箸蔵登山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

箸蔵登山鉄道(はしくらとざんてつどう)は、かつて徳島県三好市池田町の土讃本線箸蔵駅に近接した赤鳥居駅を起点とし、真言宗別格本山箸蔵寺の入り口である仁王門駅までを結んでいた鋼索鉄道(ケーブルカー)の運営会社である。

1929年に開設された箸蔵駅から、寺へのアクセスを図るべく1930年に敷設された。太平洋戦争が深刻化した1944年、鉄材供給のため不要不急線指定を受けて廃止となった。

なお戦後の寺へのアクセスは、1971年に開業した四国ケーブル索道(リフトとロープウェイ)でなされていたが、老朽化のため1998年に廃止され、翌1999年に開業した箸蔵山ロープウェイの新索道線に代替された。

路線データ[編集]

  • 路線距離:赤鳥居駅 - 仁王門駅間0.4km
  • 駅数:2
  • 方式:単線2両交走式
  • 軌間:1067mm

運行概要[編集]

1934年12月1日当時

  • 運行本数:7時5分から20時5分まで30分間隔。繁忙期には5時35分から23時35分まで5分ないし10分間隔
  • 所要時間:5分

沿革[編集]

駅一覧[編集]

赤鳥居駅 - 仁王門駅

接続路線[編集]

輸送・収支実績[編集]

年度 乗客(人) 営業収入(円) 営業費(円) 益金(円) 支払利子(円)
1931 107,258 16,540 12,594 3,946 9,843
1932 70,569 10,626 10,959 ▲ 333 10,354
1933 50,272 9,208 9,237 ▲ 29 267
1934 58,637 9,208 9,237 ▲ 29 267
1935 60,854 9,058 9,095 ▲ 37 403
1936 69,333 9,856 9,593 263 238
1937 67,281 10,243 9,855 388 256
  • 鉄道統計資料、鉄道統計各年度版
  • 1933-1934年度の営業収支は内訳も含めすべて同一であり疑問がある

その他[編集]

起点となる赤鳥居駅の駅舎は、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅のような、龍宮を模したものになっていた。

脚注[編集]

  1. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1927年7月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1930年6月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道運輸営業廃止」『官報』1944年4月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)