九十九里鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九十九里鐵道株式会社
Kujūkuri Railway Co., Ltd.
九十九里鐵道の一般路線バス(東金駅前にて)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
283-0005
千葉県東金市田間25
設立 1923年12月21日
業種 陸運業
事業内容 バス事業
代表者 取締役社長 石川晋平
資本金 1000万円
従業員数 45人
主要株主 小湊鐵道
外部リンク http://www.kujyukuri-tetsudo.co.jp/
テンプレートを表示

九十九里鐵道株式会社(くじゅうくりてつどう)は、千葉県東金市を拠点とするバス事業者。

1926年(大正15年)から1961年(昭和36年)までの間、千葉県東金市の東金駅から千葉県山武郡九十九里町上総片貝駅までを結んでいた鉄道路線(1931年まで軌道)を有していた。

鉄道路線は、同県の千葉市や山武郡成東町(現・山武市)への延長も計画されていたが実現はせず、1961年3月1日に廃止された。その後も社名に「鉄道」の名を残し、バス路線などでは片貝に“駅”が冠されるなど、鉄道の名残が見られる。

現在では、同じ千葉県内の小湊鐵道と株を持ち合い、その保有比率から規模が大きく異なるものの、同社の名目的な親会社となっている。そのため、バスの塗装は、一部の車両を除き、小湊鐡道と同じである。

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)9月26日 軌道特許状下付(山武郡東金町-同郡片貝村間)[1]
  • 1923年(大正12年)12月21日 九十九里軌道として設立[2][3]
  • 1926年(大正15年)11月25日 東金 - 片貝(のちの上総片貝)間開業[2]
  • 1927年(昭和2年)3月2日 軌道特許状下付(山武郡鳴浜村-同郡豊海村間)[4]
  • 1931年(昭和6年)12月26日 軌道から鉄道に変更[5]
  • 1932年(昭和7年)3月24日 九十九里鐵道に社名変更[6]
  • 1936年(昭和11年)1月22日 鉄道免許失効(山武郡片貝町大字片貝-同郡鳴浜村大字本須賀間 指定ノ期限マテニ工事ニ着手セサルタメ)[7]
  • 1937年(昭和12年)10月20日 鉄道免許状失効(山武郡片貝町大字片貝-同郡豊海村大字真亀間 指定ノ期限マテニ工事ニ着手セサルタメ)[8]
  • 1939年(昭和14年)11月 学校前仮駅設置。
  • ????年?月?日 学校前仮駅廃止。
  • 1944年(昭和19年)3月 京成電気軌道傘下に入る。
  • 1948年(昭和23年)12月 鉄道と並行した東金 - 片貝間の路線バス運行開始。
  • 1953年(昭和28年) 学校前駅再設置。
  • 1961年(昭和36年)3月1日 東金 - 上総片貝間の鉄道廃止。

鉄道(軌道)事業[編集]

九十九里鐵道
路線総延長 8.6 km
軌間 762 mm
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STRq
国鉄東金線
exSTRlg
0.0 東金駅
exBHF
1.4 堀上駅
exBHF
3.8 家徳駅
exBHF
5.0 荒生駅
exBHF
6.8 西駅
exBHF
7.7 学校前駅
exKBHFe
8.6 上総片貝駅

東金と漁師町の片貝を結ぶ路線として1926年11月25日に開業。全線の運賃は30銭だった。当初は九十九里軌道を名乗り、法規上も軌道法の適用を受けた軌道だったが、1931年に地方鉄道法に適用法規を変更し、翌年社名も九十九里鐵道に改めた。

列車はガソリンカーで運行されていた。このガソリンカーは運転席が進行方向側にしかない単端式と呼ばれるもので、東金駅と上総片貝駅にあった転車台に載せ方向転換する必要があった。なお、太平洋戦争後の1946年から1947年頃まで、燃料不足や溢れる買出し客を捌くため蒸気機関車も併用していた。栃尾鉄道のB形コッペル5号機(1920年製、7t、30PS、1400mmタイプ)を1946年(昭和21年)11月に購入。1947年(昭和22年)9月に日本硫黄沼尻鉄道(耶麻軌道)のB形コッペルB73(3号、1914年製、7t、30PS、1200mmタイプ)を購入し、1号と改称した[9]

夏季には海水浴客で賑わったが、車社会が進む一方で資金不足から鉄道施設の近代化が図れず、1961年2月28日限りで廃止され、以後はバス専業になる。

当時の状況[編集]

本鉄道は気動車の燃料を地元産の天然ガスに改造することによって太平洋戦争中のガソリン入手難時代を乗り切り、この時代も気動車による運行を継続することができた[10]。本来はガソリンを燃料としていたが、沿線地域の片貝付近では地下から天然ガスが湧出しており、戦中戦後にかけてのガソリン不足の時代を天然ガス等で代用していた。しかし、天然ガスでは馬力が弱く、当時の記事に「途中で動かなくなり家族を迎えに行った」「通行人とぶつかると車両の方が倒れてしまう」(後者の記述はさすがに誇張である)などという記述が見られるほどだった。だが、そうした記述には不満に思っているという雰囲気はなく、地元の人々に愛されていたことがうかがえる。

1961年当時、鉄道と並行した道路(未舗装)に自社の定期バスも運行され、鉄道と交互運行だった。乗客が上総片貝駅に尋ねにいくと、鉄道が先かバスが先かを案内してくれた[11]

列車の走行速度については、気動車が有蓋車1輛と客車2輛を牽引した状態で、時速30kmにも満たなかったという[12]

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):東金 - 上総片貝間 8.6km
  • 軌間:762mm
  • 駅数:7駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化

駅一覧[編集]

廃止時点のもの

東金駅(とうがね) - 堀上駅(ほりあげ) - 家徳駅(かとく) - 荒生駅(あらおい) - 西駅(にし) - 学校前駅(がっこうまえ) - 上総片貝駅(かずさかたかい)

接続路線[編集]

※事業者名は営業当時のもの。

所属車両[編集]

廃止時点のもの

気動車[編集]

ディーゼルエンジン搭載車は皆無で、ガソリンエンジン車のみで最後まで通された。また空気ブレーキ装備は行われず、牽引気動車の手動式ブレーキ・エンジンブレーキのみで減速・停止を行った。

キハ102・103・104 (1926年(大正15年) 丸山車輌製)
キハ101は1929年(昭和4年)に焼失。当初形式は「キハ」ではなく「クジュウクリ・マルヤマ」を略した「クマ」であったとも言われている。
木造車で九十九里軌道→鉄道線の営業全期間を通じての主力車。丸山車輌が製造した単端式気動車の代表事例で、他の丸山単端車が最大20HPフォード・モデルTエンジンと変速機を用いていたのに対し、強化版として、フォード社の傍系会社であるフォードソン・トラクター製26HP4気筒エンジンを搭載、専用トランスミッションを装備した。台枠の一部にも木材を用いていたことが特徴。原型では車端の車内寄り床下にエンジンを納めたキャブオーバー型であったが、1950年代初頭に100HP級のフォード・V型8気筒にエンジン換装、フロントに台枠とボンネットを突き出させ、客貨車牽引力を著しく増大させた。またこの時期に、木造外板の外側に鋼板を張り付ける補強措置も行っている。キハ101以外の3両はメンテナンス状態が良かったこともあり、概して老朽化が早く早期廃車されがちであった丸山単端車の中では異例な、35年に渡る長寿を達成した。

客車[編集]

気動車改造車をのぞき、ほとんどが木造車であった。

キハ201 (1930年(昭和5年)雨宮製作所製)
焼失したキハ101の代替車として新造されたもので、雨宮独特の角張った車体を持つ。当初形式は「クジュウクリ・アメミヤ」を略した「クア」であったとも言われる。戦後まで気動車として使われたが、1950年代末期にエンジンを降ろされて客車化された。
ケハフ301 (1936年(昭和11年)日本車輌製造本店製)
岩井町営軌道が当局に無認可で新造していた半鋼製両運転台気動車キハ104を、同線休止後の1944年に譲受、キハ301として入線させたもの。岩井町営の「モグリ」車両であることは戦時中の混乱に紛れて露見しなかった模様。機動性では単端式各車よりも勝っていたはずであるが、戦後比較的早期に客車化。
ハニフ105・106・ケハ107・111

貨車[編集]

ケワ50・52・53

鉄道線廃止後の車両動向[編集]

廃止直後にケハ107が沿線の片貝ときがね幼稚園に寄贈されたが、幼稚園移転の際に個人が引き取り、現在は千葉県内某所にて保管している。

その他の車両は、京成電鉄谷津遊園船橋ヘルスセンターの間に遊覧鉄道を計画していたことから東金駅構内にて保管。しかし実現することなく1972年頃まで放置状態となり、荒廃が進んですべて処分された。東金駅周辺区画整理の際に土に埋められたという。

バス事業[編集]

貸切塗装バス(千葉駅前にて)

路線[編集]

現行路線[編集]

急行 九十九里ライナー線[編集]
  • JR千葉駅 - 中央三丁目 - (山田インターみきの湯前 - 丘山台三丁目) - 砂郷 - 南上宿 - 東岩崎 - サンピア前 - 東金駅東口 - 東金保健所 - 新宿下 - 養護学校入口 - 家徳 - 九十九里学園前 - 九十九里町役場前 - 西之下 - 片貝駅
  • JR千葉駅 - 中央三丁目 - 東金NT丘の街 - 高等技術専門校 - 北中学校 - 西ヶ丘 - 南ヶ丘 - 湖北台 - 八坂台一・二丁目 - 文化会館 - 東金駅入口 - 東金駅西口 - 東金駅入口 - 九十九里鉄道本社前 - 新宿下 - 養護学校入口 - 九十九里学園前 - 片貝駅

千葉東金道路を経由する。
山田インターみきの湯前 - 丘山台三丁目間は、東金駅東口経由便・平日下り方向の、夜間2便のみ停車。

急行 レイクサイドライナー・レイクサイドヒル線[編集]
  • JR千葉駅 - 中央三丁目 - 東金NT丘の街 - 高等技術専門校 - 北中学校 - 西が丘 - 南が丘 - 湖北台 - 八坂台一・二丁目 - 文化会館 - 東金駅入口 - 東金駅西口

千葉東金道路を経由する。
2013年3月31日限りで、共同運行していたちばフラワーバスが、同路線から撤退。 翌4月1日にダイヤ改正を実施。同社の単独運行となる。 京成千葉中央駅での降車扱いを廃止、また同路線の起・終点を、八坂台一・二丁目から東金駅西口に変更。同時に、「九十九里ライナー」の一部便がレイクサイドヒル地区 東金駅西口経由 片貝駅始終着となり、「レイクサイドライナー」の路線に乗り入れを開始した。

片貝線[編集]
  • 1:東金駅 - (サンピア前) - 養護学校入口 - 家徳 - 九十九里学園前 - 九十九里町役場前 - 駅入口 - 北之下 - 中川岸 - 本須賀
  • 2:東金駅 - (サンピア前) - 養護学校入口 - 家徳 - 九十九里学園前 - 九十九里町役場前 - 西の下歩道橋 - 片貝駅
  • 6:東金駅 - (サンピア前) - 養護学校入口 - 家徳 - 九十九里学園前 - 九十九里町役場前 - 西の下歩道橋 - 粟生納屋 - 不動堂 - サンライズ九十九里

サンピア前は平日のみ経由。

豊海線[編集]
  • 3:東金駅 - (サンピア前) - 幸田 - 上西野 - 不動堂 - サンライズ九十九里
  • 4:東金駅 - (サンピア前) - 幸田 - 上西野 - 不動堂 - 粟生納屋 - 西の下歩道橋 - 九十九里町役場前 - 九十九里学園前 - 家徳 - 養護学校入口 - (サンピア前) - 東金駅
  • 5:東金駅 - (サンピア前) - 幸田 - 上西野 - 不動堂 - 粟生納屋 - 片貝駅
  • 7:東金駅 - (サンピア前) - 幸田 - 上西野 - 不動堂 - サンライズ九十九里 - 白里

サンピア前は平日のみ経由。

八街線[編集]
  • 11:東金駅 - 丘山小学校 - 滝台 - 極楽寺 - 笹引 - 駒返 - 八街駅
  • 12:東金駅 - 東金商業高校前 - 菅谷 - 栗生 - 滝沢入口 - 上布田 - 極楽寺 - 笹引 - 駒返 - 八街駅

滝台経由は、1往復のみの運転(なお八街駅方向便は、日・祝日運休)。 東金駅 - 東金商業高校前 - 上布田間の区間便・1往復あり(日・祝日運休)。

東金レイクサイドヒル線[編集]
  • 17:東金駅 - 日吉台四丁目 - 湖北台 - 南が丘 - 西が丘 - 日吉台四丁目 - 東金駅
東金商業線[編集]
千葉学芸高校線[編集]
大網線[編集]

平日1往復のみ運転。

受託路線[編集]

過去路線[編集]

急行 サンライズライナー線[編集]
  • JR千葉駅 - 中央三丁目 - サンライズ九十九里 - 不動堂 - 片貝駅 - 新開 - 本須賀

2008年7月18日廃止

車両[編集]

市内循環線など一部を除き、車両のメーカーは日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)製が多数を占め、以前は同社製車両でほぼ統一されていた。 かつての小湊鐵道と同じく富士重工業製車体を架装した車両が多くなっている。富士重工業のバスボデー架装事業撤退後に導入された車両(貸切バスや急行バス用車両)では西日本車体工業製の車体を架装している。なお、路線車については小湊鐵道から移籍した日産ディーゼル製車両も存在している。また、2011年になって小湊鐵道からいすゞ自動車製の高速路線車、三菱ふそう製の貸切車(いずれも車体は富士重工業製を架装)が移籍し、長きにわたった日産ディーゼル製車両での統一が崩れた。 なお小湊鐵道の車両と異なり、同社の車両には社番がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1922年9月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第34回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1927年3月5日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「軌道を地方鉄道に変更許可」『官報』1932年1月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『鉄道統計資料. 昭和6年度 第3編 監督』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 「鉄道免許失効」『官報』1936年12月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「鉄道免許失効」『官報』1937年10月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 『鉄道ファン』1975年7月号「九十九里鉄道のこと」より。
  10. ^ 『ちばの鉄道一世紀』(p104)より。
  11. ^ 『鉄道ファン』1975年7月号(p79)より。
  12. ^ 『鉄道ファン』1982年9月号(p90)より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]