パキスタンの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の鉄道一覧 > パキスタンの鉄道

パキスタンの鉄道(パキスタンのてつどう)では、パキスタンにおいて運行されている鉄道について記す。

パキスタンの列車(ラーワルピンディー駅)

概要[編集]

元々、現在のインドパキスタンバングラデシュミャンマースリランカイギリス大英帝国)の植民地インド帝国となっており、それらが独立する際に民族や宗教の違いで分裂(インド・パキスタン分離独立も参照)したため現在の形に成った経緯がある。

このパキスタンの鉄道も、元々は隣国インドのそれと同様、イギリスの植民地経営の一環として建設された。

現在、国鉄線が約8000km存在する。多くは軌間1676mmの広軌路線であるが、一部にメーターゲージと呼ばれる軌間1000mmの狭軌路線も存在する。また、交流電化(25000V)がなされている区間も存在するが、多くは非電化のままでディーゼル機関車が使用されている。

速達列車の最高速度は120km/hであるが、保線状況が悪いためかなり揺れる事がある。ラーホールカラーチー間1200kmを走る急行列車表定速度は85km/h、所要時間は14時間程度である。現在鉄道は、本数が多いバス航空機に押されて苦戦を強いられている。またイスラム教の色合いが強いため、車内では男女の座る席が明確に区分される。

なお、国際列車はイランインドの両方面に運転されている。

まずイランへは、パキスタン中南部にある都市のクエッタからザーヘダーンまでの国際列車が2日に1本程度設定されている。

その一方でインドへの列車は、カシミール問題など両国の小競り合いによって運行が中断される事が多く、それまで唯一開放されていた国境を通るアムリトサル~ラホール間の列車も、2001年2004年にかけて運休されていた。現在では「サムジョウター・エクスプレス」として運行が行われているが、国境審査のため全線46kmに12時間以上を要するなど、至便性はかなり低い。それでも貨物輸送においてはある程度の需要はあり、更に両国の平和維持の象徴としての役割もあるため、2006年2月18日には1965年第二次印パ戦争で破壊され廃線となっていたムナーバーオコークラーパール間の、タール砂漠南部を横断する鉄道も運行が再開された。

関連項目[編集]