フィリピンの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の鉄道一覧 > フィリピンの鉄道

フィリピンの鉄道(フィリピンのてつどう)では、フィリピンにおける鉄道について記す。

概要[編集]

旧ラインカラーを使用した路線図
2003年アロヨ元大統領が発表したSRTS計画に基づく路線図

フィリピンの鉄道は、19世紀終わりごろに英国資本によって首都マニラ近郊の路線が開業したのが始まりとされ、以後ルソン島ではマニラを中心に北はサンフェルナンドまで、南はレガスピまでの路線ができ、また支線もできたので約900kmの路線を有するまでになった。軌間は日本の在来線と同じ1067mmの狭軌が使われた。他にもネグロス島をはじめ、セブ島レイテ島パナイ島ミンドロ島ミンダナオ島に路線をもち、砂糖黍のための軽便鉄道の他、鉱山鉄道森林鉄道なども建設された。

しかし、太平洋戦争モータリーゼーションの発達によって鉄道は衰退、パナイ鉄道1983年に廃止されたことで中長距離の旅客輸送を行う鉄道はルソン島にある国鉄線のみとなった。

運行概況[編集]

国鉄[編集]

マニラからイロコス地方にのびる北方線と、マニラからビコール地方にのびる南方線があるが、1991年ピナトゥボ山噴火以降、北方線は全線運休となっている。現在、マニラ - ナガ間を結ぶ夜行列車のビコール・エクスプレスが1日1往復運行している他、マニラ近郊では通勤列車のメトロ・コミューターが1日18往復運行、ビコール地方では通勤列車のビコール・コミューターが運行している。

都市鉄道[編集]

バクララン方面へ向かうLRT

首都マニラではODAで都市鉄道であるマニラ・ライトレールおよびマニラ・メトロレールが整備されるようになり、1984年に最初の路線が開業した。現在、LRT(Light Rail Transit・ライトレール)が1路線、MRT(Metro Rail Transit・ラピッド・トランジット)が2路線の3路線が運行している。いずれも設備としては近代的なもので、治安もマニラでは比較的良いという。こちらでは軌間は1435mmの標準軌が採用されており、また日本や韓国などで製造された新車が使われている。女性専用車もある。改札では簡単なセキュリティ・チェックがあり、構内での写真撮影は禁止されている。

計画[編集]

ルソン島[編集]

フィリピン国鉄線[編集]

現在、北方線を再利用して「ノースレール」(North-rail) と称し、マニラとクラーク経済特別区を結ぶ計画が検討されている。

マニラ・ライトレール[編集]

LRT-1線およびMRT-2線の延伸計画がある他、新規路線としてMRT-7線およびMRT-8線が計画されている。

新交通システム[編集]

自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)が以下の場所において建設中である。

セブ島[編集]

メトロ・セブの廃止された鉄道跡の土地を利用してラピッド・トランジットを建設する計画がある。主にセブ島の東側を南北に走る路線で、第1期事業ではコンソラシオン - マンダウエ - セブ - タリサイの20kmを結ぶ。また第2期事業ではタリサイから南にカルカル(Carcar)までの35km、第3期事業ではコンソラシオンから北にダナオ(Danao)までの15kmを延伸する構想もある。

ミンダナオ島[編集]

ミンダナオ島の北部を東西に走る路線と東側を南北に走る路線がフィリピン国鉄を中心に計画されている。東西を走る路線はサンボアンガ - イリガン - カガヤン・デ・オロ - ブトゥアンを結び、南北を走る路線はスリガオ - ブトゥアン - ダバオ - ジェネラル・サントスを結ぶ[要出典]

関連項目[編集]