軍郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

軍郷(ぐんごう)とは、多くの軍事拠点を擁する地域を漠然とさして呼ぶ言葉。特に近現代において、国民国家が擁する軍隊とその関連施設の集中をこのように表現した。字面は、「軍隊の故郷」・「軍隊の町」を意味する。類似表現として、軍都(ぐんと)も使用され、こちらは「軍隊の都市」を意味する。

この語句が指す地域は、中世近世の日本においては軍事拠点であるを中心に発展した城下町という語句が指す地域と類似した特長を持ち、主に時代によってその呼び名を変化させる。

概要[編集]

日本では、第二次世界大戦の終戦までは、師団連隊駐屯地陸軍学校陸軍病院工廠軍需工場など、多くの軍関連施設が点在する地域を「軍の故郷」として「軍郷」と呼んでいた。特に首都東京関東近郊をはじめ、海軍の拠点が置かれた広島大阪名古屋などの主要都市には、多くの軍関係施設が設けられ、軍郷○○○(軍郷習志野)、軍都○○(軍都廣島)と呼ばれた地域が存在した。このような都市では、軍隊が地域の産業に大きな影響を及ぼしている場合が多く、軍旗祭や地域の恒例行事を通じて、住民生活に密接に関わっていた場合が多い。これらの都市は、戦時中には、本土空襲の標的にされ、名古屋大空襲のように大規模な空襲が加えられたり、広島長崎のように原子爆弾が投下され、多大な被害を出した地域もある。

軍郷」・「軍都」の言葉は、第二次世界大戦の終戦以降、軍の解体にともに使われなくなったが、相模原市(相模原市#終戦時の軍事施設)の都市計画の事例のように旧軍施設の区画割りが戦後の土地利用[1]に反映されることも多く、都市の成り立ちに大きな影響を及ぼしている。

軍郷・軍都と呼ばれた都市[編集]

北海道

東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国四国地方

九州地方

朝鮮台湾

参考図書[編集]

  • 『帝都と軍隊―地域と民衆の視点から』首都圏史叢書 上山 和雄 日本経済評論社 ISBN 4818813974 2002年
    第2編 地域のなかの軍隊(「軍郷」における軍隊と人々―下総台地の場合 ほか)
  • 『図説千葉県の歴史』三浦 茂一 (編集)河出書房新社 ; ISBN 4309611133 ; 図説 日本の歴史13 巻 (1989

外部リンク[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカ軍接収され、返還後に自衛隊駐屯地となったケース、自治体によって学校施設大型団地、公園などのに転用されたケース、道路が当時のまま活用されているケースなど