アッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Assam black tea.jpg

アッサム(アッサム語: অসম, ヒンディー語: आसाम, または असम)とは、インドアッサム地方(インド北東部)でつくられる紅茶の総称である。

19世紀初頭まで東アジアに限定された作物とみなされていたが、1823年、アッサム地方に交易開拓に来たイギリス人・ロバート・ブルースが野生茶樹を発見した。この植物は最初、独立種として記載され後にチャノキ(学名 : Camellia sinensis (L.) Kuntze)の変種として再記載された。これが高木になる変種のアッサムチャ(学名 : Camellia sinensis (L.) Kuntze var. assamica (J.W.Mast.) Kitam.)である。この発見がアッサムでの茶栽培のきっかけである。アッサムチャは基本変種よりも寒さに弱い反面、低緯度地域あるいは低高度地域での栽培に向いている。1839年(1838年という説もある)、イギリスにはじめて輸出され、以降インド紅茶を代表する紅茶としての地位を確立した。ちなみにダージリンは中国から導入された基本変種であるチャノキ(学名 : Camellia sinensis (L.) Kuntze)をインドで栽培したものである。

アッサムの紅茶は水色が濃い紅色でこくが強いためミルクティーとして飲まれることが多い。チャイ用として細かく丸まったCTC製法(Crush Tear Curl--つぶして、ひきさいて、丸める)で製茶されたものが多く出回っている。