ATP (鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATP(Automatic Train Protection)とは鉄道における自動列車保安装置の一種である。日本自動列車停止装置(ATS)または自動列車制御装置(ATC)にほぼ相当している。日本語では「自動列車防護装置[1]、「自動列車保護装置」などの訳が用いられる。主に欧米諸国の鉄道事業者において用いられている。

中国語圏では「自動列車保障装置」、「自動列車防護系統」とも称する。

概要[編集]

  • ATPは、運転手のヒューマンエラーから列車を保護し、事故を回避するためのシステムである。
  • 列車が停止信号を越えて進行しようとした場合(信号冒進)、あるいは指示された速度を超過した場合に、運転手に警告するために光と音を使用し、運転手がこれらの警告に応答しなければ、自動的に列車を停止、または制限速度以下に減速させる。
  • 日本ではATSやATCという言葉が用いられ、日本国外で用いられているATPという名称自体あまり馴染みが無い。 自動列車保安装置に関する考え方に大きな差があるため、単純に訳をすることは難しい。

主なATP採用路線[編集]

アメリカ
イギリス
香港
台湾
シンガポール
韓国

脚注[編集]

関連項目[編集]