高尾登山電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高尾登山電鉄株式会社
Takaotozan Railway Co.,Ltd
「あおば」号「もみじ」号
「あおば」号・「もみじ」号
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
193-8511
東京都八王子市高尾町2205
設立 1921年大正10年)9月29日
業種 陸運業
事業内容 鋼索鉄道、索道、食堂、猿園・野草園、不動産賃貸業他
代表者 取締役社長 大野 彰
資本金 1億円
主要株主 武蔵野不動産株式会社 34.33%
京王電鉄株式会社 25.32%
株式会社みずほ銀行 5.0%
AIGスター生命保険株式会社 5.0%
宗教法人高尾山薬王院 4.36%
(2006年3月31日現在)
外部リンク 高尾登山電鉄
テンプレートを表示

高尾登山電鉄株式会社(たかおとざんでんてつ)は、東京都八王子市高尾山ケーブルカーリフトを営業している鉄道会社。本社は東京都八王子市高尾町2205番地。武蔵野不動産の子会社。京王電鉄も出資しているが京王グループには属していない。

歴史[編集]

高尾山のケーブルカーは高尾山薬王院の27世貫首・武藤範秀の発案によるものとされている。当時、高尾山薬王院の信徒は30万人といわれており、参拝をするために中央本線浅川駅(現在の高尾駅)から高尾山山麓まで歩き、さらに険しい山道を登るという苦難を強いられていた。この状況に武藤は高尾山への交通機関の必要性を唱え、元浅川村長・高城正次ら地元有力者とケーブルカーの敷設免許を申請した。この後武藤は1年間にわたり宗教事情調査のためインド欧州にいき、その際見聞したケーブルカーの資料を高城らにおくり、計画を推進した結果1921年(大正10年)8月になりケーブルカー事業免許が下付されることになった。9月に高尾索道株式会社を資本金30万円で設立し、初代社長に紅林七五郎[1]が就任した。しかし、開業までには時間を要した。高尾山は官有林であり、宮内省帝室林野管理局の管轄にあった、そのため森林の伐採や用地の借用に煩雑な手続きと手間を必要とした。さらに、当時国内で開業していたケーブルカーは生駒鋼索鉄道のみであり、技術的な問題もあった。その上関東大震災により高尾山駅予定地が崩壊したため経路の変更などを余儀なくされ、苦難の末ようやく1925年(大正14年)6月30日に工事に着手し、1927年(昭和2年)1月に開業した。

ところがまもなく昭和金融恐慌になり不況がおとずれ輸送人員は伸び悩んだ。加えて高騰した建設費(約74万円)のための増資(資本金60万円)も不況により払込が芳しくなく借入金頼りであったため、その支払利息は昭和12年度まで営業収益の50%をこえていた。ついに累積欠損金補填のため1934年(昭和13年)11月に資本金を12万円減資して48万円とする始末となった。

そんな時に日華事変が起こり戦時体制になっていくと、高尾山には戦勝祈願や武運長久を願う人が集まるようになり、ケーブルカーも活況を呈するようになる。経営は安定し創立以来はじめて三分配当をおこなえるようになった。ところがこの時期は長くなく戦局の悪化により全国のケーブルカーは不要不急線として休止が求められた。こうして1944年(昭和19年)1月の臨時株主総会で2月より営業を休止することを決議し、施設を産業設備営団に売却することになった。

ケーブルカー[編集]

2008年12月23日から4代目車両が導入された。京王重機整備製で、先代の愛称だった「あおば」と「もみじ」を引き継いでいる。なお、車両入れ替えのため同月8日から22日まで運休していた。

2008年12月7日まで使用されていた車両は1968年に日立製作所で製造された。定員135名で、近年塗装を変更していた。

路線データ[編集]

高尾登山電鉄
路線総延長 ケーブルカー 1.0km リフト 0.872 km
軌間 ケーブルカー 1067 mm
停車場・施設・接続路線
京王高尾線
KBHFr
高尾山口駅
uWSLa
山麓駅 0.0km
uSTR+BSlr ENDEa+BSalr
0.0km 清滝駅
uSTR STR+BSlr
リフト
uSTR TUNNEL1
ケーブルカー
uSTR STR
uSTR STR
uSTR vSTRa
uSTR vSTRe
uSTR BRÜCKE
uSTR BRÜCKE
uSTR TUNNEL1
uSTR STR+BSlr
山上駅 0.872km
uSTR+BSlr ENDEe+BSelr
1.0km 高尾山駅
uWSLe
  • 路線距離(営業キロ):1.020km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 高低差:271m
  • トンネル:2箇所(洗心堂トンネル87m(山麓側)、有喜洞トンネル60m(山頂側))

途中、608(31度14分)という、鉄道事業法準拠の日本の鉄道における最急勾配が存在する。なお、同法に準拠しないケーブルカーにはさらに急勾配のものが存在する(宮ヶ瀬ダムインクラインの35度)。最緩勾配は105‰とケーブルカーとしてはかなり緩く、走行中の車体の傾斜の変化が大きい。

運行形態[編集]

15分間隔で運行。所要時間6分。

通常時は月によって異なり朝8:00から17:15 - 18:30までの運行だが、夏季の「高尾山ビアマウント」開催時は21:15まで延長運転する(悪天候などで中止した時は通常時と同じ時間で運行)また、大晦日から元日にかけては、初詣初日の出の参拝客輸送のため終夜運転を実施する。

また、上記の初詣時期や、新緑紅葉時期など多客期には7分30秒間隔で運行する場合がある。

駅一覧[編集]

清滝駅 - 高尾山駅

清滝駅前から

接続路線[編集]

リフト[編集]

エコーリフト(2005年11月)

2人乗り。「エコーリフト」の名称が付けられている。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):872m
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 高低差:237m
  • リフト数:168台

運行形態[編集]

営業時間9:00 - 16:30(冬期は16:00、休日は延長あり)。所要時間12分。

駅一覧[編集]

山上駅

接続路線[編集]

運賃など[編集]

2014年4月1日改定[5]

  • 大人 片道480円・往復930円、小児 片道240円・往復460円(ケーブルカー・リフトとも同額)

このほかに団体運賃、定期券などがあるほか、京王電鉄各駅(高尾山口駅を除く)で高尾登山電鉄と京王電鉄の乗車券がセットになった「高尾山きっぷ」という割引乗車券を発売している[6]

ICカードの対応[編集]

2010年1月23日から、ケーブルカー・リフトとも、乗車券の購入にPASMOSuicaも利用できるようになった。当初は窓口での対応だったが、同年2月上旬からは自動券売機でも対応できるようになった。なお、高尾登山電鉄には自動改札機・簡易型自動改札機は設置されていないため、自動券売機または窓口での乗車券引き換えの対応となる。また、自動券売機はチャージに対応しないため[7]、別に設置されたチャージ機にて入金する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『帝国銀行会社要録 : 附・職員録. 大正11年(第11版)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 「軌道免許状下付」『官報』1921年8月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第30回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年1月28日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ 鉄道運賃の認可および改定について - 高尾登山電鉄、2014年3月7日(2014年4月8日閲覧)
  6. ^ おとくなきっぷ - 京王グループホームページ
  7. ^ 高尾登山電鉄の乗車券購入でPASMOが使えるようになります! (PDF)

参考文献[編集]

  • 『高尾登山電鉄復活30年史』1979年、14-17、84-85頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]