日東交通 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日東交通株式会社
Nitto Kotsu Co.,Ltd.
Nitto Kotsu - Sodegaura 200 ka 630.JPG
高速バス(房総なのはな号
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 日東バス
本社所在地 日本の旗 日本
292-0832
千葉県木更津市新田1丁目4番4号
設立 1927年3月8日(安房合同自動車)
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
特定バス事業
旅行業他
代表者 代表取締役社長 片野義雄
資本金 4,912万円(2010年3月31日現在)
売上高 約35億円(2010年度)[1]
従業員数 448名(うち嘱託等140名)
主要子会社 鴨川日東バス
館山日東バス
天羽日東バス
木更津合同タクシー
関係する人物 中村庸一郎(社長歴任)
中村正三郎(社長歴任)
外部リンク http://www.nitto-kotsu.co.jp/
テンプレートを表示
日東交通本社ビル

日東交通株式会社(にっとうこうつう)は、千葉県木更津市君津市富津市袖ケ浦市で主に事業を展開するバス会社

概要[編集]

かつては、房総半島南部一円にエリアを持っていたが、1994年(平成6年)10月鴨川日東バス館山日東バス天羽日東バスを分社化し、現在の事業エリアとなった。その際、館山市にあった本社を木更津市へ移転している。 ただし、高速バス部門の一部と貸切部門は分社化せず、本体に高速営業所、観光営業所として存在している。(詳細後述)
一般路線・貸切バスのほか、新日鐵住金君津製鐵所東京電力富津火力発電所関連の特定輸送も手がけている。

沿革[編集]

創世記[編集]

大正初期当時の南房総は、県外との交通機関は海路のみで、東京に着いてから各地へ旅をするという「陸の孤島」同然の半島だった。
鉄道線が1912年(大正元年)8月に木更津駅まで、1913年(大正2年)6月に勝浦駅まで、それぞれ開通するまで南房総の陸上交通は人馬車が唯一の交通機関だった。
勝浦・木更津両駅から鉄道線が延長されると同時に、1913年(大正2年)、日東交通の前身である旅館・万歳館が自動車部を設立し、千葉県内における最初の許可を得て、木更津町(現:木更津市)に乗合自動車の運行を開始した。運行に際しては、イギリス大使館より払い下げた1910年型ダラック5人乗り乗用車が使用された[2]
ちなみに当時の運行許可証には「進行速度は市街地では8里(時速約30キロ)以内、その他は10里(時速約40キロ)以内」「人馬車との離合の際は徐行や停車をすること」などといった条件が明記されていたという。
その後、三日月自動車や安房自動車、房州自動車などといった数社の乗合自動車が設立された。
1929年(昭和4年)4月、安房鴨川駅で房総東線(現:JR外房線)と房総西線(現:JR内房線)が結ばれ、房総半島を1周する鉄道線が開通した。こうして県内外の交流が深まった一方で、船舶による旅客輸送は撤退の一途をたどった。
内房地区は避暑地として栄え、日蓮の聖地である外房地区は観光・信仰のメッカとして、県内外より来訪する観光客が増加した。その甲斐もあり、乗合自動車は団体・一般旅客それぞれの輸送で繁栄した。
しかし、1923年(大正12年)に発生した関東大震災を境に経済恐慌が起こり、不況の波は南房総の地にも押し寄せる。ほとんどが弱小基盤にあった企業は、不当競争と少ない資本に耐えることが出来ず、合同会社を設立するまでに至ったのである。

創立後10年間[編集]

1927年(昭和2年)3月、安房自動車(本社:北条町(現:館山市))・房州自動車(本社:安房郡白浜村(現:南房総市白浜町))が合併し、安房合同自動車が誕生した。現在の日東交通の創立である。
創立当初は、合併により不当競争は終息したものと思われたが、不況の波は国内経済を行き詰まらせ、安房合同自動車も経営難に陥った。この時、予想外の事態が発生する。1933年(昭和8年)、鉄道省は白浜町・千倉町(現:南房総市千倉町)など7町村を基盤とする省営自動車の運行を決定する。鉄道のない当該地域は安房合同自動車における『ドル箱路線』を擁していたが、当時の鉄道省は何事もなく重複区間で乗合自動車の運行を開始した。こうして重点路線の廃止という憂き目を見た安房合同自動車は、保田(現:鋸南町)・平群(現:南房総市富山地区)各方面への山間路線新設などで強化を図り、この窮地を乗り越えた。
この期間は、苦難の連続でだった一方で会社の基盤を造る期間でもあった。

戦中における運営[編集]

1937年(昭和12年)、日中戦争勃発から終戦(1945年(昭和20年)8月)までの間、木更津・館山両市中心に軍都として、海軍航空隊基地などの大規模な施設が造られた。あわせて人口も増加し、会社としても繁栄した。
しかし、国家総動員法が施行されると共に、1938年(昭和13年)にガソリン消費規制令が発令され、戦況が進むと同時に、車両・タイヤなどといった重要物資はすべて統制対象になってしまう。翌年の1939年(昭和14年)から、ガソリンに替わって木炭を燃料とする「木炭バス」が運行の主体となる。
1941年(昭和16年)より太平洋戦争に突入し、運行に不可欠な物資は徐々に失われ、乗合自動車業界においても厳しい戦争経済の状況へと陥った。一部の従業員は兵士として招集され、車両資材の調達もままならない状態となり、実働車両がわずか5両という日も珍しくはなかった。

日東交通の誕生[編集]

三社合併当時の路線図

旅客輸送における責務を果たすために、この難局を放任することは許されなかった。
1943年(昭和18年)、安房合同自動車・君津合同自動車・外房内湾自動車の三社は、政府各方面からの要請を受け、合併協議を開始し、事態の収拾に取りかかったが、各社の資本構成や合併条件などの問題から、協議は暗礁に乗り上げてしまう。
三社は、この非常事態収拾に対する合議の結果、安房郡出身の実業家である中村庸一郎(当時、衆議院議員)に協力を打診。中村氏も事の重大性に理解を示し、三社の合併準備も進んだことから、郷土の交通事業のためにと積極的に行動を起こしていく。
協議開始時に直面していた資金面・条件面の問題も三社の要望どおりに解決し、多額の資本注入を得て、協議が無事成立した。まずは安房合同自動車と君津合同自動車が合併、翌年の1944年(昭和19年)7月に外房内湾自動車を吸収合併して、三社の合併が完了した。その後、日東交通に社名を変更し、館山市に本社を構え、新たに発足した。

分離子会社の誕生と高速バス事業の参入[編集]

時代は平成に入り、昭和40年代後半から続く、利用客の減少に伴う赤字の削減を目指し、沿線自治体の支援の下で、不採算路線の縮小や廃止を最小限に抑えて、今日まで運行を続けてきた。しかし、乗客は全盛期の1969年(昭和44年)に比べて半分以下まで落ち込み、このままでは路線を廃止せざるを得ない状態に陥っていた。そこで、同社は旅客数の少ない鴨川・館山・湊管内の3営業所(路線バス部門)を、全額出資の子会社(鴨川日東バス館山日東バス天羽日東バス)として、1994年(平成6年)に分離・発足させ、各社の収入に合った運営で路線の維持を図ることに決めた[3]
1997年(平成9年)12月、同社に転機が訪れる。東京湾アクアライン開通により、廃止されたマリンエキスプレス・木更津 - 川崎航路の代替として、木更津駅と川崎駅横浜駅羽田空港各方面を結ぶ高速バスの運行を開始した。同社における高速バス事業の参入である。開業後1ヶ月間は通勤客の利用が多く、各線とも乗車率は6割を超えた[4]。アクアラインの開通で、木更津地域と首都圏の間を約1時間でアクセスできることから、その後は、木更津・君津・鴨川・館山の各地域と首都圏などを結ぶ高速路線を次々と開業していった[5]
こうした様々な経営努力が功を奏し、2005年(平成17年)には、累積赤字ゼロを成し遂げた[6]

年譜[編集]

創世記[編集]

  • 1913年(大正2年)4月 - 旧君津郡湊町(現:富津市)の旅館・万歳館(代表:笹生万吉)が自動車部を設立。千葉県初のバス路線となる、木更津港 - 湊間が開業する。
  • 1921年(大正10年)4月 - 万歳館自動車部が万歳自動車として法人化。
  • 1922年(大正11年) - 小川国松が運営する路線を継承し、君津自動車を設立。
  • 1925年(大正14年)2月 - 万歳自動車の本社を湊から鴨川に移転。
  • 1927年(昭和2年)3月 - 安房自動車(本社:旧北条町)と房州自動車(本社:旧安房郡白浜村)が合併し、安房合同自動車となる(資本金10万円)。
  • 1928年(昭和3年)7月28日 - 万歳自動車が三日月自動車(本社:勝浦)へ路線譲渡ののち、会社解散。
  • 1928年(昭和3年) - 三日月自動車が外房遊覧自動車へ路線譲渡(?)。
  • 1931年(昭和6年)12月10日 - 君津自動車が君津合同自動車に社名を変更する[7]
  • 1937年(昭和12年) - 貸切バス(観光バス)事業開始。
  • 1939年(昭和14年) - 外房遊覧自動車が外房内湾自動車に社名を変更する(東京湾内への路線拡大に伴う)。
  • 1942年(昭和17年) - 資本金を19万5千円に増資する。
  • 1943年(昭和18年)11月17日 - 君津合同自動車を吸収合併する。併せて、資本金を35万円に増資する。
  • 1944年(昭和19年) - 外房内湾自動車と丸共自動車を吸収合併する。併せて、資本金を60万円に増資する。

日東交通として[編集]

  • 1944年(昭和19年)7月5日 - 日東交通が発足。初代社長には中村庸一郎が就任。
  • 1946年(昭和21年)12月 - 日東交通労働組合を結成。
  • 1948年(昭和23年)6月29日 - 資本金を300万円に増資する。
  • 1950年(昭和25年)9月25日 - 資本金を600万円に増資する。
  • 1951年(昭和26年)9月25日 - 資本金を1,050万円に増資する。
  • 1952年(昭和27年)5月2日 - 資本金を1,500万円に増資する。
  • 1954年(昭和29年)7月31日 - 資本金を3,000万円に増資する。
  • 1969年(昭和41年)5月 - 鏡浦観光を吸収合併する。
  • 1971年(昭和46年) - 自家用車の増加により乗客が減少。路線廃止が本格化。
  • 1982年(昭和57年)8月 - 千葉県初の自由乗降制度を導入する。
  • 1985年(昭和60年)3月17日 - つくば科学万博において、連節バスでの観客輸送に協力する(同年9月16日まで)[8]
  • 1991年(平成3年)10月1日 - 初のメロディバスの運行を開始する(現在の館山日東バス・丸線にて(現在は終了))。
  • 1994年(平成6年)4月25日 - 鴨川日東バス・館山日東バス・天羽日東バスを設立。
  • 1994年(平成6年)10月1日 - 鴨川営業所を鴨川日東バス、館山営業所を館山日東バス、(富津営業所)湊出張所を天羽日東バスに分社化、営業を開始する。
  • 1994年(平成6年)12月 - 本社を館山市から木更津市に移転。
  • 1997年(平成9年)12月19日 - 木更津駅 - 川崎駅・横浜駅・羽田空港間の高速路線を開業(高速バス事業開始)。
  • 1998年(平成10年)3月14日 - 安房鴨川駅 - 東京駅・浜松町間の高速路線を開業。
  • 1998年(平成10年)12月5日 - グループ共同で環境定期券制度を導入する。
  • 1999年(平成11年)2月1日 - 安房鴨川駅 - 千葉駅間の高速路線を開業。
  • 2000年(平成12年)7月20日 - 君津 - 東京駅・浜松町間の高速路線を開業。
  • 2001年(平成13年)7月15日 - 安房白浜・館山駅 - 東京駅間の高速路線を開業(新規参入による)。
  • 2002年(平成14年)7月15日 - 木更津駅 - 品川間の高速路線を開業。
  • 2002年(平成14年)8月26日 - 君津 - 羽田空港間の高速路線を開業。
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 君津・木更津 - 東京駅・潮見駅間の高速路線を開業。
  • 2006年(平成18年)2月10日 - 白浜野島崎・館山駅 - 千葉みなと駅・千葉中央駅間の高速路線を開業。
  • 2007年(平成19年)9月1日 - 館山駅 - 羽田空港・横浜駅間の高速路線を開業。
  • 2008年(平成20年)9月1日 - 長浦駅 - 品川駅間の高速路線を開業。
  • 2009年(平成21年)11月 - 新日鐵君津製鐵所管理センターの移転に伴い、君津運輸営業所を君津市君津1番地から木更津市築地1-1に移転。
  • 2011年(平成23年)7月1日 - グループ共同でノーカー・サポート優待証制度を導入する[9]
  • 2011年(平成23年)12月4日 - 鴨川運輸営業所の事務所機能を鴨川市横渚945番地から同市広場872番地に移転。
  • 2012年(平成24年)4月 - 三井アウトレットパーク木更津のオープンに伴い、東京駅・浜松町発着の高速路線と木更津金田バスターミナル・袖ケ浦バスターミナル発着の一般路線を開業。
  • 2012年(平成24年)12月16日 - 木更津運輸営業所平田車庫を廃止。受け持ち路線は貝渕車庫と富津運輸営業所に分けて移管する。
  • 2013年(平成25年)4月28日 - 君津駅・木更津駅 - 市原 - 成田空港間の高速路線を開業[10]
  • 2013年(平成25年)11月1日 - 同社初の「生活支援型路線バス」として、八幡台ほたる野線を開業[11]

営業所[編集]

ハイヤー事業を兼営
※高速バスのみ担当
※高速バスのみ担当

案内所[編集]

  • 木更津駅西口案内所
    • 千葉県木更津市富士見1丁目2-1
  • 木更津駅東口案内所
    • 千葉県木更津市富士見1丁目1-1
  • 君津駅南口案内所
    • 千葉県君津市中野4丁目19-17

現行路線[編集]

〈 〉内は共同運行会社。

高速バス[編集]

1997年(平成9年)12月の事業参入から現在までに、以下の15路線が運行されている。発着地域ごとに3ケ所の営業所による営業体制を採っている。各線共通で、平日は通勤の足として、休日は買物や観光の足としての利用が多い。また、同社における全体収入は約6割を高速バスが占めており、更なる利用客増加を計るために、高速バスとホテル宿泊をセットにした企画商品の発売[12]などの施策も行っている。

木更津運輸営業所
  • 木更津 - 東京線 〈京成バス
  • 三井アウトレットパーク木更津 - 東京線 〈京成バス〉
  • 君津 - 東京線〈京成バス〉
  • 君津 - 羽田空港線 〈京浜急行バス
  • 木更津 - 羽田空港線 〈小湊鐵道・京浜急行バス・東京空港交通
  • 木更津 - 品川線 〈小湊鐵道・京浜急行バス〉
  • 長浦 - 品川線 〈小湊鐵道・京浜急行バス〉
  • 木更津 - 川崎線 〈小湊鐵道・東京ベイサービス・京浜急行バス・川崎鶴見臨港バス
  • 木更津 - 横浜線 〈小湊鐵道・京浜急行バス〉
  • 木更津 - 成田空港線 〈小湊鐵道・京成バス〉
館山運輸営業所
鴨川運輸営業所

一般路線バス[編集]

ローカル路線が主体となっている。東京湾アクアライン開通後は京浜地区へ商圏が移ったことで、駅周辺の商業施設が衰退の一途をたどると同時に、利用客も減少している。一方で、近郊の宅地造成が進むごとに既存の路線を再編するなど、バス路線の整備にも力を注いでいる。2012年(平成24年)12月に平田車庫を廃止したことにより、現在は3ケ所の営業所・1ケ所の車庫の体制となっている。

※運行系統・改廃事項など詳細は各営業所の記事を参照のこと。

木更津運輸営業所
  • 【急行】マザー牧場線
  • 三井アウトレットパーク線 〈小湊鐵道〉
  • 潮見線
  • 清見台団地線 〈小湊鐵道〉
  • シーアイタウン線
  • 八幡台ニュータウン線
  • 八幡台ほたる野線
  • かずさアカデミアパーク線
  • 高倉線
  • 太田循環線
  • 真舟団地循環線
  • 畑沢線
平岡車庫
  • 姉ケ崎線
  • 桜台団地線
  • のぞみ野・長浦線 〈小湊鐵道〉
  • のぞみ野・平岡線
  • 馬来田線
君津運輸営業所
  • 君津市内循環線
富津運輸営業所
  • 富津線
  • 畑沢線
  • 三島線
  • 周西線
  • イオンモール富津線

コミュニティ路線[編集]

かつて運行していた一般路線バスの廃止代替バス21条バス)に端を発する。同社で車両を用意する運行形態となっている。

平岡車庫
  • 中郷・富岡線
富津運輸営業所

定期観光バス[編集]

ポピー&ストロベリー号
ポピー&ストロベリー号 〈JRバス関東〉
※季節運行(毎年2月 - 3月の土曜・休日など)。
※2012年(平成24年)より、1日コース・午後コースの2コースを設定。

車両[編集]

国内4メーカーを揃えている。
近年導入された車両を以下に記すが、在籍車両など詳細は各営業所の記事を参照。

一般路線車[編集]

一般路線車 木更津駅西口にて

かつては、ツーステップ・前後扉車(後は引戸)が主流だったが、当時の交通バリアフリー法施行に関係して、現在はノンステップないしワンステップ・前中扉車(中は折戸ないし引戸)が主流となっている。
また、2000年代後半以降はLED式の行き先表示を採用した新造車を導入している(併せて、既存車もLED式に交換された)。
塗装は君津運輸営業所所属車と木更津運輸営業所の一部車両を除き、昭和20 - 30年代に採用された伝統的なもの(マルーン色草色)となっている[5]。君津運輸営業所の車両と木更津運輸営業所の一部車両は、貸切車との共通塗装となっている。
車載機器については、整理券発行機・運賃箱小田原機器製、デジタル式運賃表示器レシップ製、車内放送装置・LED式方向幕クラリオン製のものをそれぞれ採用している。

高速車[編集]

高速車 東京駅八重洲口付近にて

ハイデッカーの前扉車(折戸ないしスイングドア)が在籍している。中には化粧室付きや貸切格下げ車も在籍しているので、路線バスと同様に仕様によりバリエーションが豊富である。また行き先表示は当初幕式だったが、2001年(平成13年)以降の新造車はLED式に変更されている(併せて、一部の既存車も車体更新時にLED式に交換された)。
塗装は貸切バスと同一である(後述参照)。
車載機器については、整理券発行機・運賃箱は小田原機器製、車内放送装置・LED式方向幕はクラリオン製のものをそれぞれ採用しているが、一部はゴールドキング製の方向幕や一水製作所製の運賃箱を採用した車両もある。

特定車・限定車[編集]

主に自家用仕様(前扉車)が在籍し、塗装は貸切バスと同一である(後述参照)。

  • いすゞ・エルガ、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)(車種不明) などが在籍している。

貸切車[編集]

貸切車 館山日東バス本社営業所にて

貸切車は、平成時代初頭まで数多く在籍していたが、2000年(平成12年)の道路運送法の改正に伴う規制緩和により、新規の貸切バス事業者の増加で競争が激化し、減車を余儀なくされ、現在在籍する貸切車は少数にとどまっている。
全車ハイデッカーの前扉車(折戸ないしスイングドア)が在籍する。ちなみに90年代前半に導入された車両(富士重工業17型Mボディ架装)は『210Special(日東スペシャル)』という愛称を持っていた。
現在もスーパーハイデッカー仕様は導入されていない。
塗装は昭和50年代後半に採用された、路線バスカラーを近似化したもの(黄緑アイボリー)となっており、側面等には『NITTO KOTSU』と社名がローマ字で表記される。

  • 三菱ふそう・エアロエースなど

その他[編集]

コミュニティバス代替バスも含む)は、専用の小型車両が在籍するが、ノンステップ仕様もしくは車椅子用リフト装備など、バリアフリー化(乗降のし易さ)に寄与している。
塗装は各自治体独自のデザインが採用されているが、中郷富岡線など一部車両は貸切バスと同一の塗装となっている(先述参照)。

系列会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 組織的安全マネジメント ケーススタディ(PDF形式)”. 国土交通省 国土交通政策研究所. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ 木更津市史編集委員会編 『木更津市史』 木更津市、1972年
  3. ^ 日東交通3子会社来月から運営開始 『毎日新聞』 1994年9月27日付朝刊、房総版。
  4. ^ 鈴木文彦 「BUS CORNER 東京湾をまたぐ高速バス」『鉄道ジャーナル』 1998年5月号、鉄道ジャーナル社、1998年、133頁。
  5. ^ a b 鈴木文彦 「BUS CORNER 都道府県バス事情 千葉県南部」『鉄道ジャーナル』 2009年4月号、鉄道ジャーナル社、2009年、144 - 145頁。
  6. ^ AERO ROAD「老舗バス会社、進取の発想 日東交通株式会社」”. FUSO 2006年6月号. 三菱ふそうトラック・バス. 2011年6月3日閲覧。
  7. ^ その後、1939年(昭和14年)までに君津郡市の他社路線を吸収、事業区域を拡大していった。
  8. ^ 和田由貴夫 『バスラマ・インターナショナル SPECIAL8 富士重工業のバス事業』 ぽると出版、2003年。
  9. ^ 路線バス 65歳以上の方に朗報!「ノーカー・サポート優待証」のサービス開始!”. トピックス. 日東交通 (2011年6月18日). 2011年7月1日閲覧。
  10. ^ 高速バス 平成25年4月28日より「君津・木更津 - 成田空港線」運行開始のお知らせ。”. トピックス. 日東交通 (2013年4月22日). 2013年4月23日閲覧。
  11. ^ 駅経由しないバス運行 新興地、高齢地域の足に 木更津の日東交通が新路線”. ちばとぴ. 千葉日報社 (2013年11月2日). 2013年11月2日閲覧。
  12. ^ 12/1 「アクアライン高速バス往復乗車券」+「龍宮城スパホテル三日月入場券」セットプラン発売開始”. お知らせ|京成バス更新情報. 京成バス (2011年12月1日). 2011年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]