左石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左石駅
駅舎(2008年9月)
駅舎(2008年9月)
ひだりいし - Hidariishi
野中 (1.2km)
(1.0km) 泉福寺
所在地 長崎県佐世保市田原町
所属事業者 松浦鉄道
所属路線 西九州線
キロ程 87.4km(有田起点)
電報略号 ヒリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
872人/日
-2006年度-
開業年月日 1920年(大正9年)3月27日
1988年(昭和63年)4月1日(転換)
駅舎と伊万里方面ホーム(2004年6月)
歩道橋から佐世保方面を撮影

左石駅(ひだりいしえき)は、長崎県佐世保市田原町にある松浦鉄道西九州線。かつては柚木線が分岐していた。

駅構造[編集]

  • 相対式2面2線ホームの地上駅。
  • 2つのホームは大きくずれており、駅舎は佐世保市役所大野支所側(佐々伊万里方面行きホーム側)にある。佐世保西高校側(佐世保方面行き)ホーム上には木造の屋根があり、両ホーム間は構内踏切で連絡している。松浦鉄道転換後に、佐世保西高校側にも出入口が開設されている。
  • 無人駅で、定期券や回数券は徒歩約3分の西肥バス大野待合所で(元日を除く9:30 - 17:30の間)発売している。
  • 松浦鉄道への転換まで有人駅であった。手書きの乗車券のほか、指定券も発券していた。
  • 松浦線は転換時までタブレット(通票・金属製で円盤)による閉塞システム(非自動閉塞方式)が使用されていた。急行「平戸」は通過していたので、運転助手が通過しながらタブレット(タブレットキャリアー・輪になっている入れ物に収めた状態)を受け渡していた。信号機は腕木式であったが、黄色い矢羽の場内用(駅に入る前に設置してある)通過信号が無かったので、ホームにある渦巻き状のキャリアー受けの支柱に緑の手旗を横に挿して代用していた。
  • 2008年(平成20年)9月現在、旧駅員室は食堂になっている。また、待合室の一部を改装してたこ焼き屋『駅たこ』が営業しているほか、大野商工振興会が駅舎の一部を事務所として使用している。

利用状況[編集]

1日平均乗降人員は872人である(2006年度)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

松浦鉄道
西九州線
快速
本山駅 - 左石駅 - 泉福寺駅
普通
野中駅 - 左石駅 - 泉福寺駅

廃止区間[編集]

日本国有鉄道
柚木線
左石駅 - 肥前池野駅

関連項目[編集]