キシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キシル(Qishr、アラビア語:قشر)は、香辛料の効いたコーヒーの殻[1]ショウガ[2]、そしてしばしばシナモン[3]を使って作られるイエメンの暖かい飲み物である。安価なことから、イエメンではコーヒーの代用として飲まれる[2]

「ショウガ入りのコーヒーは万人の飲み物であり、カップは常に満たされている。客は一度に2つのカップを出される。コーヒーの殻から作るキシルも、特にティハーマで飲まれる。」[4]

少なくとも1100年前、貿易商が紅海を超えてコーヒーをアラビア(今日のイエメン)にもたらし、そこでムスリムダルヴィーシュが自宅の庭で低木の栽培を始めた。最初に、アラビア人はコーヒーの果実を発酵させたパルプからワインを作った。この飲み物はキシルとして知られ、宗教的な儀式の際に用いられた[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dresch, Paul, "A history of modern Yemen"
  2. ^ a b Hestler, Anna, "Yemen"
  3. ^ Jacob, Jeanne, Ashkenazi, Michael "The World Cookbook for Students, Volume 1"
  4. ^ Thesiger, W. "A Journey Through the Tihama, the 'Asir, and the Hijaz Mountains." The Geographical Journal , Vol. 110, No. 4/6 (Oct. - Dec., 1947), page 192.
  5. ^ Pendergrast, Mark (2001) [1999]. Uncommon Grounds: The History of Coffee and How It Transformed Our World. page 5. London: Texere. ISBN 1-58799-088-1.

文献[編集]

  • Philby, H. St. J. B. (Harry St. John Bridger), 1885-1960. Arabian Highlands. Ithaca: Published for the Middle East Institute, Washington, D.C. [by] Cornell University Press, [1952]. Subjects: Arabian Peninsula—Description and travel. 771 p. : illus., maps (part fold., 1 in pocket). OCLC No.: 01083943. Page 687.