近鉄生駒鋼索線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近畿日本鉄道 生駒鋼索線
路線総延長 2.0 km
軌間 1067 mm
leer
生駒駅
tSTReq
STRq
けいはんな線
tSTReq
ABZq+r
奈良線
STRlf
生駒線
0.0 鳥居前駅
SKRZ-G1BUE SKRZ-G1BUE
鳥居前1号踏切
SKRZ-G1BUE SKRZ-G1BUE
鳥居前2号踏切
STRrg ABZrf ABZlf STRlg
SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE
鳥居前3号踏切
STRlf ABZlg ABZrg STRrf
STR STR
左:2号線/右:1号線
STR STR
宝山寺線
0.9 宝山寺駅
山上線
TUNNEL1
SKRZ-GDBUE
宝山寺1号踏切
BHF
1.2 梅屋敷駅
SPLa
SPLe
BHF
1.6 霞ヶ丘駅
SKRZ-GDBUE
霞ヶ丘1号踏切
STR
KBHFe
2.0 生駒山上駅

生駒鋼索線(いこまこうさくせん)は、奈良県生駒市鳥居前駅から宝山寺駅を経て生駒山上駅までを結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鋼索鉄道(ケーブルカー)線。生駒ケーブルとも呼ばれる。

概要[編集]

鳥居前駅 - 宝山寺駅間の宝山寺線(ほうざんじせん)、宝山寺駅 - 生駒山上駅間の山上線(さんじょうせん)の2区間からなる。宝山寺線は日本最初の営業用ケーブルカーで、生駒聖天と呼ばれている宝山寺への足であり、山上線は生駒山上にある遊園地「生駒山上遊園地」への足となっている。

宝山寺線は、2つのケーブルカーが並ぶ複線だが、運用上はそれぞれが分離された単線並列形態で、それぞれ宝山寺1号線・宝山寺2号線と呼ばれている。山上線は1つのケーブルカーからなる単線で2つの途中駅がある。通常は宝山寺1号線と山上線だけが運行され、正月などの多客期には宝山寺2号線も同時に運行されるほか、宝山寺1号線の点検時も宝山寺2号線が代わって運行される。通常、宝山寺1号線の点検は毎週木曜日に実施される。

宝山寺線は沿線がマンションも建つなど住宅地化されているため、ケーブルカーとしては珍しく立派な通勤通学路線として機能している。住宅地を通過するために踏切も3箇所存在し、そのうち1箇所(鳥居前3号踏切)は自動車が通過可能である。また、山上線にも歩行者専用の踏切が2箇所存在する。

なお、運賃は鋼索線特有の特殊運賃が適用されている。生活路線でもあるにもかかわらず、乗車券の磁気化は行われておらず、自動改札機も無い。以前は自動券売機パールカードが使えたが現在は使えない。スルッとKANSAIJスルーカードも利用することができず、以前発売されていた近鉄他線各駅からの連絡乗車券も2000年3月18日以降は発売されておらず、生駒駅までの乗車券を購入の上、鳥居前駅で新たに買い直すことになっている。なお、スルッとKANSAIの3Day・2Dayチケットは提示で利用が可能である。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):
    • 宝山寺線:鳥居前駅 - 宝山寺駅間 0.9km
    • 山上線:宝山寺駅 - 生駒山上駅間 1.1km
  • 方式:
    • 宝山寺線:単線2両交走式×2
    • 山上線:単線2両交走式
  • 軌間:宝山寺線・山上線とも1067mm
  • 駅数:5駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:鳥居前駅 - 宝山寺駅間(正確には単線並列。行き違いが行われる中間地点は見かけ上、複々線)
  • 高低差:宝山寺線146m、山上線322m

全線、大阪輸送統括部(旧上本町営業局)の管轄である。

踏切[編集]

鳥居前3号踏切
  • 宝山寺線
    • 鳥居前1号踏切(第1種甲・歩行者専用)
    • 鳥居前2号踏切(第1種甲・歩行者専用)
    • 鳥居前3号踏切(第1種甲・大型車以外の車両通行可能)
      • 大型自動車は通行禁止であるが普通自動車は通行できる。宝山寺線の中間地点でもあり、この踏切上で車両が対向する。対向地点はレールとレールの間にケーブルが1本しか通らないことや片方のレールの両側には溝が不要なことなどが、自動車通過可能な理由である。
  • 山上線
    • 宝山寺1号踏切(第3種・歩行者専用)
    • 霞ヶ丘1号踏切(第3種・歩行者専用)

運行形態[編集]

宝山寺線[編集]

生駒山中腹の住民にとっての通勤・生活路線であることから、運行時間帯は6時台前半から23時台後半までと長い。このほか大晦日から元旦にかけては終夜運転を行なう。通常は宝山寺1号線のみの運行で、運転間隔は朝ラッシュ時は15分毎、日中から夜間にかけては20分毎、深夜30分毎となっている。所要時間5分。前記の終夜運転時間帯や正月の初詣時期などは宝山寺2号線も運行され、ピストン運転となる。GW夏休みなどの繁忙期には10分間隔の運転も行う。

山上線[編集]

日中(9 - 18時台)のみの運転で、運転間隔は40分毎である。所要時間7分。児童の遠足など団体客があるときには臨時列車が設定される。また、生駒山上遊園地のナイター営業時には夜間も20分間隔で運転されるほか、GWや夏休みなどの繁忙期には10分間隔の運転を実施、さらに1月1日(元日)の未明から朝にかけては生駒山から初日の出を拝む客のために朝5:30過ぎから頻発運転が行なわれる。

通常は普通のみであるが、前述の夜間延長運転時と臨時列車については途中駅に停車しない直行として運転される(2006年度以前は直行の定期運転があった)。ただ、最近では土休日に生駒山上遊園地の営業時間にあわせて40分間隔で直行が運転されることが多くなっており、このときは普通と直行が20分間隔で交互に運転される。

使用車両[編集]

いずれも近畿車輛製、制動装置はテオドル・ベル式で、警笛もアーバンライナー以降の特急車で使われている電気笛である(ただしコ3形「ゆめいこま」は通勤車と同じ警笛である)。

宝山寺1号線・山上線のコ11形・コ15形、宝山寺2号線のコ3形とも全車非冷房車ではあるが、コ11形・コ15形にはラインデリアが、コ3形には扇風機が装着されている。車番が偶数の車両は山上側に荷台を連結できる。

宝山寺1号線・山上線[編集]

宝山寺1号線は、開業当初の木造車両を1928年に車体更新したコ1形「いのり」(車番は1)「めぐみ」(車番は2)が使われ、日本で現役最古のケーブル車両として有名だったが、2000年に山上線のコ5形「こぐま」(車番は5)「はくちょう」(車番は6)とともに新型車両に置き換えられた。コ5形は同時期に製造された宝山寺2号線のコ3形とほぼ同型の車体であるが車体長が長く、山上側のフロントガラスがコ3形よりも下に寄っているものだった。引退したコ1形1両が現在、生駒山麓公園に保存されている。

2000年から運行されている車両は宝山寺1号線が、1999年7月にオープンした「IPCわんにゃんふれあいパーク」(2003年に「IPCペットふれあいの森」と名称変更)にちなんで、車掌の帽子をかぶったブルドッグ)を模した「ブル」、双眼鏡で景色を覗いた三毛猫を模した「ミケ」(共にコ11形で、車番は「ブル」が11、「ミケ」が12で、これは廃止になった東信貴鋼索線の車両コ9形9・10の続番となっている)であり、山上線が音楽会と誕生日会をイメージしたもので、オルガンを模した「ドレミ」、バースデーケーキを模した「スイート」(共にコ15形で、車番は「ドレミ」が15で「スイート」が16)である。

この4台の車両には、それぞれイルミネーションがあり、「ブル」は目と帽子の帯周りに、「ミケ」は耳と双眼鏡の枠に、「ドレミ」はト音記号五線譜の上と下の部分に、「スイート」はろうそくの部分とケーキのクリームの部分にそれぞれ電飾が付いている。また、かつては4台共通として、天窓の部分にも電飾があったが後に撤去された。「ドレミ」には前面に楽譜を掲示しているが、曲名は山の音楽家である。「ドレミ」のテーマ曲であり、生駒山上行きは宝山寺 - 梅屋敷間で、宝山寺行きは生駒山上 - 霞ヶ丘間でこの曲が流れ、直行の場合は駅を出発してから行き違う直前までこの曲が流れる。なお、「スイート」は「ドレミ」と行き違う直前でこの曲が流れる。

コ11形は片側2か所、コ15形は片側3か所の乗降扉があるが、冬季には車内保温のために扉を半自動扱いにする(ただし正月のピストン運転時は半自動扱いされない)ため、扉横に開閉ボタンが設置されている。半自動扱いは鳥居前駅・宝山寺駅・生駒山上駅のみ実施するが、扉をすべて開けて乗客を降ろし、その後扉を一旦閉めて半自動扱いとなる。ただしコ15形の場合、中扉にボタンがないため半自動扱い時は中扉を締め切り乗降口は2箇所となる。発車時間が近づくと一旦すべての扉を開け、発車時間になるとすべての扉を閉める。

窓は下段が開閉可能な2段窓であるが、手挟み事故による怪我防止のために乗務員席以外の下段の窓枠に5cmほどのストッパーを設置して完全に閉まらなくしている。なお、この隙間部分にはゴムで隙間を埋める形となっている。

コ11・コ15形は山上側の乗務員席周辺をのぞき、座席はすべて山下側に向いたクロスシートであり、2人-1人掛けで配置されている。ただし、乗務員席の後ろの座席は3人掛けである。また、コ11形には補助シートが設置されている。コ15形の座席については、乗務員席周辺をのぞき壁に対して直角ではなく若干斜め向けに設置されている。

壁については、「ブル」がベージュ基調、「ミケ」が桃色基調の模様入りであり、「ドレミ」は緑系・「スイート」は桃色の単色である。登場時は天井付近に車両の名前や、イラストや文字などのシールがたくさん貼られていたが、天窓のイルミネーション撤去と同時にすべて取り外された。なお、2011年現在も、天井付近をよく見てみると、これらのシールが貼っていた跡が残っていることがわかる。

「ブル」と「ミケ」には独自の車内アナウンスとBGMがある。車内アナウンスは「ブル」が男性の声、「ミケ」が女性の声となっており、内容はケーブルカー車両・生駒山上遊園地の紹介や生駒ケーブルの大まかな歴史などである。BGMは「ブル」が「ピクニック」、「ミケ」が「ねこふんじゃった」で、それぞれ車両の行き違い直前まで流れる。そして車両が行き違う際には告知のアナウンスの後車内で互いの鳴き声を発する(挨拶を交わしているということらしい)。なお、通勤通学時間帯や早朝夜間時間帯は通常のアナウンスとなり、BGM・鳴き声は鳴らさない。また、冬季は時間帯に関係なく通常のアナウンスとなる。

「ドレミ」と「スイート」にも独自の車内アナウンスとBGMがあり、車両が行き違う際、「スイート」では車内でファンファーレが鳴り、拍手と歓声が鳴る。「ドレミ」は「スイート」の逆で拍手と歓声が鳴り、ファンファーレが鳴る。宝山寺線とは異なり、季節や時間帯に関係なくBGMは鳴らしている。

集電装置はパンタグラフで、コ11形とコ15形はシングルアーム式が1基設置されているが、正面から見て中央に設置せずに山上側の正面から見て右寄りに・ふもと側の正面から見て左寄りに設置されている。これはかつて使われていたコ1形・コ5形が電源供給とは別に通信用に専用のパンタグラフと架線が使われていた名残である。コ1形・コ5形の現役時代末期に通信機器の無線化によって、通信用のパンタグラフと架線が撤去された。

山上線は運行本数が少なくなるために収容力を大きくしているため、宝山寺線よりも車体長が長い。また、宝山寺線よりも車体の角度が急になっているために現在の「ドレミ」と「スイート」でも山上側とふもと側とで前面の印象が異なっている。コ5形の現役時代は梅屋敷駅と霞ヶ丘駅を利用する際は普通に乗車の上あらかじめ車掌に申し出る必要があったほか、コ5形の車内にはバスと同様の降車ボタンが設置されていた。

宝山寺2号線[編集]

宝山寺2号線は営業再開時に導入された1953年製の在来車コ3形(2代。車番は3と4)のままで、車番3が「すずらん」、車番4が「白樺」と称している。カラーリングは「すずらん」がクリーム色と朱色のツートンカラーで、「白樺」はクリーム色と紺色のツートンカラーである。なお、白樺だけなぜ漢字なのかというと、平仮名にして反対から読むと、“ばからし”となってしまうからといわれている)。

1999年10月[1]からツートンカラーの朱色は赤に、紺色は青に変更し、生駒山上遊園地をイメージしたイラストのラッピングを施した上で2両とも「ゆめいこま」という愛称がつけられたが、2013年8月に生駒ケーブル開業95周年を記念して、ラッピングの撤去と塗装を復元した上で再び「すずらん」と「白樺」の名称が与えられた[2]。ただし、すずらんと白樺のイラストや文字のフォントが「ゆめいこま」と称される前と異なっている。座席はボックスシートであるが、乗務員席の周辺には設置されていない。

コ3形はひし形パンタグラフが前後に2基、横に2基ずつ並べた形で計4基設置されていた。山上側の先頭から見て右側のパンタグラフは電源供給用で、左側のパンタグラフは通信用であった(これらはコ1・コ5形も同様であった)が、「ゆめいこま」と称されるととも通信機器の無線化に伴い、通信用の2基が撤去された。このときに、天窓のガラスも青色からグレー系に変更されている。

製造当初は手動ドアであったが、1969年6月に山上線のコ5形と共に自動扉に改造され、暖房機器と扇風機の設置改造も行われた。なお、この改造から3か月後に宝山寺線のコ1形もコ3形と同様の改造が行われた。

コ3形には専用の車内アナウンスとBGMがあり、宝山寺行きはコ11形、コ3形ともに行き違いを終えた後に開業日についてアナウンスするが、コ11形では『大正7年開業以来…』とアナウンス(大正7年の「7」は、ブルでは「しち」、ミケでは「なな」とアナウンスする)するのに対し、コ3形では『大正7年8月29日に…』とアナウンスする。また、鳥居前駅での乗り換えのアナウンスは、コ11形では『難波奈良京都方面』とアナウンスするに対し、コ3形では『大阪難波尼崎三宮、奈良、王寺学研奈良登美ヶ丘コスモスクエア方面』とアナウンスしており、アナウンスの内容はコ11形よりも詳細になっている。なお、コ3形で流れるBGMは西信貴鋼索線と同じである。

2005年に屋島ケーブル(車両は1950年製)が廃止になってからはコ3形が日本のケーブルカーで最古の現役車両となっている。ただし、台車については別府ラクテンチケーブル線(1951年製。車体は1974年製)に次いで2番目に古い。

歴史[編集]

1918年に開業した直後の生駒鋼索線

宝山寺線は近鉄の前身である大阪電気軌道の系列会社の生駒鋼索鉄道により、宝山寺への参拝客を見込んで、山上線は生駒山上に建設された遊園地のためのアクセス路線として大阪電気軌道によってそれぞれ開業した。なお、大阪電気軌道は開業直後の資金難のときに、宝山寺から賽銭を融通してもらったことがあり、ケーブル敷設はその時の返礼も兼ねていた、とも言われている。

  • 1918年(大正7年)8月29日:生駒鋼索鉄道が鳥居前駅 - 宝山寺駅間を開業。
  • 1922年(大正11年)1月25日:大阪電気軌道が生駒鋼索鉄道を合併。
  • 1926年(昭和元年)12月30日:宝山寺2号線が開業し、鳥居前駅 - 宝山寺駅間複線化。
  • 1929年(昭和4年)3月27日:山上線 宝山寺駅 - 生駒山上駅間が開業する[3]
  • 1944年(昭和19年)
    • 2月11日:山上線が不要不急線として休止。
    • 7月:宝山寺2号線が休止(設備撤去)され、宝山寺線単線化。
  • 1945年(昭和20年)8月1日:山上線の運行再開。
  • 1953年(昭和28年)4月1日:宝山寺2号線運転再開(宝山寺線複線化)。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月1日:宝山寺線で新車両ブル・ミケ運転開始。
    • 3月6日 - 3月17日:山上線が車両入換工事のため運休。
    • 3月18日:山上線で新車両ドレミ・スイート運転開始。2区普通運賃を大人片道540円から350円に値下げ、1区普通運賃は280円に据え置き。普通券・回数券・団体券について、生駒駅を介しての鉄道線との連絡乗車券の発売を中止(連絡定期券は発売継続)。

駅一覧[編集]

全駅奈良県生駒市に所在。

宝山寺線[編集]

駅名 営業キロ 接続路線
鳥居前駅 0.0 近畿日本鉄道:奈良線けいはんな線生駒線生駒駅
宝山寺駅 0.9 近畿日本鉄道:生駒鋼索線(山上線)

山上線[編集]

  • 営業キロは宝山寺線から通算。
  • 凡例…●:停車、|:通過
  • 普通列車は各駅に停車するため省略。
駅名 駅間キロ 営業キロ 直行 接続路線
宝山寺駅 - 0.9 近畿日本鉄道:生駒鋼索線(宝山寺線)
梅屋敷駅 0.3 1.2  
霞ヶ丘駅 0.4 1.6  
生駒山上駅 0.4 2.0  
  • 梅屋敷駅・霞ヶ丘駅は階段がある歩行者専用の生駒登山道の途中にあり、車では向かうことは不可能である。なお、許可車両が4輪駆動車である場合は近くに行くことはできる。

運賃[編集]

大人片道の普通運賃は以下の通り(2014年4月1日改定。単位:円)[4]

鳥居前駅
290 宝山寺駅
360 290 梅屋敷駅
360 290 290 霞ヶ丘駅
360 290 290 290 生駒山上駅
  • 生駒駅を介しての、鉄道線との連絡乗車券の発売は行われていない(連絡定期券、企画乗車券等を除く)[5]
  • 区間制運賃であり、宝山寺線のみまたは山上線のみの乗車が1区290円、宝山寺線と山上線にまたがる乗車が2区360円である。
  • 国土交通省近畿運輸局)は上限運賃として1区290円、2区550円を認可している。2区については、近鉄が適用運賃360円の届出をして、認可を受けている[6]
  • 宝山寺駅では途中下車が可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『近畿日本鉄道100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.512
  2. ^ 生駒ケーブル開業95周年を記念して「すずらん号、白樺(しらかば)号」が復活! (PDF) - 近畿日本鉄道、2013年8月28日。
  3. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1929年4月10日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 鉄軌道運賃の認可および運賃・料金の改定について (PDF) - 近畿日本鉄道、2014年3月4日
  5. ^ 鉄道線と生駒鋼索線をまたがる運賃を検索する場合 - 近畿日本鉄道
  6. ^ 鉄軌道運賃の改定申請について (PDF) - 近畿日本鉄道、2013年12月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]