
雙魚河
TUNNELe WASSERlf WBRÜCKE WASSERq
洲頭トンネル/石上河→
STRlf ABZ+lr STRrf
BHF
36 上水
BHF
34 粉嶺
WASSERq WASSERq WBRÜCKE WASSERq WASSERq
←麻笏河→
BHF
28 太和
eABZrg exKDSTr
香港鉄路博物館
BRÜCKEa
WASSERq WASSERq hWSTR
WASSERq
←林村河→
hBHF WASSER
26 大埔墟
WASSERq WASSERq hWSTR WASSERrf
←大埔河
WASSERq WASSERq WBRÜCKEe WASSERq WASSERq
←大埔溪→
TUNNEL1
大埔墟トンネル
eBHF
白石角(計画中)
BOOT
20 大学 中文大学、馬料水碼頭
ABZlf ABZq+r STRlg
STR STR BHF
18 馬場 (競馬開催日のみの運行)
STRrg ABZrf DST STR
何東楼車庫
KDSTe STR STR STR
火炭貨物起卸場
BHF STR STR
17 火炭
ABZrg ABZqr STRrf
WASSERq WASSERq WBRÜCKE WABZr
←火炭渠
BHF WASSER
14 沙田
WASSERq WASSERq WBRÜCKEa WASSERrf
←城門河道
hSTR hSTRrg hSTRq
 馬鞍山線烏溪沙方面 
12 大囲
hSTR xhABZlf KDSTr
大囲メンテナンスセンター
hTUNNELa exhSTRlf exhSTRlg
 沙中線大囲~紅方面(計画中) 
tSTR exhTUNNELa
ビーコン・ヒル・トンネル
TUNNELe extSTR
utSTRrg
utSTRq
 観塘線調景嶺方面 
extSTR
7 九龍塘
utSTRq utSTRrf BRÜCKEa extSTR
 観塘線油麻地方面 
hBHF extSTR
4 旺角東
hTUNNELa extSTR
tSTR extSTRrg extSTRrf
何文田トンネル
TUNNELe extSTR
LDER
0 (直通列車ターミナル)
TUNNELa
extSTRrf
          沙中線~中環間 (計画中) 
tSTR extSTR
 西鉄線屯門方面 
東鉄線
各種表記
繁体字 東鐵綫
簡体字 东铁线
拼音 dōng tiĕ xiàn
発音: ドンティエシエン
日本語漢音読み とうてつせん
英文 East Rail Line
テンプレートを表示
2009年8月時点のMTR路線図

東鉄線(とうてつせん)は、香港九龍の紅(ホンハム)駅と新界の羅湖駅を結ぶ香港鉄路港鉄(MTR))の鉄道路線である。元九広鉄路(英段)および、九広東鉄

東鉄線の支線としては、沙田駅から分岐する馬場支線と上水駅から分岐する落馬洲支線がある。また大囲駅から分岐する馬鞍山線についても、東鉄線の支線といえる。

概要[編集]

当路線は、香港で最も早く開通した路線で、『(Hung Hom)』と『羅湖(Lo Wu)』との間を結んでいる。1898年に当時香港を統治していたイギリスと、中国を統治していた清国政府との間で鉄道敷設権が取得され、九龍広州間の 178.7km が建設される。英中の協議により、羅湖にある深圳河の国境を境に、香港側(九広鉄路 (英段), KCR British Section)の 35.5km はイギリス政府が、中国側(九広鉄路(華段))の 143.2km は清国政府がそれぞれ建設を担当した。1911年に九龍~広州間が全通した。

なお当時のターミナル駅は現在とは異なり、九龍駅は尖沙咀のフェリー乗り場横で、現在でも鉄道駅のあった名残として駅舎の時計塔が残っている。一方、広州のターミナル駅は市街東部の大沙頭に置かれ、広州から北京方面へ向かう粤漢鉄路広州武昌間)のターミナル駅だった市街西部の黄沙駅とは離れ、接続していなかった。

香港のガイドブック等で「かつてはシベリア鉄道を経由して、香港発ロンドン行きの列車も走っていた」という記載を見かけるが、誤りである。広州市内に乗り入れていた鉄道各線が接続され、各ターミナル駅を統合して現在の広州駅が建設されたのは、中華人民共和国の建国とそれに伴う鉄道国有化後である。

開通当初は起点から終点まで直通運転されていた九広鉄路だが、1949年中華人民共和国政府の樹立により国境の深河の両サイドには羅湖駅(Lo Wu)が設置され、この間には出入境手続き(イミグレーション)の施設[[羅湖口岸]]が設けられた。その為、路線はこの両駅が香港側と中国側の終点となり、九広鉄路は事実上分断されてしまった(ただし貨物列車は間もなく直通運転を再開した)。現在九広鉄路は、羅湖と深を境に香港側のかつて英段と呼ばれていた部分を香港鉄路有限公司が、中国側の「華段」と呼ばれていた部分は、中国国鉄として国有化された後、1990年代に民営化され、現在は広深鉄路股份有限公司Guangshen Railway Company Limited)が運営している。中華人民共和国側では広深線、或いは広深鉄路、と呼ばれる。

香港側では、1975年に始発駅の九龍駅が九龍半島東側の(Hung Hom)地区へ移転した後、1998年MTR機場快線(エアポートエクスプレス)が開通して機場快線「九龍駅」が開業したのに合わせてと改称された。1978年には紅~広州間で旅客列車の直通運転が再開された。1983年、香港側が電化され、それまでディーゼル機関車が客車を牽引していた路線には通勤電車が走る様になり、沿線は超高層アパートが立ち並ぶベッドタウンとして開発された。

2004年10月24日には、紅駅よりかつて九龍駅のあった尖沙咀まで路線が地下線として延伸され、終点は尖沙咀の東に位置する尖東駅(East Tsim Sha Tsui)となっていた。その後、2003年に九龍西側の南昌駅(Nam Cheung)まで開通していた西鉄線(旧九広西鉄)の延伸工事が行われ、2009年8月16日に尖東駅へ接続され開通。これにより、東鉄と西鉄が一本の路線で結ばれる事となった。また東鉄の起点は紅駅へと戻った。

また、紅駅~広州東駅、広東省の仏山駅経由肇慶駅まで直通の越境シャトル列車が運行されている他、北京や上海へ向けても隔日運転で列車が運行されている。全ての中国本土行き列車の始発駅は紅駅であり、出入境手続き(イミグレーション)はこの駅で行われる。また、境界沿いに位置する羅湖駅は、香港と深を行き来する出入境者専用の駅となっており、羅湖村住民を除いてこの駅での乗降によって駅舎外に出入りする事は出来ない。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

普通列車は、東鉄線用に投入された5ドア通勤電車12両編成で運転される。基本的には紅駅~羅湖・落馬州駅の線内折り返し運用だが、朝夕の時間帯には沙田・大埔墟で折り返す列車もある。

いわゆる「通勤電車」ではあるが、特別席である「頭等車廂」を1両連結している。「頭等車廂」の料金は当該乗車において利用した区間の普通運賃相当額(つまり運賃との合計で運賃の2倍相当)である。他路線から乗り継いで東鉄線車両の頭等を利用した場合は、最初に改札を通過した駅をベースに計算される。

一部の(ホンハム)駅発の中華人民共和国本土への直通列車が中国大陸に乗り入れて広州東駅広州市)や北京西駅北京市)まで直通運転される。

なお、香港は「中華人民共和国香港特別行政区」という法的地位にあるため「中華人民共和国に入る国際列車」という表現は不正確である。現地表記では、直通車 (Through Train)、城際客運服務(Intercity Passenger Services)と称する。

支線[編集]

当路線には2つの支線が存在する。

馬場支線[編集]

新界沙田地区にある沙田競馬場の開設に伴い、沙田競馬場へ観客を輸送する為に作られた支線である。支線といっても、実態は火炭駅の裏側にある車輌基地の外れにホームを設けただけのものである。運賃は対馬場駅専用運賃が用いられる(区間にもよるが、火炭駅までの普通運賃と比較して概ね5ドル程度高いもの)。競馬開催日のみ運行される。

運行形態としては、紅駅から馬場駅を経由する上水駅行きの他、馬場駅止まりの列車も存在する。

落馬洲支線[編集]

香港と深を越境する人の割合が年々増加し、現在の東鉄線の羅湖~深圳の出入境施設では手狭になってしまった為、新たな鉄道用出入境施設を建設する必要があるので計画された支線である。現在この地点には高速道路が開通しており、香港~深間の重要な物流の拠点となっているが、これに鉄道施設が加わることとなった。

上水駅落馬洲駅間は 7.4km あり、開通は2007年8月15日の午後に行われた。またこの付近は、香港の中でも有数の湿地帯である。本土側には地下鉄竜華線(4号線)福田口岸駅が設けられていて、乗り換えが可能である。

車両[編集]

東鉄線で投入されている車両は2種類がある。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

火炭駅のホーム
落馬洲駅のホーム
駅名 所在地 開業日 乗り換え
日本語 繁体字中国語 英語
Stadot.png 羅湖駅 羅湖站 Lo Wu Station 北区 1949年8月15日 広深鉄路深圳駅
地下鉄羅宝線(1号線)羅湖駅
Stadot.png 落馬洲駅 落馬洲站 Lok Ma Chau Station 元朗区 2007年8月15日 北環線(計画中)
地下鉄竜華線(4号線)福田口岸駅
Stadot.png 古洞駅 古洞站 Kwu Tung Station 北区 計画中 北環線(計画中)
Stadot.png 上水駅 上水站 Sheung Shui Station 1930年
Stadot.png 粉嶺駅 粉嶺站 Fanling Station 1910年10月1日
Stadot.png 太和駅 太和站 Tai Wo Station 大埔区 1989年5月9日
Stadot.png 大埔墟駅 大埔墟站 Tai Po Market Station 1983年4月7日
Stadot.png 白石角駅(科学園) 白石角站(科學園) Pak Shek Kok / (Science Park) 沙田区 計画中
Stadot.png 大学駅 大學站 University Station 1956年9月24日
Stadot.png 馬場駅 馬場站 Racecourse Station 1985年10月1日
Stadot.png 火炭駅 火炭站 Fo Tan Station 1985年2月15日
Stadot.png 沙田駅 沙田站 Sha Tin Station 1910年10月1日
Stadot.png 大囲駅 大圍站 Tai Wai Station 1986年4月23日 馬鞍山線
Stadot.png 九龍塘駅 九龍塘站 Kowloon Tong Station 九龍城区 1982年5月4日 観塘線
Stadot.png 旺角東駅 旺角東站 Mong Kok East Station 油尖旺区
Stadot.png 紅磡站 Hung Hom Station 1975年11月30日 西鉄線
Stadot.png 会展駅 會展站 Exhibition Station 湾仔区 計画中 東涌線(北港島線)(計画中)
Stadot.png 金鐘駅 金鐘站 Admiralty Station 中西区 湾線 港島線
南港島線(計画中)
  • 背景色がかつ斜字体で示す駅は未開業の駅。

関連項目[編集]