市川交通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市川交通自動車株式会社
種類 株式会社
略称 市川交通
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:272-0023
千葉県市川市南八幡5-16-2
設立 1941年
業種 陸運業
事業内容 タクシー事業他
代表者 代表取締役社長 三上 功
外部リンク http://www.ichikawakoutsu.jp/
テンプレートを表示
本社営業所

市川交通自動車株式会社(いちかわこうつうじどうしゃ)は、千葉県市川市タクシーを運行する、京成グループの事業者である。 かつてはバスも運行していた。

元々はタクシー専業であったが、2001年に京成電鉄(現、京成バス市川営業所八幡車庫のバス路線のうち原木線および大洲線を譲り受け、バス事業も行うようになった。これに伴い、路線バスについては「市川ラインバス」という愛称が付けられた。2009年にバス事業を京成トランジットバスに移管した。

沿革[編集]

本社および営業所[編集]

本社営業所は、本八幡駅近くの市川市南八幡5-16-2にある。このほか、浦安市高洲2-1-14に舞浜営業所がある。

バス事業[編集]

市川ラインバスの車両(現在はトランジット塗装に変更)

市川交通自動車は、タクシー専業会社であったが、2001年9月16日に京成電鉄市川営業所のバス路線のうち、大洲線、原木線の2路線を移管され、バス事業に参入した。大洲線は市川駅から大洲町を経由して本八幡駅まで、原木線は本八幡駅から原木中山駅を経由して二俣新町駅までの路線であり、いずれも総武線江戸川に挟まれた地域を走る路線である。「市川ラインバス」の愛称がつけられ、写真のような独自塗装の車両も導入されたが、2009年8月1日をもって両路線とも京成トランジットバスに移管され、およそ8年でバス事業から撤退した。

運行していた路線の詳細は、京成トランジットバスの大洲線、原木線の項を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]