ダージリン・ティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Darjeeling-tea-first-flush-in-cup.jpg

ダージリン・ティー (Darjeeling tea) は、インド北東部西ベンガル州北部のダージリン地方で生産される紅茶の総称である。時に「紅茶のシャンパン」とも呼ばれ、セイロンウバ中国キーマンと並び世界の三大紅茶と称される。

特徴[編集]

紅茶の中でも特に香りを重視される紅茶である。香りを楽しむためストレートティーで飲まれることが多い。ダージリンが強い香りを持つのは、寒暖の差の激しい標高の高い山地で生産されているためである。セカンドフラッシュではマスカテルフレーバーマスカットフレーバー)と呼ばれる特徴的な香りの顕著なものが上質とされる。マスカテルフレーバーの香気成分の生成には茶葉に対するウンカの吸汁が関与するとされる。ウンカはセカンドフラッシュが摘まれる時期にもっとも多く発生する。

紅茶は一般に茶葉を完全に酸化発酵させたものであるが、ダージリン地方の春摘み茶(ファーストフラッシュ)には軽発酵で、緑茶に近いものも少なくない。

現在市場に「ダージリン」の名称で出回っている茶葉は実際の生産量(全紅茶の2%程度がダージリンと言われている)よりかなり多く、ダージリンの名前を騙った偽物やほんの少量しかダージリン紅茶が含まれていない劣悪品の類が出回っていると思われる。

等級[編集]

ダージリン・ティーの茶葉

これらの表示はあくまでも茶葉の外見上の分類であり、香りや味のランクを表すものではない。TGFOPまでのグレードに関してはインド政府紅茶局も認定しているが、それ以上の等級は、客観的に評価されたものではなく、茶園やバイヤーが勝手につけたものである。基本的にはチップの種類(ゴールドかシルバーか)それを含む量などが目安となるが、統一規格などは何も無く、茶園やバイヤーが違えば実際の品質をこの等級で比べて優劣を付けることはできない。

  • FOP(フラワリー・オレンジ・ペコー)
  • GFOP(ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)
  • TGFOP(ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)
  • FTGFOP(ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)
  • STGFOP(シルバー・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)
  • SFTGFOP(シルバー・ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)

等がある。詳しくは紅茶のページの等級の項目を参照されたい。

上記の等級表示の後に次のような名称が付く場合がある。

CH / CHINA
「クローナル」の登場にともなって在来の栽培個体群をまとめてあらわす必要が出てきたために生まれた概念(言葉)がCHINAあるいはCHINA BUSHである。中国に起源を持つ雑多な栽培個体群であって園芸品種や、まとまった系統をしめすものではない。あたかも園芸品種であるかのような印象を与える「中国種」という表記は不適当である。日本語では「チャイナ」と表記するのが妥当であろう。
CL / CLONAL
「クローナル」とは挿し木等の栄養繁殖で増やしたという意味である。種子によって繁殖する実生(SEEDLING)と区別するための呼称であり園芸品種育種上の系統をあらわすものではない。あくまでも繁殖方法を表現するものである。あたかも園芸品種であるかのような印象を与える「クローナル種」という表記は不適当である。単に選抜された個体栄養繁殖したものであり、果樹花木の生産では古くから行われている技術である。しかし茶樹の栽培においては比較的新しい。良質かつ均質な茶葉を生産できるが、茶葉の質は手入れや天候によっても変わるため、クローナル表記も上記の等級と同様に香りや味を保障するものではない。
MUS / MUSCATEL
ダージリン紅茶の中でも特にマスカテルフレーバーの特徴を持っていると茶園が判断した場合、表示に付加される。元々マスカテルフレーバーを有する茶葉がダージリン紅茶全体の生産量に対し極めて少ないため、付加価値をアピールするために表示されるようになったのだが、この表示があればマスカットフレーバーを有している事を必ずしも保証するものではない。

収穫期[編集]

ファーストフラッシュ(春摘み)
ダージリン紅茶のファーストフラッシュは特に日本やドイツなどで人気が高く、若々しい爽やかな香りが特徴。しかしながら「青臭い」や「薄い」などと言われる事も在り、好みが分かれる所である。
セカンドフラッシュ(夏摘み)
ダージリン紅茶のクオリティシーズン。一般的にマスカテルフレーバーを有するとされる茶葉は全てこのセカンドフラッシュである。他の収穫期と比べ高品質とされ、高値で取引される。
オータムナル/オータムフラッシュ(秋摘み)
中級品とされ比較的安価で手に入れる事が出来る。香りは少々劣るものの、比較的濃厚で丸みを帯びた味が特徴でミルクティーにも合うとされる。

ダージリンの茶園[編集]

ダージリンには80以上の茶園があり、その約半数が茶葉のオークションに出品している。それぞれの茶園は個性のある茶葉を生産しているが、日本にも茶葉が輸入されている有名な茶園を挙げた。

  • オカイティ茶園
  • キャッスルトン茶園
  • グームティー茶園
  • ゴパルダーラ茶園
  • サングマ茶園
  • サマビョン茶園
  • ジュンパナ茶園
  • シーヨック茶園
  • シンゲル茶園
  • シンブリ茶園
  • スーム茶園
  • スタインタール茶園
  • セリンボン茶園
  • タルボ茶園
  • チャモン茶園
  • ナグリ茶園
  • ナムリング茶園
  • ノースタクバル茶園
  • バラスン茶園
  • フグリ茶園
  • プッシンビン茶園
  • プッタボン茶園
  • マーガレッツホープ茶園
  • マカイバリ茶園
  • リシーハット茶園
  • リンギア茶園
  • ロヒニ茶園

関連項目[編集]