松浦鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松浦鉄道株式会社
Matsuura Railway Co., Ltd.
Mr600 SazaStation 0710.jpg
佐々駅停車中のMR-600形
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MR、MR鉄道
本社所在地 日本の旗 日本
857-0862
長崎県佐世保市白南風町1番10号
設立 1987年12月10日
業種 陸運業
事業内容 普通鉄道業
代表者 藤井 隆
資本金 300百万円
発行済株式総数 6,000株
売上高 910百万円(2001年度
総資産 670百万円(2005年度
従業員数 110名
主要株主 長崎県 820株(13.67%)[1]
ラッキー自動車、辻産業、西肥自動車各610株(10.17%)[2]
外部リンク http://www.matutetu.com/
テンプレートを表示
佐世保駅(2006年7月14日撮影)

松浦鉄道株式会社(まつうらてつどう)は、長崎県佐賀県で旧国鉄特定地方交通線の鉄道路線西九州線を運営している長崎県・西肥自動車などが出資する第三セクター方式の鉄道会社である。沿線の住民などから、MRMR鉄道の愛称で親しまれている。

歴史[編集]

路線[編集]

駅一覧等は以下の項目を参照のこと。

沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開通するまでは日本で最西端を走る鉄道であり、途中のたびら平戸口駅が日本最西端の駅であった。なお、沖縄都市モノレール開業後も一般の2本のレールを使用した鉄道としては日本最西端となっている。

佐世保中央駅中佐世保駅間の距離は200 mと路面電車やケーブルカーなどを除けば日本一短い。

なお、開業時から佐世保駅高架化工事による中断(2000年3月から2002年3月)を除いて一部列車が佐世保駅よりJR佐世保線早岐駅(1992年から2000年まではハウステンボス駅)まで乗り入れていたが、2006年3月18日のダイヤ改正よりJRとの相互乗り入れを中止した。

JR九州との相互乗り入れについては、中止の理由が「松浦鉄道の車両の老朽化により故障が多発、安全が確保できない」となっている。これについて、松浦鉄道では開業当初の車両の置き換えを進めるとともに在来車の安全対策も強化することにより、たびら平戸口駅 - ハウステンボス駅間の直通乗り入れを再開したいとし、2009年3月に乗り入れを再開した。なお、松浦鉄道は当初は朝夕の乗り入れを予定していたが、「ダイヤが込む朝夕は難しい」とするJR側との調整が付かず、結局、松浦鉄道側だけから1両編成で昼間にハウステンボス駅まで乗り入れる計画に変更されることになった。2011年3月12日のダイヤ改正からは、運行区間が早岐駅までに短縮された(運行時刻も変更)。

車両[編集]

2013年2月現在、下記の3形式23両が在籍している。MR-600形は日本車輌製造、ほかの車両は新潟鐵工所により製造。開業時の新製車両18両には缶飲料の自動販売機が設置されていたが、その後すべて撤去されている。

車両のカラーリングは路線の多くが海沿いを走ることから、西海のブルーや九十九島の夕映えを表すオレンジ(自社コーポレートカラーでもある)をあしらっているものが多い。MR-100形から500形までの各形式は同じ形式は同じカラーリングでまとめられていたが、MR-600形については増備時期ごとに帯色を変更している。

過去の車両[編集]

いずれもMR-600形の増備に伴って全車両が運用を離脱した。

  • MR-100形(101 - 111・121 - 126) - 前面貫通形、セミクロスシート。外観はNDCシリーズの兄弟形式であるキハ120形と類似。2012年までに全車両運用離脱。
  • MR-200形(201 - 205) - 前面非貫通形、セミクロスシート。2007年に全車両運用離脱。
  • MR-300形(301・302) - 前面非貫通形。当初はクロスシートだったがロングシートに改造された。カラオケ装置を搭載。唯一のオールロングシート車両だった。2007年に全車両運用離脱。

経営[編集]

1988年の開業以来、会長長崎県知事、副会長を佐賀県知事社長佐世保市長が務め、佐世保の主要財界人が軒並み役員を務める体制で運営されてきた。駅数を32から57に増やし、列車の運転間隔も15 - 20分おきにするなどの工夫により、2000年度まで黒字経営を維持。沿線に高校や病院が多いことも幸いし、「三セクの優等生」と言われていた。

だが、沿線自治体は佐々町を除いて過疎化が進行しており、利用客は1996年の年間442万人をピークに減少。2001年以降はついに赤字経営に陥った。このため、長崎・佐賀両県と沿線市町は2006年度から8年間で23億円を支援することを決定した。なお、この際に「支援する側の自治体と、される側の経営者が同一なのはおかしい」との議論がおきたため、両知事と佐世保市長が役員を退任し、民間出身の社長が就任している。

2006年末現在、具体的な廃線議論は起きていないが、沿線自治体の財政力ではさらなる支援は困難と見られ、支援が切れる2014年以降の経営存続が大きな課題となっていた。2013年10月に、2014年度からの10年間で沿線自治体からの総額約15億8千万円の支援が決定し[3]、運賃の値上げや観光路線の強化、商業施設の誘致により赤字を圧縮できる仕組みを進めていき、地域の交通インフラを整備していくことになった。

2009年には、長崎スマートカードを導入したい意向を示し[4]、2011年3月12日から利用が開始された。各車両にカード読取装置を設置の上、各有人駅で長崎スマートカードによる回数券と定期券を発売している。なお、長崎電気軌道と同様に車内でのセルフ積み増しは可能だが、松浦鉄道ではモバイル長崎スマートカードは使えない。

MR旅行サービス[編集]

JR佐世保駅構内で旅行代理店としてMR旅行サービスを営んでいた。自社で海外旅行の主催が可能な第1種旅行業(観光庁長官登録旅行業第1386号)の登録を受けていた。また、松浦鉄道はJR指定旅行会社なのでJR券も発売していた。2012年3月19日をもって旅行業務を終了し、JR佐世保駅構内のMR旅行サービスは閉店した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 財政状況等一覧表(平成19年度)長崎県
  2. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』(電気車研究会・鉄道図書刊行会)
  3. ^ 松浦鉄道に15億8千万円 10年で負担 - 佐賀新聞、2013年10月24日。
  4. ^ 松浦鉄道の最近の取り組み (PDF)

外部リンク[編集]