イングリッシュ・ブレックファスト・ティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イングリッシュ・ブレックファスト・ティーは、イギリスの伝統的な紅茶のブレンドであり、アッサムセイロンティーケニア産の茶葉を用いる。[1] イギリスの紅茶文化の一般的で人気のあるブレンドの1つである。

イングリッシュ・ブレックファスト・ティーは通常ミルクと砂糖がよく合うように濃く作られ、フル・ブレックファストに供される。

ブレンドにはアッサム、セイロン、ケニア産の茶葉を使うことがほとんどであるが、より高価なブレンドとして祁門を使うこともある。

起源[編集]

いくつかの起源が知られている。朝食に紅茶を飲むことはイギリス文化として古くから行われてきていた。このブレンドを特に「イングリッシュ・ブレックファスト・ティー」と呼ばれるようになったのは、イギリスからではなく植民地時代のアメリカからである。[2]Journal of Commerceによれば、1843年にニューヨークの茶商人リチャード・デイビスが始めたとされる。1ポンドあたり50セントで販売され、模倣品が登場するほどの成功を収めた。[3]またスコットランドが起源とも言われる。スコットランドで「ブレックファスト・ティー」と呼ばれていたものが広がったとされ、一部にはビクトリア女王が広めたとされる。[4]


脚注[編集]

  1. ^ Jane Pettigrew and Bruce Richardson, The Tea Lover's Companion: A Guide to Teas Throughtout the World, London, U.K.: The National Trust, pp. 54 
  2. ^ ZoeAnn Holmes. “English breakfast tea - Food Resource - Oregon State University”. food.oregonstate.edu. 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ History of the English Breakfast Tea”. Logoi.com. 2009年3月12日閲覧。
  4. ^ English Breakfast”. Marah Tea (Pvt) Ltd. 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月26日閲覧。

関連項目[編集]