インドネシアの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の鉄道一覧 > インドネシアの鉄道

インドネシアの鉄道(インドネシアのてつどう)は、インドネシア共和国における鉄道についての記事である。

歴史[編集]

インドネシアにおける鉄道は、当時の宗主国オランダジャワ島1864年に建設を開始したのが始まりとされ、1867年8月にスマラン - タングン間約25kmで運行を開始し、以後順次路線を延ばしていった。当初は標準軌で敷設を行ったが、建設費が膨大になる事が分かり、途中から狭軌軌間を変更した。スマトラ島スラウェシ島などでも同様に鉄道が敷設された。

1941年12月に勃発した太平洋戦争によって、交戦国であるオランダの植民地のインドネシアに侵攻し、支配下におさめた日本軍は一部の路線の整理や、1067mmの狭軌への軌間の統一を行なった[1]1945年の独立宣言によって国内の鉄道は全て国有化され、その後のオランダからの植民地解放を目指したインドネシア独立戦争を経ての独立やその後の混乱などによって鉄道は荒廃した。

1953年頃からはアメリカから輸入されたディーゼル機関車などによって無煙化も進んだが、今度は自動車などの進出によって利用客が減少の一途をたどるようになった。このため1960年代から世界銀行や各国の支援によって近代化が進められ、ジャワ北線については日本の支援で1994年に軌道や橋梁の修復が概ね完了した。

1991年に国鉄(PJKA[2])は公社(Perum KA[3])に移行。さらに、1999年6月に国鉄は政府が100%株式を持つインドネシア鉄道会社(PT. Kereta Api)へ移管された。上下分離方式を採用し、軌道などインフラ部分は政府が、車両及び駅設備のは鉄道会社側が保有および保守整備を行う。現在、バスなど多種交通機関に対する、競争力の強化が求められている。

なお、現在ジャカルタにおいて進められているMRT(Mass Rapid Transit)計画[4]では、PT. Kereta Apiは運営に関与せず、ジャカルタ特別州が鉄道運営会社を設立する予定である。

運行概要[編集]

現在、スマトラ島には北部(メダン)・中部(パダン)・南部(パレンバン)の3箇所にそれぞれ独立した鉄道が存在している[5]。特に南部のパレンバンを中心とした鉄道は、スマトラ島南端のパンジャンからジャワ島メラクまでの航路を介して、首都ジャカルタまで乗り継ぐ事ができる。スマトラ島での鉄道輸送は、その殆どが貨物輸送である。

ジャワ島[6]ではメラク - ジャカルタ、ジャカルタ - スマラン - スラバヤ[7]、ジャカルタ - チレボン - ジョグジャカルタ - ソロ(スラカルタ) - スラバヤ[8]、ジャカルタ - チカンペック - バンドンなどの路線が幹線となっている。他に、昨今少なくなったものの、いくつかの支線が存在している。また島東端のバニュワンギへ行く路線もあり、そこから船でバリ島へ向かうこともできる。ジャワ島での鉄道輸送は、大半が旅客輸送である。

旅客列車の等級にはSpecial(スペシャル)・Eksekutif(エグゼクティブ)・Bisinis(ビジネス)・Ekonomi(エコノミー)の4つがあり、速達列車(特急・急行)も多く設定されている。

また、ジャカルタには通勤電鉄(KRL JABOTABEK)があり、日本で不要になった通勤電車各種が譲渡され使用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 土木学会誌(2007年、P.42)
  2. ^ Perusahaan Jawatan Kereta Api の略
  3. ^ Perum Kereta Api の略
  4. ^ レバックブルス - ブロックM - イストラ - ドゥクアタス(西線スディルマン駅連絡) - モナス - ジャカルタコタ間に、地下鉄(郊外は高架鉄道)を建設するもの。これまで鉄道空白地帯であった、KRLジャボタベック中央線(ボゴール線)と西線・セルポン線の間を通ることになる。
  5. ^ PT. Kereta Apiでは、北スマトラをDivre I、西スマトラ(中部)をDivre II、南スマトラをDivre IIIが、各々管轄している
  6. ^ ジャワ島内には、PT Kereta Apiの9つの地域事業部(DAOP I - DAOP IV)がエリア毎に設置され、各々管轄している
  7. ^ 北幹線と呼ぶことがある
  8. ^ 南幹線と呼ぶことがある

参考文献[編集]

外部リンク[編集]