千葉海浜交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千葉海浜交通株式会社
Chiba Kaihin Kōtsu Co. Ltd.
Chiba Kaihin Kotsu Hino PJ-KV234L1.jpg
種類 株式会社
略称 海浜交通、海浜バス
本社所在地 日本の旗 日本
261-0003
千葉県千葉市美浜区高浜2丁目3番1号
設立 1973年1月24日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業,貸切バス事業他
代表者 代表取締役社長 新井靖彦
資本金 1500万円
従業員数 114人
主要株主 京成電鉄
外部リンク http://www.kaihin-bus.co.jp/
テンプレートを表示

千葉海浜交通株式会社(ちばかいひんこうつう)は、千葉市美浜区を中心に路線バスを運行する京成グループのバス会社である。海浜ニュータウン稲毛・検見川地区の輸送を目的として設立され、当初は住宅公団や千葉市の補助金を受けて運行していた。現在は、路線の新設やグループ会社からの移管により、ニュータウンと関係のない路線を含め、美浜区の広範囲において営業している。

平成21年3月29日より、PASMOSuicaによる運賃決済サービスを開始した。

沿革[編集]

千葉海浜交通は、1973年1月24日に設立され、海浜ニュータウンの一次入居にあわせ、同年4月1日にバス路線の営業を開始した。最初の路線は高洲第一団地線(高洲線の前身)であり、同年中に検見川線の運行も開始している。

営業開始間もないころの海浜交通バスは、ニュータウンと最寄りの総武線駅との連絡を主な目的としていた。しかし当時、最寄り駅のひとつであった稲毛駅は、西口駅前広場の拡張が進んでおらず、駅へのアクセス道路となる稲毛陸橋も開通していなかったため、ニュータウンからのバス受け入れが困難であった。このため、同駅乗り入れを計画していた路線は、当面の間幕張駅から400mほど離れた国道14号線近くに幕張駅入口ターミナルを設け、そこを発着点として運行することとなった。

この際、代替案としては新検見川駅や国鉄千葉駅に接続するルートも検討されている。しかし前者は、新検見川駅前にニュータウンの検見川寄りを運行する路線以外を受け入れるスペースがなかったことから、後者も同様に駅前スペースの問題、および入居者の多くを占めると想定されていた東京方面への通勤者にとって不都合であることから却下され、最終的には、距離が遠いという問題はあったが、ターミナル用地が確保でき、地元商店街の協力も得られた幕張ルートで運行を開始することになったのである。

その後、1976年に真砂線(高浜線の前身)、千葉線(美浜線の前身)が、1978年に磯辺線がそれぞれ運行を開始した。千葉線の開通によって、海浜交通は国鉄千葉駅まで営業範囲を広げたが、前記のように千葉駅前のスペースに余裕がなかったため、従来のバス乗り場から大きく離れたそごうの駐車場脇(現在のオーロラモールジュンヌ敷地)に新たな発着場を設けて対応した。

稲毛駅西口の広場は、1979年になってようやく一部の供用が開始され、まず高洲線が乗り入れを開始した。さらに、1982年に全面供用となり、真砂線(高浜線)も同駅発着となった。この時点で、当初のターミナルであった幕張駅入口は海浜ニュータウン輸送の拠点としての役目を終え、同じころ営業所も高洲車庫から高浜車庫に移っている。

その後、1986年にJR京葉線が開通し、ニュータウン内に稲毛海岸駅検見川浜駅が設置されると、海浜交通の路線は大幅な再編を迫られることとなった。この際、ほとんどの路線が何らかの形で両駅に接続するようルート変更を行い、一部では系統短縮、本数の削減もなされた。一方、翌年には幕張線を開通し、先行投資的な形ではあったが、新たに海浜幕張地区に営業基盤を設けた。

平成に入ってからの動きとしては、1997年に、入居の進む幕張ベイタウンへの路線を開設したことが挙げられる。また同年には、京成電鉄より美浜線、中央港線を譲受し、これらによって美浜区の海浜幕張駅以東のほぼ全域に運行エリアを拡大したことになる。以後、高洲東線、マリンスタジアム線、高洲2街区線を開設し、路線網の強化を図っている。

高浜車庫に並ぶ海浜バス

本社および営業所[編集]

本社は、千葉県千葉市美浜区高浜に置かれており、営業所および高浜車庫を併設している。全車両がここに集中配置されており、車庫を発着する路線数も多いことから、住環境に配慮して車庫の周囲には緑地帯が設けられている。

なお、創業当初は高洲寄りに本社および高洲車庫があった[1]

現行路線[編集]

高洲線[編集]

高洲線・運輸支局経由便
  • 稲毛駅-高洲第一 - 高浜車庫 - 稲毛海浜公園プール
  • 稲毛駅-団地東 - 運輸支局入口 - 県営高浜第三 - 稲毛海岸駅
    • 1973年4月1日:高洲第一団地線(幕張駅入口-高洲車庫(現・高浜消防署))を開通。高洲第一経由と第二 - 第四経由の2系統。
    • 1973年6月16日:第二-第四経由便を平日朝のみの運行とする。
    • 1974年4月1日:第二-第四経由便を廃止し、幕張駅入口 - 団地東-高浜ショッピングセンター - 高洲車庫便を開通。
    • 1979年4月6日:稲毛駅 - 高洲第一 - 高洲車庫に変更。団地東側は稲毛駅-団地東循環となる。
    • 昭和50年代:稲毛駅-高浜車庫に延長。
    • 昭和50年代:高浜車庫便の一部を稲毛海浜公園プールに延長。
    • 1986年3月3日:団地東循環便を稲毛駅 - 県営高浜第三 - 稲毛海岸駅に変更。

高洲線は、稲毛駅から高浜車庫(稲毛海浜公園プール)まで海浜公園通りを直進する本線格の路線と、団地東、運輸支局入口を経由して稲毛海岸駅に至る支線の2線よりなっている。前者は約10分おきと本数が多く、利用者も多い。稲毛海岸駅を経由しないため、素直なルートになっており、かえって使いやすいという皮肉な面もある。後者は迂回状に走るため、全線通してではなく、両駅と途中の停留所との移動に使われることがほとんどである。ただし、どちらかと言えば稲毛駅側に向かう乗客が多い。

開通当初の運行区間は、幕張駅入口-高洲車庫である。このうち、幕張から高洲入口までの区間は無停車で、高洲車庫から幕張へと向かう便は国道14号、幕張から高洲車庫へと向かう便は旧・千葉街道を経由していた。また、団地内の現・海浜公園通りには「高洲第一」停留所しか設けられておらず、現在の2街区-7街区間に「高洲第二」、「高洲第三」停留所があった。また、団地東付近には「高洲第四」停留所があり、運行系統は高洲第一経由で直進するものと、第二-第四経由で迂回するものの2通りあった。しかし、入居者数の増加により車両が足りなくなったため、1973年6月より、第二 - 第四迂回便は平日の始発-午前9時のみの運行となっており、これに対して団地東側の住民から抗議のあったことが新聞に報じられている。1974年4月からは、停留所の移設等を行い、迂回便を新たに団地東・3街区・高浜ショッピングセンター経由で運行することとなった。

その後、稲毛陸橋の開通に伴い、1979年に稲毛駅発着に変更された。団地東側は循環運転となったようである。また、昭和50年代中に高浜車庫、および稲毛海浜公園プールへの延長がなされている。稲毛海浜公園プールのオープンは1977年であるが、当初は臨時バスで対応していたようで、これが定期化した期日は不明である。

1986年3月に京葉線が開通すると、団地東側の線が稲毛海岸駅へ行くようになった。すでに高浜地区の入居が進んでいたため、このとき県営高浜第三を通る現行のルートとなった。

以後、運行ルートは変わることなく現在に至っているが、停留所の新設や行先表示幕の改善など、細かな変更はたびたび加えられている。たとえば、団地東経由便は「団地東経由」と表示していたが、現在は「運輸支局入口経由」に変更されている。運輸支局自体は川の反対側にあり、この直近に千葉駅からの中央港線が運行されているが、その運行本数が極端に減少し、稲毛側のこの線が代替の役割を果たすようになったためである。また、公園プール発着便は、海浜公園内にオープンした花の美術館前に停留所を新設し、あわせて行先表示幕にも「花の美術館」経由と表示するようになっている。

検見川線[編集]

循環運転当時の検見川線
  • 新検見川駅 - 二丁目15街区 - 検見川浜駅
  • 新検見川駅 - 五丁目18街区 - 検見川浜駅
    • 1973年8月5日:新検見川駅 - (真砂五丁目) - (真砂二丁目) - 新検見川駅を開通。
    • 1985年頃、平日朝のラッシュ時のみ、新検見川駅 - (真砂中央公園) - (真砂二丁目) - 新検見川駅の臨時便を運行。
    • 1986年3月3日:新検見川駅 - 検見川浜駅に変更。真砂二丁目経由便と五丁目経由便の2系統。
    • 2000年6月1日:真砂二丁目経由便を真砂二丁目・東京歯科大正門経由に変更。
    • 2002年12月16日:真砂五丁目経由便を真砂コミュニティセンター経由に変更。

新検見川駅を発着する路線は磯辺線と検見川線の2線があるが、先に開通したのはこの検見川線である。1973年に開通し、当時は新検見川駅だけがターミナルだったため、新検見川駅 - (五丁目) - (二丁目) - 新検見川駅の循環運行をしていた。運行本数は1日200本にも及んでいたとのことである。また、行先表示は、「新検見川駅-検見川ニュータウン」であった。

高洲第一団地線が遠く離れた幕張を起点としていたのに対し、この線は開通時から新検見川駅に乗り入れていた。これは、早くにアクセス道路(検見川陸橋)や駅前乗り場の整備が済んでいたためである。しかし、当初は現在のようなロータリーはなく、仮の乗降場と転回スペースが設けられていただけであった。また、駅舎も橋上化されていなかったので、乗客はバスを降りると、ホームの東京寄りにあった改札まで歩いていかなければならなかった。

その後、京葉線が開通したことにより、中間部で路線が切断され、新検見川駅-検見川浜駅間の往復線となった。また、同線の運行エリアと検見川浜駅が近いこともあって、運行本数は大幅に減らされた。さらに、二丁目経由便、五丁目経由便とも若干のルート変更を行い今に至っている。

磯辺線[編集]

  • 新検見川駅 - 検見川浜駅 - 千葉西高校 - 磯辺高校 - 稲毛ヨットハーバー
  • 新検見川駅 - 検見川浜駅 - 海浜病院
    • 1978年10月31日:新検見川駅 - 磯辺中央を開通。
    • 昭和50年代:新検見川駅-磯辺高校入口(現・磯辺八丁目付近)便を新設?
    • 1983年6月21日:磯辺高校入口便を救急医療センター前(現・千葉西高校)まで延長。
    • 1986年3月3日:磯辺中央便を海浜病院まで延長。
    • 2005年4月1日:千葉西高校行きの一部が磯辺高校まで延長。
    • 2013年5月7日:磯辺高校行きの一部を稲毛ヨットハーバーまで延長。

磯辺線は、1978年に新検見川駅 - 磯辺中央間で開通している。開通当初は検見川五丁目 - 磯辺入口(検見川浜駅のやや南)間に停留所がなく、検見川線とは全く独立した存在であった。その後、時期不明だが、一部便が新検見川駅 - 磯辺高校入口(現・磯辺八丁目付近)間で延長運行するようになり、道路の整備により、1983年にこれが救急医療センター前まで延長された。なお、この救急医療センター前は、現在の千葉西高校と思われる。このほか、一時的に新検見川駅-磯辺入口という折り返し便が運行されたこともある。

京葉線が開通したことにより、検見川浜駅への乗り入れ、真砂地区での停留所増設に加え、海浜病院までの路線延長がなされた。朝および夜に若干の例外があるが、基本的には千葉西高校発着便と海浜病院発着便が交互に運行され、両方合わせると、ほぼ12分おきで、検見川線よりも本数が多くなっている。

高浜線[編集]

  • 稲毛駅 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 海浜公園入口
  • 稲毛駅 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 磯辺高校(通学時間帯のみ)
  • 稲毛駅 - 真砂第三公団 - 稲毛海岸駅
    • 1976年3月31日:真砂線(幕張駅入口→真砂第三公団→こじま公園→幕張駅入口)を開通。
    • 1982年9月10日:真砂線を稲毛駅 - 真砂第三公団 - 高浜南団地、稲毛駅 - こじま公園 - 磯辺高校(ほとんどの便が高浜南団地止まり)に変更。2線を合わせて高浜線となる。
    • 1986年3月3日:稲毛海岸駅への乗り入れを開始し、真砂便を稲毛駅-稲毛海岸駅に短縮。ラッシュ時のこじま公園便は稲毛海岸駅構内に入らず稲毛海岸駅入口(道路沿い)停留所を使用。また、この時に高洲地区センター停留所が稲毛海岸駅に併合された。
    • 1989年頃:高浜南団地折返便を海浜プール入口(現・海浜公園入口)まで延長。
    • 1999年12月20日:稲毛海岸駅入口経由便を廃止。

高浜線の起源は真砂線といい、幕張駅入口から真砂一丁目団地付近を循環運行していた。稲毛駅発着となったのは、同駅西口ロータリーの整備が完了した1982年である。これとともに稲毛駅 - 高浜南団地(一部便は磯辺高校)間を結ぶ路線になり、真砂線の循環部は2つに分割されて、こじま公園経由、真砂第三公団経由の2系統が設定された。こじま公園経由は朝ラッシュ時のみの運行であった。その後、真砂第三公団経由便は、京葉線の開通と同時に稲毛海岸駅止まりに短縮されている。同便が高浜地区を通らないのに高浜線と呼ぶのは、以上の成立の経緯からである。この2系統はほぼ同じ本数となっているが、現在は、マリンスタジアム線が開通し、稲毛駅-稲毛海岸駅間に限って言えば、こじま公園を経由する便の方がやや本数が多くなっている。

こじま公園経由便は学生が使用する時間帯のみ磯辺高校発着となる。残りの便はすべて海浜公園入口発着便である。海浜公園入口停留所は高浜車庫と目と鼻の先であり、実際ここでの折返しは高浜車庫で行うのであるが、別の名称にしている。海浜公園から稲毛海岸駅に行く乗客への配慮からだろう。

美浜線[編集]

美浜線の中型ノンステップ車両
  • 海浜病院 - 検見川浜駅 - 真砂第3公団 - 稲毛海岸駅 - ガーデンタウン - ポートアリーナ - 千葉駅
  • 高浜車庫 - 高浜消防署 - 稲毛海岸駅 - ガーデンタウン - ポートアリーナ - 千葉駅
    • 1969年7月14日:[京成電鉄]前・京成千葉駅(現、千葉中央駅) - 幸町団地を開通。のちに小湊も同一路線を開通。(参考までに掲載)
    • 1976年4月29日:千葉駅【現・コリドーモール付近】-千葉中央駅入口(パールホテル千葉付近) - 卸団地会館 - 幸町第一(幸町第三小正門前) - 高洲二中 - 高洲車庫(現・高浜消防署)を開通。当時の線名は千葉線。
    • 昭和50年代:千葉駅 - 稲毛海浜公園プールに延長。
    • 1986年3月3日:京葉線開通に伴い、稲毛海岸駅経由となる。
    • 1990年頃:[京成電鉄]美浜線(福祉センター - 千葉みなと駅 - 2丁目15街区 - 検見川浜駅)を開通。平日のみ運行。
    • 1997年12月24日:海浜交通が京成美浜線を譲受し、千葉線と統合した上で延長。千葉駅付近、幸町第一付近のルートも変更し、千葉駅 - 中央二丁目 - 千葉中央駅東口 - ガーデンタウン - 稲毛海岸駅 - 2丁目15街区 - 海浜病院となる。高浜車庫 - 稲毛海岸駅間は出入便のみとなる。当時は千葉線と名乗っていたが、のちに美浜線に改称。千葉中央駅入口停留所は廃止。小湊鐵道の便もほとんどが千葉中央駅東口・ガーデンタウン経由となるが、わずかに千葉中央駅・幸町第一経由便が運行される(のち廃止)。
    • 2008年4月1日:千葉駅 - 稲毛海岸駅間の折り返し便が新設。

美浜線はもともと千葉線として、1976年に開通した路線である。開通の背景には、幕張を発着する2路線(高洲線、真砂線)が許容限界にあったうえ、交通調査によって予想以上に千葉市街以南への通勤者が多いとわかったこと、当時はまだニュータウン内に商業施設が充実しておらず、市街中心部への足を望む声が強くあがったことなどがある。また、かねてからダイヤ等について批判のあった京成・小湊による千葉市街-幸町団地間のバス便を補充する路線という側面もあった。

開通当初は、千葉駅のロータリーおよび駅前通りに余裕がなかったことから、同駅の乗り場はそごう駐車場脇(現在のコリドーモール敷地)に設けられていた。平成初頭頃からそごう新館の建設工事が始まると、田原屋前(現在の小湊バス八幡宿駅行き乗り場)に移った。いずれも、千葉駅を利用するには大変不便であり、特に後者は千葉中央駅のほうが近い程であったが、行先はあくまで「千葉駅そごう」であった。

ニュータウン側の起点は当初高洲車庫、その後高浜車庫・海浜公園プールに移り、長らく高洲・高浜地区と千葉市街とを直結する役割を担ってきたが、1997年に京成電鉄から美浜線が移管されると同時に運行区間を見直し、同線を統合・延長のうえ、検見川浜駅・海浜病院方面に向かう路線に衣替えした。京成・美浜線は、千葉市の政令指定都市化に際し美浜区役所への連絡路線として開設されたものであり、その役割を引き継いだことになる。

幕張線[編集]

  • 幕張駅入口 - 海浜幕張駅
  • 幕張駅入口 - 幕張総合高校
    • 1987年5月6日:幕張駅入口 - 海浜幕張駅、幕張駅入口 - 幕張東高校(現・幕張総合高校)、東京歯科大正門 - 海浜幕張駅(出入庫のみ、のち廃止)を開通。
    • 2003年2月16日:海浜駅便のすべてが幕張駅入口発着となる。土休日運休となる。
    • 2006年4月1日:幕張駅入口のバスターミナル施設が閉鎖され、停留所が路上に移設される。

幕張線は、創業時のターミナルである幕張駅入口と海浜幕張駅、および幕張総合高校を結ぶ路線である。幕張駅入口が駅から大きく離れていることに加え、中間の停留所が両駅から徒歩圏内にあることなどから利用者は少なく、本数も少ない。幕張総合高校の交通案内でも、幕張駅からのアクセスには徒歩を勧めているほどである。

ベイタウン線[編集]

  • 海浜幕張駅 - 海浜打瀬小学校 - 海浜病院
  • 海浜幕張駅 - 海浜打瀬小学校 - 検見川浜駅 - (真砂第3公団非経由) - 稲毛海岸駅
    • 1997年6月:稲毛海岸駅 - (幕張ベイタウン内) - 海浜幕張駅を開通。ほとんどの便が稲毛海岸駅→ベイタウン循環→稲毛海岸駅の運行。
    • 2003年2月16日:海浜幕張駅 - 21番街 - 海浜病院に変更。
    • 2005年3月28日:海浜幕張駅 - 21番街 - 検見川浜駅 - (真砂第3公団非経由) - 稲毛海岸駅を開通。

高洲東線[編集]

  • 稲毛駅 - 運輸支局入口 - 高浜消防署 - 稲毛海岸駅 - 磯辺二中 - 海浜病院
    • 1999年10月1日:高洲東 - 海浜病院を開通。
    • 2000年8月1日:稲毛駅発着に変更。休日運休となる。
    • 2002年4月6日:土休日運休となる。

高洲東線は海浜団地内のさらなるきめ細かな輸送を目的として、高洲東-稲毛海岸駅-海浜病院という総武線の駅に接続しない路線として開通した。高洲東線という線名はもともとの起点である高洲東に起因していると思われるが、開通当時から高洲の西側にも路線が行っていた。この線の開通当時に京成電鉄のWebサイトで紹介されたことがある。

その後、あまり乗客に恵まれなかったのか、1年もたたずに稲毛駅発着に延長され、休日運休となると同時に、大幅な減便となった。また、独自区間の稲毛海岸駅-海浜病院間は東側に比べて若干本数が少ない。結果として、この線の東側は高洲線(運輸支局入口経由)の支線のようになっている。

マリンスタジアム線・ベイタウン北循環線[編集]

  • 稲毛駅 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 真砂供給公社 - 検見川浜駅(高速バス乗り場) - エリスト - 海浜幕張駅 - QVCマリンフィールド
  • 急行:QVCマリンフィールド→(検見川浜駅→真砂供給公社→)稲毛海岸駅→こじま公園(検見川浜駅経由便のみ)→稲毛駅
  • 検見川浜駅 - (→エリスト/←グランエクシア) - 海浜幕張駅
  • 海浜幕張駅→グランエクシア→エリスト→海浜幕張駅
  • 検見川浜駅→エリスト→グランエクシア→エリスト→海浜幕張駅(始発1便のみ)
    • 2003年7月11日:マリンスタジアム線、稲毛駅 - 稲毛海岸駅 - 検見川浜駅 - 海浜幕張駅 - マリンスタジアムを開通。
    • 2006年7月31日:ベイタウン北循環線を開通。

マリンスタジアム線は、海浜ニュータウンから幕張新都心地区への足として、2003年に開通した路線である。2005年10月現在、運賃は起終点間250円、稲毛駅-海浜幕張駅間は200円と、距離の割には低く抑えられており、レジャー利用だけでなく、通勤や通学で利用する乗客もいる。平日のラッシュ時には、主に幕張ベイタウン北部住民の足として検見川浜駅-海浜幕張駅間に折り返し便を運行していたが、2006年に至り、これを発展させる形でベイタウン北循環線の運行を開始した。ベイタウン北循環線は、海浜幕張駅を起点にベイタウン北部を循環し同駅に戻る便と、同駅と検見川浜駅を結ぶ往復便からなり、始発の1便を除き海浜幕張駅発の便だけがベイタウン内の白帆通りを経由する。

なお、ベイタウン北循環線の開通と同時に専用の低床小型車両(日野・ポンチョ)が配備されている。

マリンスタジアム線は2009年12月16日から中乗り後払いに変更になり原則として中型車(レインボーHRまたはレインボーⅡ)かハイブリッド車が使用されるようになった。

千葉マリンスタジアムでのプロ野球開催時には、マリンスタジアムから検見川浜駅・稲毛海岸駅・稲毛駅行きの臨時便が運行される。

高洲二街区線[編集]

  • 高浜車庫 - 高浜公民館 - 2街区 - 稲毛海岸駅北口 - 検見川浜駅
    • 2004年10月16日:高浜車庫 - 稲毛海岸駅北口 - 検見川浜駅を開通。

二街区線は、高浜・高洲地区をより細やかに回り、稲毛海岸駅北口を経由して真砂・検見川浜方面へ運行する路線である。朝夕は高浜 - 稲毛海岸側の折り返し便が多い。また、早朝のラッシュ時には高洲線が頻繁に発着する高浜車庫、稲毛高校での客扱いを行わず、高浜公民館を起点に運行される。

アクアリンクちば線[編集]

  • 稲毛駅 - こじま公園 - 稲毛海岸駅 - 高浜北団地 - 高浜消防署 - 高浜4丁目 - 稲毛高校 - 高浜車庫 - アクアリンクちば
    • 2005年8月1日:稲毛駅 - 稲毛海岸駅 - 新港(アクアリンクちば)が開通。平日のみの暫定運行。
    • 2005年10月14日:アクアリンクちば施設内への乗り入れおよび土休日の運行を開始。

アクアリンクちばは、新港清掃工場に隣接する温泉やスケートリンクを備えた余熱利用施設である。この路線は、同施設への足として開通したものであり、土休日の運行本数が平日の倍近くに設定されていることが大きな特徴となっている。一方、本数の少ない中央港線に代わる新港への新しい通勤路線という側面もあり、アクアリンクのオープン前から平日のみ暫定的に運行を行っていた。暫定開業に際しては、停留所に稲毛駅-新港間に新路線を運行するという内容の掲示がなされ、10月13日までは「新港」行きの案内で運行した。なお、翌14日より本格運行が始まったが、施設の一般開放は10月23日からである。

幕張メッセ中央線[編集]

  • 稲毛駅 - プラウドシティ・ウエスト - 千葉西警察署 - イオン幕張店 - 海浜幕張駅 - 幕張メッセ中央 - イオンモール幕張新都心バスターミナル
    • 2013年1月16日:開通。平日のみ運行。
    • 2013年12月17日:イオンモール幕張新都心まで路線延伸[2]。これに伴って土曜・休日にも運行されるようになる。

ちばシティバスとの共同運行。

マイタウン・ダイレクトバス[編集]

  • 東雲車庫 - 国際展示場駅 - 東京駅八重洲口 - コロンブスシティー - 神田外語大学 - 幕張メッセ中央 - 海浜打瀬小学校 - 花見川通り - 磯辺中央 - 真砂コミュニティーセンター - 東京歯科大学正門 - 高浜北団地 - 高浜消防署 - 高浜車庫
    • 2012年4月8日:運行開始。

グループ会社の京成バスが近年路線網を拡大している都市間通勤路線・マイタウン・ダイレクトバスで、京成バス新習志野高速営業所との共同運行である。千葉海浜交通では高速バス初参入となった。2013年8月16日より、土日祝日・お盆・ならびに年末年始が運休となった。

廃止路線[編集]

中央港線[編集]

中央港線路線図(廃止直前/1980年ころ)
  • 千葉駅北口 - 登戸海岸渚跡 - 千葉みなと駅 - 木材団地 - 新港 - 中央卸売市場
    • 1969年4月:[京成電鉄]国鉄千葉駅 - 中央二丁目 - 前・京成千葉駅東口 - 卸団地会館 - 食品センター(現・千葉みなと駅) - 木材団地 - 陸運事務所前(現・交通会館)を開通。その後、新港まで延長(延長日不明)。ごく初期を除き、小湊も同一区間を運行。
    • 昭和50年代:[京成電鉄]中央卸売市場まで延長。(小湊も)
    • 1997年12月24日:京成電鉄の便を海浜交通が譲り受ける。(小湊はそのまま)
    • 1999年7月10日:千葉駅北口 - 登戸海岸渚跡 - 中央卸売市場に変更。(小湊も)
    • 2008年4月1日:廃止。(小湊は運行を継続)

中央港線は、千葉駅北口から美浜区新港のコンビナート地帯を経由し、中央卸売市場までを結んでいた路線である。当初は京成電鉄と小湊鉄道の2社によって運行され、国鉄千葉駅(東口)から流通センターを経由して新港地区へ入るルートであった。埋め立てが完了したばかりの新港や中央港を走った最初の路線である。1997年に京成の便を海浜交通が譲り受けて運行していたが、2008年3月末日限りで海浜交通はこの路線から撤退した。

磯辺循環線[編集]

  • 検見川浜駅→中磯辺公園→磯辺第二小学校→検見川浜駅(小いそまる)
  • 検見川浜駅→中磯辺公園→海浜病院→磯辺第二小学校→美浜区役所→検見川浜駅(大いそまる)
    • 2005年9月26日:運行開始。
    • 2012年4月1日:廃止。

磯辺循環線は、磯辺3 - 7丁目にまたがる環状道路を時計回りに結んでいた循環路線である。朝と夕方は住宅地内のみを回り、日中の便は、海浜病院や美浜区役所を経由していた。開通当初から利用者は少なく、2012年3月末日をもって当路線は廃止された。車両は独自の塗装に「いそまる君」の文字を施した専用の小型車両日野・リエッセ、またベイタウン北循環線用の日野・ポンチョも一部使用されていた。

車両[編集]

千葉海浜交通では、すべての車両を日野自動車より導入している。創業から1990年代後半までは、路線のほとんどがニュータウンの通勤・通学路線であったことから、全車が定員の多く取れる大型の長尺車かつ降車時間の短縮に効果の高い3扉車であり、同社の車両の大きな特徴となっていた。

しかし、1997年のベイタウン線開通以降、路線の新設や京成電鉄からの移管によって、住宅地の街路をきめ細かく走行する路線や輸送密度の低い路線も運行するようになったため、少数ながら中型車を配備するようになった。また、大型車の降車扉についても、その後中央部1箇所に広幅の折り戸を配置する方式に変更され、2003年度以降に導入されているノンステップ車両では一般的な引き戸に変わった。このように、車両仕様における独自性は失われつつあるが、一方で利用状況に適応した小型車や狭幅大型車、ハイブリッド車、貸切専用車を導入するなどして、車両のバリエーションを急速に増やしている。塗装は海浜をイメージして白地に青色(車体後方に行くほど面積が小さくなる)のカラーリングであり、青色の中にも白線が入るが、青色部分は色調が暗かったものが2000年代に入ってからは明るい色調に変更されている。

2003年にトルコン式AT車を初採用して以降、AT設定のない車両を除き、極力AT車を採用している。その狙いは、運転操作にかかわるドライバー負担を軽減することで、生まれた余裕を安全運転や接客向上に向けるものである。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和49年の空中写真 (CKT7413-C20A-3) - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院
  2. ^ 『幕張メッセ中央線』の「イオンモール幕張新都心」への延伸について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]