新宮川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新宮川駅
新宮川駅全景
新宮川駅全景
しんみやかわ - Shin-Miyakawa
上市 (1.8km)
(2.0km) 中加積
所在地 富山県中新川郡上市町中江上
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 本線
キロ程 15.1km(電鉄富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
開業年月日 1913年(大正2年)6月25日

新宮川駅(しんみやかわえき)は、富山県中新川郡上市町中江上にある富山地方鉄道本線である。

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅無人駅である。

駅周辺[編集]

駅周辺に団地が多数造成されたことに対応するため、2000年ごろに、パークアンドライド推進のための駅前駐車場や待合室などが整備された。

  • 上市町立宮川小学校
  • 宮川保育所
  • アーク森尻店(スーパーマーケット。2012年現在、閉店)
  • 上市老人保健施設 つるぎの庭
  • ホワイト急便上市森尻店(クリーニング取り次ぎ)
  • ポプラ上市森尻店(コンビニエンスストア)

歴史[編集]

  • 1913年(大正2年)6月25日 立山軽便鉄道の滑川駅五百石駅間の開通と同時に江上駅(えがみえき)として開業。軌間762mm、動力は蒸気。
  • 1917年(大正6年)6月25日 立山軽便鉄道が立山鉄道(たてやまてつどう)に社名を変更。
  • 1921年(大正10年)2月20日 駅名を宮川駅(みやかわえき)に改称[1]
  • 1924年(大正13年)5月20日 駅名を新宮川駅に改称[2]
  • 1931年(昭和6年)3月20日 富山電気鉄道が立山鉄道を合併。
  • 1931年(昭和6年)11月6日 富山電気鉄道が滑川駅~上市口駅を開業。軌間1067mm、1500V電化。滑川駅~新宮川駅間は立山軽便鉄道の設備を改軌・電化して使用。新宮川駅~上市駅間は廃止し、新宮川駅~上市口駅(現在の上市駅)間は新設。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 富山電気鉄道が富山県内の鉄道会社を合併し富山地方鉄道に社名を変更。
  • 1971年(昭和46年)10月頃 相ノ木駅などと共に会社より廃止方針が示される。その後、地元の反対等により存続となり現在に至る。
  • 1975年(昭和50年)4月10日 現在位置に移転。それまでは、中加積方約350m先に存在した。北陸自動車道建設に伴う移転。
  • 2010年(平成22年)4月1日頃パークアンドライド拡張(駐車台数が2倍程度に拡張)

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
本線
急行(一部)・普通
上市駅 - 新宮川駅 - 中加積駅

脚注[編集]

  1. ^ 官報では3月19日「地方鉄道停車場名改称」『官報』1921年3月30日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 官報では6月1日「地方鉄道駅名改称」『官報』1924年6月11日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献[編集]

  • 『上市町誌』(1970年2月、上市町)
  • 『新上市町誌』(2005年9月、上市町)
  • 『富山廃線紀行』(2008年7月、桂書房)
  • 『日本鉄道旅行地図帳 6号 北信越』(2008年10月、新潮社)
  • 『いこま27 富山地方鉄道』(1994年3月、大阪産業大学 鉄道研究部)