ワシントンメトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントン・メトロ路線図(2013年)

ワシントンメトロ(Washington Metro)は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.を中心にメリーランド州バージニア州に広がる地下鉄バスを中心とする公共交通ネットワーク。ワシントン首都圏交通局(Washington Metropolitan Area Transit Authority: WMATA)によって所有および運営されている。

1976年の開業以降、計画当初の路線網(83駅・165.5km)は、2001年1月13日の時点で完成し、現在、計5路線、170.5kmの鉄道路線と多数のバス路線をかかえている。2004年の段階で、1億9千万人(1日平均、約52万人)が、ワシントンメトロの地下鉄を利用しており、ニューヨーク市地下鉄に次いで、アメリカ国内で2番目に利用者の多い公共交通ネットワークである。

路線一覧[編集]

Red Line 以外の各路線が、ワシントン市内とバージニア州アーリントン郡内で路線と駅を共有し、郊外で分岐するのが、ワシントンメトロの特徴である。詳しくは、駅一覧を参照のこと。

  レッドライン英語版 Shady Grove ~ Glenmont 51.05km
  ブルーライン英語版 Franconia Springfield ~ Largo Town Center 29.76km
  オレンジライン英語版 Vienna/Fairfax GMU ~ New Carrollton 30.95km
  グリーンライン英語版 Greenbelt ~ Branch Ave. 38.40km
  イエローライン英語版 Huntington ~ Fort Totten 26.16km
  シルバーイン英語版 Wiehle Reston East ~ Largo Town Center 18.5km

歴史[編集]

1960年代、ワシントンD.C.には、大規模な高速道路計画案が複数存在していたが、それらに対する反対が次第に強くなる中で、代替案として地下鉄網の建設が進められ、高速道路建設資金が地下鉄網の建設資金へまわされることとなった。

地下鉄の建設は、1969年12月9日に始まり、最初の路線であるRed Line(Farrgut North-Rhode Island Avenue間、7.4km)が、1976年3月27日に開業した。計画当初の路線網(83駅・165.5km)は、2001年1月13日に、Green Line、Anacostia-Branch Ave.間の開業をもって完成した。その後も、ワシントンメトロは、地下鉄路線網の拡大に努めており、Blue Lineの延伸やRed LineのUnion Station~Rhode Island間に新駅の設置(New York Avenue-Florida Avenue-Gallaudet U)が2004年11月20日に行われた。また現在、Orange Line を延伸し、バージニア州にあるワシントン・ダレス国際空港とワシントンD.C.とを結ぶ計画(Silver Line)が進められている。

2004年6月9日には、850,636もの人々がロナルド・レーガン大統領の国葬や遺体が一時安置された連邦議会議事堂に向かうために、ワシントンメトロを利用した。これは開業以来、一日当り最も多い利用者数であった。

2014年7月26日にワシントン中心部と郊外を結ぶ新線「シルバーライン」が開通し、既存の路線(Blue Line/Yellow Line)に乗り入れる形で運行されている[1]

開業年の一覧
1976年 Red Line Farrgut North-Rhode Island Avenue
1977年 Red Line Farrgut North-Dupont Circle
Blue Line Stadium Armory-National Airport
1978年 Red Line Rhode Island Ave.-Silver Spring
Orange Line Stadium Armory-New Carrollton
1979年 Orange Line Rosslyn-Ballston
1980年 Blue Line Stadium Armory-Addison Road
Red Line Dupont Circle-Van Ness
1983年 Yellow Line Gallery Place/Chinatown-Huntington
1984年 Red Line Van Ness-Shady Grove
1986年 Orange Line Ballston-Vienna/Fairfax
1990年 Red Line Silver Spring-Wheaton
1991年 Green Line U St./Cardozo-Anacostia
Blue Line King St.-Van Dorn Street
1993年 Green Line Fort Totten-Greenbelt
1997年 Blue Line Van Dorn Street-Franconia Springfield
1998年 Red Line Wheaton-Glenmont
1999年 Green Line U St./Cardozo-Fort Totten
2001年 Green Line Anacostia-Branch Ave.
2004年 Blue Line Addison Road-Largo Town Center
2014年 Silver Line Wiehle Reston East – Largo Town Center

車両[編集]

詳しくは、en:Washington Metro rolling stockを参照。

ワシントンメトロの車両
ワシントンメトロの車内

 2013年1月の時点で、1130両の車両が所属している。これまで、車両の大半をアルストム(Alstom)とブレダ(Breda)が手掛けている。すでに製造年数の古い1000番台の車両がブレダに、2000番台の車両がアルストムによって改造されており、3000番台も、アルストムにより改造された。2013年4月に、旧型の1000系の更新とさらにメトロのサービス向上のため川崎重工業に7000系を528両発注している。さらに4000系の更新についても検討中であり、2014年初頭には交通局の所属は1268両になる見込み。

  • 車両番号1000-1299(300両、1976年製)
Rohr Industries製造
  • 車両番号2000-2075(76両、1982年製)
Breda Construzioni Ferroviarie(Breda)製造
  • 車両番号3000-3289(290両、1987年製)
Breda製造
  • 車両番号4000-4099(100両、1991年製)
Breda製造
  • 車両番号5000-5191(192両、2001年製)
Construcciónes y Auxiliar de Ferrocarriles(CAF)製造
  • 車両番号6000-6183(184両、2005年製)
アルストム製造
  • 車両番号7000-(528両[2]、2013年製造予定[3]
川崎重工業製造

駅一覧[編集]

  • Red Line
Shady Grove ~ Rockville ~ Twinbrook ~ White Flint ~ Grosvenor - Strathmore ~ Medical Center ~ Bethesda ~ Friendship Heights ~ Tenleytown-AU ~ Van Ness-UDC ~ Cleveland Park ~ Woodlley Park-Zoo/Adams Morgan ~ Dupont Circle ~ Farrgut North ~ Metro Center ~ Gallery Place/Chinatown ~ Judiciary Square ~ Union Station ~ New York Avenue-Florida Avenue-Gallaudet U ~ Rhode Island Avenue ~ Brookland-CUA ~ Fort Totten ~ Takoma ~ Silver Spring ~ Forest Glen ~ Wheaton ~ Glenmont
  • Blue LineKing Street ~ Pentagon:Yellow Line と路線を共有、Rosslyn ~ Stadium-Armory:Orange Line と路線を共有
Franconia-Springfield ~ Van Dorn Street ~ King Street ~ Braddock Road ~ Ronald Reagan Washington National Airport ~ Crystal City ~ Pentagon City ~ Pentagon ~ Arilington Cemetery ~ Rosslyn ~ Foggy Bottom-GWU ~ Farrgut West ~ McPherson Square ~ Metro Center ~ Federal Triangle ~ Smithsonian ~ L'Enfant Plaza ~ Federal Center SW ~ Capitol South ~ Eastern Market ~ Potmac Avenue ~ Stadium-Armory ~ Benning Road ~ Capitol Heights ~ Addison Road ~ Morgan Boulvard ~ Largo Town Center
  • Orange LineRosslyn ~ Stadium-Armory:Blue Lineと路線を共有
Vienna/Fairfax-GMU ~ Durn Loring-Merrifield ~ West Falls Church-UTA ~ East Falls Church ~ Ballston-MU,Virginia Square-GMU ~ Clarendon ~ Court House ~ Rosslyn ~ Foggy Bottom-GWU ~ Farrgut West ~ McPherson Square ~ Metro Center ~ Federal Triangle ~ Smithsonian ~ L'Enfant Plaza ~ Federal Center SW ~ Capitol South ~ Eastern Market ~ Potmac Avenue ~ Stadium-Armory ~ Minnesota Avenue ~ Deanwood ~ Cheverly ~ Landover ~ New Carrollton
  • Orange Line 延伸線/Silver Line(詳しくは、en:Dulles Corridor Rapid Transit Projectを参照。
    • East Falls Church ~ Tysons East ~ Tysons Central 123 ~ Tysons Central 7 ~ Tysons West ~ Wiehle Avenue ~ Reston Parkway ~ Herendon-Monroe ~ Route 28 ~ Dulles Airport ~ Route 606 ~ Route 772
    • East Falls Church ~ Wiehle Avenue:2011年開通予定
    • Wiehle Avenue ~ Route 772:2015年開通予定
  • Green LineL'Enfant Plaza ~ Mt.Vernon Square/7th Street:Yellow Lineと路線を共有
Branch Avenue ~ Suitland ~ Naylor Road ~ Southern Avenue ~ Congress Heights ~ Anacostia ~ Navy Yard ~ Waterfront-SEU ~ L'Enfant Plaza ~ Archieves-Navy Memorial ~ Gallery Place/Chinatown ~ Mt.Vernon Square/7th Street ~ Shaw-Howard U ~ U Street/African-Amer Civil War Memorial/Cardozo ~ Columbia Heights ~ Georgia Avenue-Petworth ~ Fort Totten ~ West Hyattsville ~ Prince Gerogia's Plaza ~ College Park-U of Md ~ Greenbelt
  • Yellow LineKing Street ~ Pentagon:Blue Lineと路線を共有、L'Enfant Plaza ~ Fort Totten :Green Lineと路線を共有
Huntington ~ Elisehower Avenue ~ King Street ~ Braddock Road ~ Ronald Reagan Washington National Airport ~ Crystal City ~ Pentagon City ~ Pentagon ~ L'Enfant Plaza ~ Archieves-Navy Memorial ~ Gallery Place/Chinatown ~ Mt.Vernon Square/7th Street ~ Shaw-Howard U ~ U Street/African-Amer Civil War Memorial/Cardozo ~ Columbia Heights ~ Georgia Avenue-Petworth ~ Fort Totten

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米首都地下鉄に新線=18年に空港直結 時事通信 2014年7月27日
  2. ^ “川重、米ワシントンの地下鉄100両を受注 納期は5年後”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130516/biz13051613350017-n1.htm 2013年7月26日閲覧。 
  3. ^ 吉田勝 (2010年5月28日). “川崎重工、ワシントン首都圏交通局から地下鉄車両810億円分を受注”. Tech-On!. http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2802M_Y0A520C1000000/ 2013年7月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]