コアントロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コアントロー
Liqueur Cointreau (Imported) - 45 degrees.jpg
基本情報
種類 リキュール
詳細分類 果実系のリキュール
度数 40%
発泡 なし
主原料 ビターオレンジ、スイートオレンジ
原産国 フランス
製造元 コアントロー社
販売元 バカルディ・ジャパン(日本の旗 日本
詳細情報
糖度 27%
無色透明
テンプレートを表示

コアントロー: Cointreau)とは、フランス産のリキュールのひとつ。液色は無色透明。アルコール度数は約40度。エキス分は27%。創始者エドゥワール・コアントローが開発し、現在に至るまで開発当時の味を厳密に再現している。

概説[編集]

コアントローは、コアントロー社が製造するホワイトキュラソーの1つである。オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴で、そのまま食後酒とするほか、カクテル菓子、料理などに用いられ、氷などで冷やされると淡く白濁する。これは良質のオレンジが使われている証拠であり、コアントローがホワイトキュラソーと言われる所以とも言える。

スピリッツにビターオレンジとスイートオレンジの果皮、葉、花などに極秘の成分を加えて香味を抽出したものをさらに蒸留し、シロップスパイス類で香味を調整して作る。アルコール度数は約40度。エキス分は27%。

1819年にフランス・ロワール地方のアンジェ市にあるコアントロー社が作り始めた。当初はトリプルセック(Triple Sec、「三倍辛い」の意味)という商品名だったが、類似品が多数出回りだしたため、コアントローと改名した。ちなみに、コアントロー社では世界各地で作られた贋物・類似品を展示している。

コアントローを使ったカクテル[編集]

外部リンク[編集]