水指

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水指(みずさし)は、茶道具のひとつである。

水指(手前の陶器)

概要[編集]

茶道の点前で、茶釜に水を足したり、茶碗茶筅を洗う水を蓄えておくための器である[1]。陶磁器製(焼物)のものが多いが、そのほかにも曲物・塗物など木工品や金物などもある。焼物の水指では、蓋が一緒に(同じ焼物で)作られているものを共蓋と呼び、別に塗物で作られているものは塗蓋と呼んでいる。

皆具として扱う場合、多くは杓立建水蓋置などとセットになっている。独立した茶道具として扱う場合、風炉と並べて客付に置く、点前畳の中央に置く、棚に入れる、長板に置くなどして扱う[2]

多くは円筒形だが、用途によって形状に差異が生じる[3]。材質も用途によって分かれるが、大きく金属・陶磁器・木材及び竹に大別される[4]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 茶道具の基礎知識・165頁
  2. ^ 茶道具の基礎知識・165頁
  3. ^ 茶道具の基礎知識・165頁
  4. ^ 茶道具の基礎知識・166-186頁