小児経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小児経
Xiao-Er-Jin.jpg
中華人民共和国建国初期の漢-アラビア語-小児経辞書
類型: アルファベット
言語: 中国語
時期: 8世紀頃-現在
親の文字体系:
Unicode範囲: 割り当てなし[要出典]
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

小児経繁体字小兒經簡体字小儿经拼音: xiǎoérjīng注音符号ㄒㄧㄠˇㄦˊㄐㄧㄥ(小児経本字で書き)شِيَوْ عَر دٍ)は、アラビア文字を組み合わせて、中国語(主に蘭銀官話中原官話及び東北官話)の発音を表す非公式の表音文字である。小児錦小兒錦 / 小儿锦、xiǎorjǐn)、小経小經 / 小经、xiǎojīng)、消経消經 / 消经、xiāojīng)とも称される。主に中国国内のイスラム教徒である回族トンシャン族(東郷族)、サラール族(撒拉族)の子弟に対するコーラン教育に使用した。小児経は中国語音を表記した文字(中国語表音法)としては古いものに分類される。

小児経の文字は他のアラビア語系と同様に右から左に書かれる。しかし長母音以外の母音表記を重視しないアラビア語と異なり、全ての母音を明確に表記する傾向があり、これはウイグル語と同様の特徴を有している。これは中国語が母音を重視する傾向が強い影響とあると考えられる。これに対し声調の表記は存在していない。

名称[編集]

小児経は規則化された標準的な文字システムが確立していないばかりか、統一された名称も存在していない。標題で使用している「小児経」というのは陝東山西河北河南山東北京天津及び東北地区で一般的に使用されている名称であり、「小経」或いは「消経」と簡称されている。これに対し寧夏甘粛内蒙古青海及び中国北西部では小児錦と称され、「小錦」と簡称されている。またトンシャン族は東郷文或いは回回文と、サラール族では撒拉文と称され[1]、また中央アジアカザフスタンキルギスタンなどに居住しているドンガン人回族)の間では1928年にラテン文字が導入される以前、小児経に類似した文字を使用しており、回文と称されていた。

華北一帯では一般に小児経は中国語でピンイン注音が導入される以前、教育を行なう際の漢字の音を表す一種の道具とみなされており、それが小児経の名称の由来になったと考えられている。小児錦小児経が転訛したものであり、本来「経( / 、jīng)」という字音であるが、中国北西部では韻尾のngとnの区別がなく、また、上声を高平調で発音するため、「錦( / jǐn)」になったものと考えられている。

起源[編集]

7世紀中葉、イスラム教が当時唐朝であった中国に流入し、それに伴いアラビア語やペルシャ語を母語とする民族が流入した。それから1世紀ほどの時間の経過を経てそれらの民族は唐人との間で混血が進み現在の回族の祖先を形成していった。イスラム教ではクルアーンの翻訳を禁じており、イスラム教徒はアラビア語でのクルアーン購読を要求され、幼少期よりモスクなどでアラビア語やクルアーンを学ぶことが習慣となった。当時イスラム勢力が強かった北西部では漢字に対する理解が一般に進んでおらず、コーラン学習の過程で習得したアラビア文字を利用して中国語を表記するようになった。現在小児経の最も古い用例としては西安の清真寺(モスク)に残る碑文であり、アラビア語でクルアーン経典が記されると同時に石碑下部に小児経により碑文と清真寺建立に寄付をした人物名が記されている。碑文にはイスラム暦740年、即ち1339年7月9日から翌年6月26日の間に記されたことが判明している。

使用状況[編集]

小児経は経堂文日常文に分類することが出来る。経堂文とはモスク内での学生とウラマーの間の簡単な文章の中で用いられたものであり、多くのアラビア語、ペルシャ語系のイスラム経の専門用語が混じり、漢字は一切使用されていない。記述方法も比較的体系化されていたものと言える。これに対し日常文はイスラム教徒が日常の書簡の中で使用したものであり、しばしば簡単な漢字が混じっている。また筆記者の発音に依拠しており、筆記者自身のアラビア語、ペルシャ語の転訛した発音により記載しているため、一般的には部外者には理解が困難なものであった。

現代では中国内陸部でも経済開放が進み、また農村地区でも漢字教育が普及したことから小児経は次第に姿を消す傾向にある。そうした状況下、1980年代半ばより中国内外の学者により小児経の研究が進められ、南京大学を中心に北西地区での現地調査を通して小児経文書の収集を実施いている。その中で小児経はモスクでの教育での用途が失われたあとでも、親戚や友人の間の書簡の交換に小児経が多用されていた事実が判明してきた。

中央アジアのドンガン人も、1928年ラテン文字を使用したドンガン語表記法が定められ、1953年にはキリル文字表記法への移行が行われ、それぞれの文字による教育も行われたため、回文(小児経)の使用はほとんど無くなっている。

文字[編集]

小児経には36の文字があり、その中の4つは母音音素を表している。構成はアラビア語のからの借用は28文字、ペルシャ語からの借用が4文字とその変体である2文字、小児経独自の文字が4文字となっている。

子音[編集]

文字 文末、文中、文頭 中国語発音 ピンイン アラビア語
発音
ペルシャ語
発音
注釈
1 Alif-individua.svg Alif-fina.svg [ɑ][a] a、 a-、 -a、 -a- [ʔ][aː][æː] [ʔ][ɔ][æ] اَ(阿 ā) 母音
2 Baa-individua.svg Baa-finamezakomenca.svg [p][b]- b- [b] [b] بَا bà)
3 Paa-individua.svg Paa-finamezakomenca.svg [pʰ]- p- [p] پﹾ(婆 pó) ペルシャ語より借用
4 Taa-individua.svg Taa-finamezakomenca.svg [tʰ]- t- [t] [t] تَا(塔 tă)
5 THaa-individua.svg THaa-finamezakomenca.svg [tɕʰ]-、 [ɕ]- q-、 x- [θ] [s] ثِئ(些 xiē) 中国語の単語を表す際は発音が変化する
6 Tahah-individua.svg Tahah-finamezakomenca.svg [tɕʰ]- q- ﭤْﻮ / qióng) 小児経独自の文字
7 Jiim-individua.svg Jiim-finamezakomenca.svg [ʈʂ]- zh- [dʒ] [dʒ] ﺟﹾ / zhè) 中国語の単語を表す際は発音が変化する
8 CHaa-individua.svg CHaa-finamezakomenca.svg [ʈʂʰ]- ch- [ʧ] ﭼﹾ / ché) ペルシャ語から借用
9 HHaa-individua.svg HHaa-finamezakomenca.svg [x]- h- [ħ] [h] ﺣﹾ(河 hé) ピンイン-e、 -ei、 -en、 -eng韻尾前で使用
10 KHaa-individua.svg KHaa-finamezakomenca.svg [x]- h- [x] [x] ﺧﹸ(湖 hú) ピンイン-u、 -ua、 -uai、 -uan、 -uang、 -ui、 -un、 -uo韻尾前で使用
11 Daal-individua.svg Daal-fina.svg [t][d]-、 [tɕ]- d-、 j- [d] [d] دٍْ / dīng) 一部ピンイン j-を表す場合も
12 DHaal-individua.svg DHaal-fina.svg [ʦ]- z- [ð] [z] ذَىْ(在 zài)
13 Raa-individua.svg Raa-fina.svg -[ɹ] -r [r] [r] لِر(粒 lìr) -er音を表す
14 Zai-individua.svg Zai-fina.svg [z] [z] زَكَاة(救済税) アラビア語の単語に使用されるのみ
15 Jaa-individua.svg Jaa-fina.svg [ʐ][ɻ]- r- [ʒ] ژﹾ / rè) ペルシャ語からの借用
16 Siin-individua.svg Siin-finamezakomenca.svg [s]-、 [ɕ]- s-、 x- [s] [s] سٍ(信 xìn) ピンイン s-、 sh-の一部を表すことも
17 Saa-individua.svg Saa-finamezakomenca.svg [s]- s- SaaKasrah.svg(思sī) 小児経独自の文字、入声字のみを表す
18 SHiin-individua.svg SHiin-finamezakomenca.svg [ʂ]-、 [ɕ]- sh-、 x- [ʃ] [ʃ] شِ(是 shì) ピンイン x-を表すことも
19 SSaad-individua.svg SSaad-finamezakomenca.svg [s]- s- [sˁ][sˠ] [s] صْ(色 sè)
20 DDaad-individua.svg DDaad-finamezakomenca.svg [dˁ][ðˠ] [z] الْضَّاد(アラビアの世界) アラビア語の単語にのみ使用
21 Caa-individua.svg Caa-finamezakomenca.svg [ʦʰ]- c- ڞْ / cè) 小児経独自の文字
22 TTaa-individua.svg TTaa-finamezakomenca.svg [ʦ]- z- [tˁ][tˠ] [t] طٌ(遵 zūn) 中国語の単語を表記する際は音が変化
23 ZZaa-individua.svg ZZaa-finamezakomenca.svg [ʦ]- z- [ðˁ][ðˠ] [z] ظْ(作 zuò) 中国語の単語を表記する際は音が変化
24 Ain-individua.svg Ain-finamezakomenca.svg [ə] e、 e-、 -e、 -e- [ʕ] [ʔ] ﻋﹶ / 悪 / è) 中国語では母音、アラビア語とペルシャ語では子音
25 GHain-individua.svg GHain-finamezakomenca.svg [ɣ][ʁ] [ɣ][q][ɢ][x] غَبْن(詐欺罪) アラビア語の単語にのみ使用
26 Faa-individua.svg Faa-finamezakomenca.svg [f]- f- [f] [f] فِ / 廃 / fèi)
27 Qaaf-individua.svg Qaaf-finamezakomenca.svg [k][g]- g- [q] [q][ɢ] قَ / ge) 中国語の単語を表記する際は音が変化
28 Kaaf-individua.svg Kaaf-finamezakomenca.svg [k] كَلِمَة(箴言) アラビア語の単語にのみ使用
28 Kahah-individua.svg Kahah-finamezakomenca.svg [kʰ]- k- [k] ﮎْ(可 kĕ) ペルシャ語からの借用
29 Gaaf-individua.svg Gaaf-finamezakomenca.svg [g] گنج(宝物) ペルシャ語からの借用。ペルシャ語単語の表記のみに使用
30 NGaa-individua.svg NGaa-finamezakomenca.svg [ŋ]-、 [ɲ]- ng-、 gn- ﮜْﺎ(仰 ngăng) 小児経独自の文字であるが使用例は稀である。西北官話の内寧夏内蒙での[ŋ]-及び甘粛青海での[ɲ]-の表記に使用。
31 Laam-individua.svg Laam-finamezakomenca.svg [l]- l- [l][lˁ] [l] لِ(里 lǐ)
32 Miim-individua.svg Miim-finamezakomenca.svg [m][n]- m-、 n- [m] [m] مِ(秘 mì)
33 Nuun-individua.svg Nuun-finamezakomenca.svg [n]- n- [n] [n] نِ(你 nĭ)
34 Haa-individua.svg Haa-finamezakomenca.svg [x]- h- [h] [h][ɛ][æ] هَا(哈 hā) アラビア語単語に多用され、ピンインでは-a、 -ai、 -an、 -ang、 -ao韻尾前で使用される
35 Waau-individua.svg Waau-fina.svg [u][ʊ] wu、 u-、 -u、 -u- [w][u:][y] [v][u][o][ow] ءُ / wú) 母音
36 Yaa-individua.svg Yaa-finamezakomenca.svg [j][i:] يَوْم(審判日) アラビア語単語にのみ使用される母音
36 Yaa-Persa-individua.svg Yaa-Persa-finamezakomenca.svg [i][ɪ] yi、 i-、 -i、 -i- [j][i][e] يَا(呀 yā) ペルシャ語から借用した母音

母音[編集]

文字 中国語発音 ピンイン 注釈
1 HamzahFatHHah.svg或いはAlifFatHHah.svg [ɑ] a اَ(阿 ā)
2 FatHHahAlif-malplena.svg -[ɑ] -a دَا(大 dà)
3 YaaFatHHahAlif.svg [iɑ] ya يَا(呀 ya)
4 KasrahAlif-malplena.svg -[iɑ] -ia كِا(家 jiā) ピンインの j-、 q-、 x-、 l-にのみ接続
5 WaauFatHHah.svg [uɑ] wa وَ(娃 wá)
6 DammahWaauFatHHah-malplena.svg -[uɑ] -ua قُوَ / guā)
7 [o] o 用例は乏しい
8 [uo][uɔ] wo 用例は乏しい
9 AinFatHHah.svg [ə][ɤ] e ﻋﹶ / 悪 / è)
10 Sukuun-malplena.svgFatHHahAin-malplena.svg -[ə][ɤ] -e دْ / 徳 dé)
11 WaauFatHHahAin.svg [uə] wo وْ(我 wǒ)
12 DammahWaauFatHHahAin-malplena.svg -[uə] -uo قُوَع / guó)
13 AinFatHHahRaa.svg [ɑɻ] er عَر / 児 / ér)
14 Raa-malplena.svg -[ɻ] -r لِر(粒 lìr) 児音を表す
15 [ɛ] ê 用例は乏しい
16 AlifKasrahYaaHamzah.svg [iɛ] ye اِئ(耶 yē)
17 KasrahYaaHamzah-malplena.svg -[iɛ] -ie كِئ(解 jiě)
18 YaaDammahWaauHamzah.svg [yɛ] yue يُؤ / yuē)
19 DammahWaauHamzah-malplena.svg -[yɛ] -üe、 -ue كُؤ / jué) ピンインの j-、 q-、 x-、 l-、 n-にのみ接続
20 HamzahKasrah.svgAlifKasrah.svg [i] yi ءِ(意 yì)
21 Kasrah-malplena.svg -[i] -i ﭼﹺ(其 qí)
22 Kasrah-malplena.svg -[ɩ] -i ذِ(子 zǐ) ピンインの z-、 c-、 s-にのみ接続
23 Kasrah-malplena.svg -[ɩ˞] -i ﺟﹺ(知 zhī) ピンインの zh-、 ch-、 sh-、 r-にのみ接続
24 AlifFatHHahYaaSukuun.svg [aɪ] ai اَىْ / ài)
25 FatHHahYaaSukuun-malplena.svg -[aɪ] -ai كَىْ / kǎi)
26 [eɪ] ei 用例は乏しい
27 DammahWaauKasrah-malplena.svg或いはWaauHamzahKasrah-malplena.svg -[eɪ] -ei دِؤ(得 děi)
28 WaauFatHHahYaaSukuun.svg [uaɪ] wai وَىْ(歪 wāi)
29 DammahWaauFatHHahYaaSukuun-malplena.svg -[uaɪ] -uai كُوَىْ / kuài)
30 WaauKasrah.svg [ueɪ] wei وِ / 為 / wèi)
31 DammahWaauKasrah-malplena.svg -[ueɪ] -ui حُوِ(-{回} -huí)
32 HamzahDammah.svgAlifDammah.svg [u] wu ءُ / wú)
33 Dammah-malplena.svg或いはDammahWaauSukuun-malplena.svg -[u] -u كُو(苦 kǔ)
34 AlifFatHHahWaauSukuun.svg [aʊ] ao اَوْ / ào)
35 FatHHahWaauSukuun-malplena.svg -[aʊ] -ao قَوْ(高 gāo)
36 AinKasrahWaauSukuun.svg [əʊ][ɤʊ] ou عِوْ(偶 ǒu)
37 KasrahWaauSukuun-malplena.svg -[əʊ][ɤʊ] -ou كِوْ(口kŏu)
38 YaaFatHHahWaauSukuun.svg [iaʊ] yao يَوْ(要yào)
39 KasrahYaaFatHHahWaauSukuun-malplena.svg -[iaʊ] -iao كِيَوْ / jiào)
40 YaaKasrahWaauSukuun.svg [iəʊ][iɤʊ] you يِوْ(有 yǒu)
41 KasrahYaaFatHHahWaauSukuun-malplena.svg -[iəʊ][iɤʊ] -iu نِيِوْ(牛 niú)
42 YaaDammahWaauSukuun.svg [y] yu ىُ / yǔ)
43 DammahWaauSukuun-malplena.svg或いはDammahWaauDammah-malplena.svg -[y] -ü、 -u نُوُ(女 nǚ) ピンインの j-、 q-、 x-、 l-、 n-にのみ接続
44 HamzahFatHHatanAlif.svg [an] an ءًا(安 ān)
45 FatHHatanAlif-malplena.svg -[an] -an دًا(但 dàn)
46 AinKasratan.svgAinDammatan.svg或いはHamzahDammatan.svg [ən] en ءٌ(恩 ēn)
47 Kasratan-malplena.svg或いはDammatan-malplena.svg -[ən] -en قٍ(根 gēn)
48 HamzahKasratan.svg或いはAlifKasratan.svg [in] yin ءٍ(因 yīn)
49 Kasratan-malplena.svg -[in] -in ٿٍ(勤qín)
50 YaaDammatan.svg [yn] yun ىٌ(孕yùn)
51 Dammatan-malplena.svg -[yn] -un کﹲ(均 jūn) ピンインの j-、 q-、 x-にのみ接続
52 YaaFatHHatanAlif.svg [iɛn] yan يًا / 厳 / yán)
53 KasrahYaaFatHHatanAlif-malplena.svg -[iɛn] -ian لِيًا / liàn)
54 WaauFatHHatanAlif.svg [uan][wan] wan وًا(万wàn)
55 DammahWaauFatHHatanAlif-malplena.svg -[uan] -uan كُوًا(寛kuān)
56 YaaDammahWaauFatHHatanAlif.svg [yɛn] yuan يُوًا(源 yuán)
57 DammahWaauFatHHatanAlif-malplena.svg -[yɛn] -uan كُوًا(捐 juān) ピンインの j-、 q-、 x-にのみ接続
58 WaauDammatan.svg [uən][wən] wen وٌ(問wèn)
59 Dammatan-malplena.svg -[uən] -un کﹲ(困kùn)
60 HamzahSukuunAlif.svg [ɑŋ] ang ءْا(昂 áng)
61 SukuunAlif-malplena.svg -[ɑŋ] -ang قْا / gāng)
62 [əŋ] eng 用例は乏しい
63 Kasratan-malplena.svgSukuunAin-malplena.svg -[ɤŋ] -eng قْع(更 gèng)
64 YaaSukuunKasratan.svg [iŋ] ying ىٍْ / 応 / yīng)
65 SukuunKasratan-malplena.svg -[iŋ] -ing لٍْ(另 lìng)
66 SukuunWaau-malplena.svg -[ʊŋ] -ong خْو(宏 hóng)
67 YaaSukuunKasrahWaau.svg或いはYaaSukuunWaau.svg [yʊŋ] yong يْو(用 yòng)
68 SukuunKasrahWaau-malplena.svg或いはSukuunWaau-malplena.svg -[yʊŋ] -iong ﭤْﻮ / qióng) ピンインの j-、 q-、 x-にのみ接続
69 YaaSukuunAlif.svg [iɑŋ] yang يْا(羊 yáng)
70 KasrahYaaSukuunAlif-malplena.svg -[iɑŋ] -iang لِيْا(良 liáng)
71 WaauSukuunAlif.svg [uɑŋ][wɑŋ] wang وْا(忘 wàng)
72 DammahWaauSukuunAlif-malplena.svg -[uɑŋ] -uang كُوْا / kuàng)
73 WaauSukuunAin.svg [uɤŋ][wɤŋ] weng وْع(翁 wēng)

注:水の点線で囲まれたものは(Araba-malplena.svg)子音の位置を表す。
アラビア語ペルシャ語単語の母音は相当する中国語の発音を示す。ただし長母音を表し、短母音は表さない。 アラビア語のSukuun記号はアラビア語、ペルシャ語単語では省略可能であるが、中国語単語の場合は省略できない。例外として日常使用する中国語単語ではSukuun記号が省略される。例えば:「的」、「和」を協調する場合は「دِ」と「 ﺣَ」と表記し、協調しない場合は「دْ」と「 ﺣْ」のように表記する。但し「د」や「 」のように表記することもある。 同様に-[ŋ]韻尾を表すSukuun.svg記号は、実際にはFatHatanKasratan或いはDammatanと表記されることもある。 長母音「-ā」を表す「 」は多音節の中国語単語の中では短母音の「ă」を表すFatHah記号が使用されることもある。

小児経は現代のピンイン同様、単語ごとに書き分かちを行なう。

アラビア語のShaddah記号を中国語単語で使用する場合、文字の重複を表し「々」同様の働きをする。

標标点符号はアラビア語と中国語の両種が混用されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サラール語には、サラール語用のアラビア文字表記があるが、これも同一地域の小児経と字母・書記法の面で共通点が多い。(『周辺アラビア文字文化の世界-規範と拡張』2004.3、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所発行)

外部リンク[編集]