切符

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

切符(きっぷ)またはチケット

  • 特定の物品の購入、交通機関や劇場の利用サービス受給等に際し、その対価を支払い、購入または受給の権利や法律履行の義務を表す証票のこと。明治時代は切符並びに切符売りのことを「テケツ」と呼んでいた。これは英語のTicketが転訛したものである[1][2]
  • 交通機関の運賃・料金証票類。乗車券を参照。
  • 劇場や映画館などの各種有料施設、駅などの利用入場料金証票。入場券を参照。
  • 交通取締における違反切符
  • 統制物品の配給での証票(配給切符)。
  • 比喩的な表現として大会や試合への出場権を得ることを指す場合がある。

切符(きりふ)

  • 中世の日本で用いられた現在の為替手形に相当するもの。割符(さいふ)とも言う。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 思わず人に話したくなる続・日本語知識辞典(学研) 109ページ
  2. ^ 日本語雑記帳(岩波新書) テケツからチケットへ

関連項目[編集]