乙川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乙川駅
駅舎(2011年1月5日)
駅舎(2011年1月5日)
おっかわ - Okkawa
亀崎 (2.6km)
(1.8km) 半田
所在地 愛知県半田市乙川町112
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 武豊線
キロ程 12.8km(大府起点)
電報略号 ツワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,019人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1933年昭和8年)12月7日
備考 駅員無配置駅(集中旅客サービスシステム導入駅)
ホーム。左手が2番線、右手が1番線。
跨線橋から大府方面を望む。

乙川駅(おっかわえき)は、愛知県半田市乙川町にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線である。

大府駅武豊駅を結ぶ武豊線の中間駅(途中駅)の一つで、半田市中部の乙川地区に位置する。

歴史[編集]

乙川駅は、1886年明治19年)の武豊線開通から40年以上経った1933年昭和8年)12月に開業した。1930年代前半に開通した知多鉄道(現・名鉄河和線)への対抗策として実施された気動車列車の運転開始・列車増便(1933年8月実施)にあわせて新設された駅の一つである[1]

同時に開業した他の駅と同じく旅客専用の駅であったが、1944年(昭和19年)から貨物荷物の取り扱いを開始した。しかし他の武豊線の駅と同様に、1975年(昭和50年)に貨物、1984年(昭和59年)には荷物の取り扱いを終了し、開業時と同様の旅客専用の駅となったまま1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化を迎え、JR東海に継承されている。

年表[編集]

貨物営業[編集]

乙川駅は1933年の開業時は貨物を取り扱っていなかったが、上記の通り1944年4月1日より取り扱いを開始した。ただし全種別を取り扱うのではなく、専用線発着の車扱貨物に限定していた[2]。周囲の武豊線の駅と同じように、1975年11月15日に貨物の取り扱いを終了している。

駅に接続する専用線は、駅の南側に工場がある輸送機工業のものがあった。専用線は同社が前身の中島飛行機半田製作所であった1944年に敷設された[6]。同線は1970年の専用線一覧表[7]によれば、作業キロが0.7km、総延長キロが2.0kmであった。

駅構造[編集]

乙川駅は、ホームが地面に接する地上駅という形態をとる。ホームは2面あり、2本の線路を挟んで配置されている[8]相対式ホーム)。南北2つある乗り場のうち、北側が上り列車(大府方面行き)が発着する1番線、南側が下り列車(武豊方面行き)が発着する2番線である。単線の武豊線上にある交換駅であり、列車の交換が可能である。

駅舎は上りホーム側(1番線)にあり、2つのホームを結ぶ跨線橋が設置されている[8]無人駅(駅員無配置駅)[8][9]で、管理駅である大府駅の管理下にある[10]。JR東海は2013年10月1日より当駅を含む6駅について「集中旅客サービスシステム」を導入し、自動券売機自動改札機を整備した上で遠隔案内によって一括的に管理されるようになった[4][5]

利用状況[編集]

旅客[編集]

2011年度の乗車人員は、1日平均1,019人であった[11]。この数値は、武豊線の9駅(大府駅を除く)の中では亀崎駅東浦駅半田駅緒川駅に次いで5番目に多い。

1950年以降乗車人員は増加し、1967年度には1日平均1,202人に達した。しかしこの数値を頂点として(一時期を除いて)減少していき、1989年度に1950年度以降の最低値である1日平均480人を記録した。次年度からは増加に転じ、2006年度からは1日平均1,000人を超えて1960年代の水準を回復している。

1日平均の乗車人員の推移
年度 乗車人員 出典・備考
1950年度 769人 [12]
1951年度 948人 [13]
1952年度 910人 [14]
1953年度 954人 [15]
1954年度 920人 [16]
1955年度 880人 [17]
1956年度 948人 [18]
1957年度 993人 [19]
1958年度 989人 [20]
1959年度 1,025人 [21]
1960年度 1,150人 [22]
1961年度 1,093人 [23]
1962年度 1,054人 [24]
1963年度 1,133人 [25]
1964年度 1,117人 [26]
1965年度 1,164人 [27]
1966年度 1,148人 [28]
1967年度 1,202人 1950年度以降最大値[29]
1968年度 1,148人 [30]
1969年度 1,009人 [31]
1970年度 910人 [32]
1971年度 853人 [33]
1972年度 814人 [34]
1973年度 803人 [35]
1974年度 848人 [36]
1975年度 854人 [37]
1976年度 870人 [38]
1977年度 806人 [39]
1978年度 768人 [40]
1979年度 753人 [41]
1980年度 667人 [42]
1981年度 616人 [43]
1982年度 584人 [44]
1983年度 542人 [45]
1984年度 508人 [46]
1985年度 513人 [47]
1986年度 482人 [48]
1987年度 509人 [49]
1988年度 535人 [50]
1989年度 480人 1950年度以降最低値[51]
1990年度 644人 [52]
1991年度 694人 [53]
1992年度 765人 [54]
1993年度 805人 [55][56]
1994年度 885人 [57][56]
1995年度 882人 [58][56]
1996年度 814人 [59][60]
1997年度 798人 [61][60]
1998年度 767人 [62][63]
1999年度 771人 [64][65]
2000年度 773人 [65]
2001年度 820人 [65]
2002年度 837人 [66]
2003年度 860人 [66]
2004年度 870人 [66]
2005年度 921人 [67]
2006年度 1,002人 [67]
2007年度 1,079人 [67]
2008年度 1,102人 [68]
2009年度 1,049人 [68]
2010年度 1,069人 [68]
2011年度 1,019人 [11]

貨物・荷物[編集]

1950年度から1975年度(1975年11月取扱廃止)までの貨物の取扱量(発送および到着トン数)と、1972年度から1983年度(1984年2月取扱廃止)までの荷物の取扱量(発送および到着個数)は以下の表に示すとおりに推移していた。

貨物取扱量・荷物取扱量の推移
年度 貨物 荷物
発送 到着 発送 到着
1950年度 3,728t 4,285t
1951年度 4,031t 10,304t
1952年度 1,797t 4,513t
1953年度 2,602t 9,689t
1954年度 3,571t 9,623t
1955年度 2,008t 5,060t
1956年度 6,743t 6,215t
1957年度 5,454t 10,001t
1958年度 2,999t 5,145t
1959年度 3,571t 8,485t
1960年度 5,097t 3,959t
1961年度 2,782t 2,231t
1962年度 4,202t 2,625t
1963年度 5,299t 1,254t
1964年度 4,718t 862t
1965年度 3,288t 410t
1966年度 6,064t 817t
1967年度 5,549t 1,739t
1968年度 5,897t 1,571t
1969年度 2,475t 1,723t
1970年度 598t 281t
1971年度 6,272t 384t
1972年度 679t 1,760t 5,747個 2,833個
1973年度 6,638t 338t 5,512個 2,849個
1974年度 6,867t 231t 5,149個 2,878個
1975年度 2,825t 102t 3,717個 2,722個
1976年度 3,319個 2,553個
1977年度 3,359個 2,527個
1978年度 3,156個 2,475個
1979年度 2,814個 2,800個
1980年度 2,604個 2,606個
1981年度 1,822個 2,653個
1982年度 1,193個 2,521個
1983年度 316個 2,010個
※出典は乗車人員の推移に同じ。

停車列車[編集]

乙川駅には、武豊線で運行されている普通列車東海道本線名古屋駅直通の区間快速(武豊線内では各駅停車)の2種類の旅客列車が停車し、概ね1時間に2本(ラッシュ時は3本)の頻度で列車が発着する。朝時間帯に運行されている快速列車は停車しない。

駅周辺[編集]

乙川駅から見たパワードーム半田

バス路線[編集]

駅北西側の乙川新町交差点付近に「乙川新町」、駅北東側交差点付近に「乙川駅前」というバス停留所(バス停)があり、半田市中心部にある名古屋鉄道(名鉄)の知多半田駅と市北部を結ぶ知多乗合(知多バス)の路線バスが両停留所を経由している。路線と主な行き先は以下の通り。

その他[編集]

2駅南側にある武豊線東成岩駅から衣浦港中央埠頭にある半田埠頭駅へ至る衣浦臨海鉄道半田線1975年(昭和50年)に開業したが、当初の計画ではこの乙川駅から中央埠頭を経て東成岩駅へ接続し、実際に開業した新半田駅と半田埠頭駅に加えて「新乙川駅」を開設する予定であった[69]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
武豊線
快速
通過
区間快速・普通
亀崎駅 - 乙川駅 - 半田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新修半田市誌』本文篇中巻、353-358頁
  2. ^ a b c d e f g h i 『停車場変遷大事典』2、115頁
  3. ^ a b c d 『武豊線物語』、23-25・185頁
  4. ^ a b 武豊線への集中旅客サービスシステムの導入について - 東海旅客鉄道ニュースリリース 2012年11月15日
  5. ^ a b 武豊線 集中旅客サービスシステムの使用開始について - 東海旅客鉄道ニュースリリース 2013年8月22日
  6. ^ 『武豊線物語』
  7. ^ 「昭和45年版の全国専用線一覧表」(『トワイライトゾーンMANUAL』12に収録)
  8. ^ a b c 『東海道ライン全線・全駅・全配線』、26・47頁
  9. ^ 『東海旅客鉄道20年史』、732頁
  10. ^ [1]
  11. ^ a b 『知多半島の統計』平成25年版、43頁
  12. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和27年度刊、326頁
  13. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和28年度刊、310頁
  14. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和29年度刊、329頁
  15. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和30年度刊、305頁
  16. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和31年度刊、303頁
  17. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和32年度刊、319頁
  18. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和33年度刊、335頁
  19. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和34年度刊、379頁
  20. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和35年度刊、292頁
  21. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和36年度刊、261頁
  22. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和37年度刊、325頁
  23. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和38年度刊、297頁
  24. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和39年度刊、299頁
  25. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和40年度刊、263頁
  26. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和41年度刊、239頁
  27. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和42年度刊、262頁
  28. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和43年度刊、192頁
  29. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和44年度刊、196頁
  30. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和45年度刊、204頁
  31. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和46年度刊、228頁
  32. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和47年度刊、237頁
  33. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和48年度刊、217頁
  34. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和49年度刊、214頁
  35. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和50年度刊、221頁
  36. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和51年度刊、225頁
  37. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和52年度刊、217頁
  38. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和53年度刊、231頁
  39. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和54年度刊、233頁
  40. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和55年度刊、221頁
  41. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和56年度刊、227頁
  42. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和57年度刊、239頁
  43. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和58年度刊、223頁
  44. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和59年度刊、223頁
  45. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和60年度刊、241頁
  46. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和61年度刊、235頁
  47. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和62年度刊、223頁
  48. ^ 『愛知県統計年鑑』昭和63年度刊、223頁
  49. ^ 『愛知県統計年鑑』平成元年度刊、225頁
  50. ^ 『愛知県統計年鑑』平成2年度刊、223頁
  51. ^ 『愛知県統計年鑑』平成3年度刊、225頁
  52. ^ 『愛知県統計年鑑』平成4年度刊、229頁
  53. ^ 『愛知県統計年鑑』平成5年度刊、221頁
  54. ^ 『愛知県統計年鑑』平成6年度刊、221頁
  55. ^ 『愛知県統計年鑑』平成7年度刊、239頁
  56. ^ a b c 『知多半島の統計』平成9年版、46頁
  57. ^ 『愛知県統計年鑑』平成8年度刊、241頁
  58. ^ 『愛知県統計年鑑』平成9年度刊、243頁
  59. ^ 『愛知県統計年鑑』平成10年度刊、241頁
  60. ^ a b 『知多半島の統計』平成11年版、46頁
  61. ^ 『愛知県統計年鑑』平成11年度刊、241頁
  62. ^ 『愛知県統計年鑑』平成12年度刊、239頁
  63. ^ 『知多半島の統計』平成12年版、46頁
  64. ^ 『愛知県統計年鑑』平成13年度刊、240頁
  65. ^ a b c 『知多半島の統計』平成15年版、46頁
  66. ^ a b c 『知多半島の統計』平成18年版、114頁
  67. ^ a b c 『知多半島の統計』平成21年版、43頁
  68. ^ a b c 『知多半島の統計』平成24年版、43頁
  69. ^ 『新修 半田市誌』本文篇中巻、538頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]