隴川県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 雲南省 隴川県
別称:



簡体字 陇川
繁体字 隴川
Lŏngchuān
カタカナ転記 ロンチュァン
国家 中華人民共和国
雲南
自治州 徳宏タイ族チンポー族自治州
行政級別
面積
- 総面積 1,931 km²
人口
- 総人口(2005) 17.28 万人
経済
電話番号 0692
郵便番号 678700
行政区画代碼 533124
公式ウェブサイト http://www.dhlc.gov.cn/

隴川県(りようせん-けん)は中華人民共和国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州に位置する

歴史[編集]

隴川地区は450年に保山卡斯洼に居住するタイ族首領であった法賽練が367戸を率いて南宛河に移住したのが始まりである。1160年紹興30年)、麓川思氏が勐卯(現在の瑞麗)の部族を統一した際に隴川もその勢力下に組み込まれた。

その後中央王朝の冊封大勢に組み込まれていたが、中華民国が成立すると1912年に弾圧委員会が設置、1916年には行政委員会、1932年には政治局が設置され近代行政組織への編入が実施された。

新中国成立後は1951年12月21日、各民族連合政府として隴川県が設置され保山専区の管轄とされた。同年10月に瑞麗、隴川両県が合併し瑞麗県とされたが、1959年9月に再び分割され隴川県が設置された。

行政区画[編集]

下部に4鎮、4郷、1民族郷を管轄する

    • 章鳳镇、隴把鎮、景罕鎮、城子鎮
    • 護国郷、清平郷、王子樹郷、約郷
  • 民族郷
    • 戸撒阿昌族郷