六万寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六万寺駅
ホーム 大町方より
ホーム 大町方より
ろくまんじ - Rokumanji
S08 八栗 (1.0km)
(1.1km) 大町 S10
香川県高松市牟礼町牟礼字下窪1097番地2
駅番号  S09 
所属事業者 高松琴平電気鉄道
所属路線 志度線
キロ程 7.8km(瓦町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
852人/日
-2001年[1]-
開業年月日 1911年(明治44年)11月18日
備考 無人駅

六万寺駅
配線図

八栗駅

STR
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR

大町駅

ホーム 八栗方より

六万寺駅(ろくまんじえき)は、香川県高松市牟礼町牟礼にある、高松琴平電気鉄道志度線である。駅の名称は付近にある六萬寺に由来する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。かつては折り返し列車があった。駅舎はない。無人駅

現在の六万寺駅の位置は、往時とは変わっている。以前は現在駅より南東100m、JA牟礼北側道路との交差点にあった。

直前駅出発通知[編集]

志度方面からの電車が直前の駅である大町を発車すると、『次の電車は大町を発車しました』との表示が、また瓦町方面からの電車が八栗を発車すると『次の電車は八栗を発車しました』と電光掲示で通知する。駅名の部分だけ光る。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1911年(明治44年)11月18日 東讃電気軌道の六萬寺駅として開業。
  • 1914年(大正3年)5月11日 八栗寄りに移転[2]
  • 1916年(大正5年)12月25日 会社合併により四国水力電気の駅となる。
  • 1942年(昭和17年)4月30日 事業譲渡により讃岐電鉄の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)11月1日 高松琴平電気鉄道志度線の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)1月26日 志度線の八栗駅・琴電志度駅間が不要不急線として休止になる。
  • 1949年(昭和24年)10月9日 八栗・琴電志度間の運行再開により牟礼駅として営業を再開。
  • 1955年(昭和30年)2月1日 牟礼駅を六万寺駅に改称[2]
  • 1974年(昭和49年)以前(年不詳) 八栗寄りに100m移転[2]

隣の駅[編集]

高松琴平電気鉄道
志度線
八栗駅 - 白羽駅 - 六万寺駅 - 大町駅

参考文献[編集]

  1. ^ ことでん各駅カルテ 主要駅及び周辺の実態把握調査 (PDF)”. ことでんを核とした公共交通活性化委員会事務局 (2003年2月13日). 2006年6月1日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c 今尾恵介 『日本鉄道旅行地図帳 11号中国四国』 新潮社、2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790029-6

関連項目[編集]