佐々駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐々駅
駅舎(2004年6月撮影)
駅舎(2004年6月撮影)
さざ - Saza
清峰高校前 (1.6km)
(1.8km) 小浦
所在地 長崎県北松浦郡佐々町本田原免
所属事業者 松浦鉄道
所属路線 西九州線
キロ程 74.0km(有田起点)
電報略号 ササ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
656人/日
-2005年度-
開業年月日 1931年(昭和6年)12月27日
1988年(昭和63年)4月1日(転換)

佐々駅(さざえき)は、長崎県北松浦郡佐々町本田原免にある松浦鉄道西九州線。かつては臼ノ浦線が分岐していた。

駅構造[編集]

  • 単式1面1線(佐世保方面折り返し用)及び島式1面2線ホーム地上駅である。島式ホームが1・2番のりば、単式ホームが3番のりばとなっている。各ホームは構内踏切で結ばれている。3番のりばのレールは行き止まりとなっており、たびら平戸口方面へは行くことができない。
のりば
1 西九州線 佐世保行き
2 西九州線 たびら平戸口・松浦伊万里方面
3 西九州線 佐世保・早岐方面(当駅始発・終着列車の一部、JR佐世保線にも乗り入れあり。)
  • 駅舎は木造ログハウス風で内部は2階建て(2階はギャラリー等に利用されていたが現在閉鎖中)である。
  • 国鉄時代の駅舎は単式ホーム側に建っており、のりば番号も単式ホームが1番、島式ホームが2・3番と現在と逆になっていた。1番のりばは臼ノ浦線発着用となっており、同線廃止後はレールが撤去されていた。
  • 松浦鉄道への転換に際し、それまでの駅舎(佐々町の中心部と線路を挟んで反対側にあり不便であった)を解体して町中心部方向に新しく駅舎を建てた。当初はプレハブ造りの窓口のみの小さな駅舎だったが、その後1991年平成3年)に現在の駅舎に建て替えられた。
  • 構内には松浦鉄道佐々車両基地があり、列車の滞泊運用がある。

利用状況[編集]

1日平均乗降人員は656人である(2005年度)

駅周辺[編集]

駅前は佐々町の中心が広がっている。

バス路線[編集]

佐々バスセンター

佐々バスセンター[編集]

駅のすぐ前にある西肥自動車(西肥バス)ののりば。2007年(平成19年)10月に、それまで駐車場だった場所を改築して新設された。

1番のりば
2番のりば

※以前は、佐世保-佐々・平戸間の特急や佐世保-佐々間の快速特急も存在した。

3番のりば
  • (普通)芳の浦 - 本山 - 皆瀬局前 - 大野 - 佐世保バスセンター(佐世保駅前)
  • (普通)芳の浦 - 本山 - 皆瀬局前 - 大野 - 佐世保駅前 - 重尾・東翔高校・内海・嬉野・ハウステンボス西門・ハウステンボス港町・西海橋コラソンホテル
  • (普通)芳の浦 - バイパス本山 - 吉岡団地 - 大野 - 矢峰 - 柚木 ※2013年4月1日より

※2012年4月1日改正までは、川棚バスセンターや早岐支所シルバーボウル前、伊万里駅前行きの便が存在した。 ※嬉野行きは2013年4月1日改正より。

4番のりば
  • 【半急行】・(普通)小春 - 吉井 - 江迎 - 平戸口桟橋 - 平戸桟橋 (※半急行は吉井まで急行、吉井 - 平戸間は普通で運行)
  • (普通)小春 - 吉井 - 江迎 - 大加勢
  • (普通)小春 - 吉井 - 福井 - 松浦駅前 - 御厨駅
  • (普通)小春 - 吉井 - 世知原 - 槍巻 - 世知原温泉

歴史[編集]

隣の駅[編集]

松浦鉄道
西九州線
清峰高校前駅 - 佐々駅 - 小浦駅

廃止区間[編集]

日本国有鉄道
臼ノ浦線
佐々駅 - 臼ノ浦駅

参考文献[編集]

関連項目[編集]