香港の鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の鉄道一覧 > 香港の鉄道

香港の鉄道(ほんこんのてつどう)では香港における各種鉄道の概要について記す。

概要[編集]

香港の鉄道は、香港島九龍半島及びランタオ島とその隣接部にのみ存在している。香港の地下鉄と空港連絡鉄道は総延長200キロ以上で、香港鉄路有限公司(港鉄公司)が経営し、新界にあるライトレール軽鉄中国本土と結ぶ路線も経営している。この他、2階建て路面電車香港トラムケーブルカーピークトラム索道昂坪360があり、これらも香港の鉄道輸送網の一翼を担っている。

歴史[編集]

香港で最初に敷設された鉄道は、香港島の太平山半山区中環を結ぶピークトラムで、1888年に開通した。続いて1904年香港島北部の沿岸に香港電車が開業、1910年には広州と結ぶ九広鉄路英国区間(九廣鐵路英段)が開業した。1979年には地下鉄観塘線が開業、1982年には九広鉄路英国区間の電化工事が完成、電車による近郊区間輸送を開始した。1988年屯門元朗地区に九広軽鉄が開業した。2007年9月2日に地下鉄路公司(MTR)と九広鉄路(KCR)が合併して香港鉄路有限公司(港鉄公司)となり、地下鉄、地上線を一括した鉄道輸送網を形成している。

鉄道の種類[編集]

地下鉄[編集]

香港MTRの路線図

空港連絡鉄道[編集]

  • 空港急行(エアポート・エクスプレス) (Airport Express Line)

ライトレール[編集]

ロープウエー(索道)[編集]

昂坪360

昂坪360は香港ランタオ島の東涌と昂坪(ゴンピン)を結んでいる。

ケーブルカー(鋼索式鉄道)[編集]

ピークトラム

ピークトラム(山頂纜車)は香港で最初に営業した鉄道(鋼索式)である。

路面電車[編集]

香港トラム

香港トラム(香港電車)は香港島北部地域を東西に結ぶ路線と支線を持つ路面電車である。路面電車としては世界的にも希少な2階建て車両(ダブルデッカー)で運行している。

遊園地の鉄道[編集]

  • 香港海洋公園纜車:香港海洋公園内の索道。
  • 香港海洋公園海洋列車:香港海洋公園内の隧道鋼索式鉄道。高峰駅と海濱駅を結ぶ。
  • 香港ディズニーランド鉄道:香港ディズニーランド内の観光鉄道。

区境を跨ぐ鉄道輸送[編集]

関連項目[編集]