青葉アルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青葉アルコール
青葉アルコールの構造式
識別情報
CAS登録番号 928-96-1
KEGG C08492
特性
化学式 C6H12O
モル質量 100.16
外観 無色液体
密度 0.846, 液体
融点

−61 – −62

沸点

156

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

青葉アルコール(あおばアルコール、leaf alcohol)は不飽和アルコールの1つ。京都大学武居三吉により緑茶の香り成分として発見・命名された。

化学式は C6H12O、分子量は 100.16。IUPAC命名法では (Z)-3-ヘキセン-1-オールまたは cis-3-ヘキセン-1-オールとなる。CAS登録番号は 928-96-1。

融点 −61 – −62 ℃、沸点 156 ℃の無色の液体で、青臭い特有の香気を有する。名前からも分かるとおり、野菜など植物の青臭い香りの主成分であるが、ストレスに対する植物の防御機構に関わっていると見られている。木の葉やハーブ油にも含まれ、香水などの原料として工業生産されている。

酸化されると青葉アルデヒドcis-3-ヘキセナール)を生じるが、こちらは青葉アルコールよりも強い香気を持ち、同様に香水に用いられる。

異性体[編集]

異性体trans-2-ヘキセノール (trans-2-hexen-1-ol) のことも青葉アルコールと呼ぶこともあり、こちらも香料として用いられる。

trans-2-ヘキセノールは沸点 156–158 ℃の無色透明の液体で、cis 体と比べてリンゴに近いフルーティーな香気を有する。CAS登録番号は 928-95-0。

参考文献[編集]

  • 本間善夫・川端潤 『パソコンで見る動く分子事典』 講談社〈ブルーバックス〉、1999年、157頁。