富田駅 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富田駅
駅舎(2008年3月)
駅舎(2008年3月)
とみだ - Tomida
所在地 三重県四日市市富田三丁目22-12
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
三岐鉄道
電報略号 トミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
628人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1894年明治27年)7月5日
乗入路線 2 路線
所属路線 関西本線
キロ程 31.7km(名古屋起点)
朝日 (3.2km)
(1.3km) 富田浜
所属路線 三岐線(貨物線)
キロ程 0.0km(富田起点)
(2.5km) 大矢知
備考 駅員無配置駅
ホーム

富田駅(とみだえき)は、三重県四日市市富田三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・三岐鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

JR東海の関西本線と、三岐鉄道の貨物線である三岐線が乗り入れる。旅客営業上は関西本線単独駅の扱いを受ける。

貨車入換などの業務は日本貨物鉄道(JR貨物)・三岐鉄道に委託されている。国鉄時代は急行「紀州」「かすが」等の停車駅であった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅である。駅東西に出入口がある。西駅舎は単式ホーム(1番線)に接続し、各ホームと両出入口が跨線橋により結ばれている。

3番線の東側には、三岐鉄道の着発線と多数の側線が広がる。その中に、かつて三岐鉄道が使用した島式ホームがあり、ホーム上屋は撤去済だが現在も駅名板が残っている。跨線橋から、このホームへ通じる階段は塞がれているが、階段外壁には「藤原岳宇賀渓へ三岐鉄道」という広告が描かれたままになっている。

桑名駅管理の無人駅。かつては東海交通事業による簡易受託駅で西口に窓口があったが、2011年3月31日をもって簡易委託は終了し無人化された。

東口は、かつて三岐鉄道が管理していたが、旅客列車が近鉄富田駅に完全移行した際に無人化された。東口駅舎は、付近にイオン四日市北ショッピングセンターが開業した際に撤去・改装された。なお、東口に隣接して三岐鉄道本社屋が置かれている。

富田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 関西本線 上り 名古屋方面[1]
2・3 関西本線 下り 四日市松阪方面[1]
4・5 (旧三岐線ホーム、閉鎖中)

停車列車[編集]

旅客列車[編集]

区間快速と普通列車が停車する。一部の下り四日市・亀山方面の普通列車が当駅で待避を行なうことがある(上り列車は桑名駅)。また、特急「南紀」や快速「みえ」、亀山駅発着の快速も対向列車待ちで運転停車する場合がある(客扱いは行なわない)。

貨物列車[編集]

  • 当駅では、専用貨物列車が三岐線から関西本線に移る際に牽引する機関車を交換している。そのため、必ずDD51が1本待機している。
  • 2013年3月改正時点では、タンク車などを連結する専用貨物列車は、タキ1900形で編成された専用貨物列車が当駅を経由して四日市駅方面と東藤原駅の間に1日5往復、ホキ1000形で編成された専用貨物列車が当駅と稲沢駅を経由して大府駅と東藤原駅の間に1日1往復、当駅から保々駅との間に下りのみ1日2本が運行されている。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。当駅から約300m離れている近鉄富田駅と比較して10分の1程度の乗降客しかない。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 553
1999年 547
2000年 599
2001年 652
2002年 677
2003年 676
2004年 705
2005年 753
2006年 754
2007年 760
2008年 773
2009年 730
2010年 738
2011年 628
2012年 628

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
JR富田駅前   四日市大学線 近鉄富田駅前 東芝正門前 三岐鉄道 直行
平日朝運転
近鉄富田駅前・四日市大学四日市看護医療大学 東芝正門前 平日土曜運転
近鉄富田駅前 四日市大学看護医療大学前 平日運転

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
関西本線
快速「みえ」・快速
通過
区間快速・普通
朝日駅 - 富田駅 - 富田浜駅
三岐鉄道
三岐線(貨物線)
富田駅 - (三岐朝明信号場) - 大矢知駅
※旅客営業廃止以前は、富田駅と三岐朝明駅(現・三岐朝明信号場)間に富田西口駅(近鉄富田駅と同一駅扱い)が存在していた。

その他[編集]

  • 当駅発着のマルス券の切符を購入すると「(関)富田 - ○○」または「○○ - (関)富田」と印字される(関は関西本線の略)。これは同一表記駅名であるJR東日本両毛線の富田駅・とみたえき(栃木県足利市)と区別するためである。
  • 三岐鉄道が旅客営業をしていた時代、近鉄時刻表の三岐鉄道欄では当駅は「国鉄富田」駅と表記されていた。
  • 三岐鉄道の電車には、旅客営業休止後に配置された車両にも「JR富田」の行先が方向幕やLED表示に内蔵されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。

関連項目[編集]