ي

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ي
語末形 語中形 語頭形
ـي ـيـ يـ
アラビア文字
خ ح ج ث ت ب ا
ص ش س ز ر ذ د
ق ف غ ع ظ ط ض
ي و ه ن م ل ك
ء

ي (ヤー)はアラビア文字の28番目に位置する文字硬口蓋接近音 /j/ を表すほか、長母音 /iː/ や二重母音 /ai/ を表すのにも使われる。

概要[編集]

フェニキア文字から受け継がれた文字の一つで、ヘブライ文字י‎、ギリシャ文字Ιラテン文字I に対応する。

点無しي[編集]

ی‎ を点無しヤーとよぶ。原則として語尾にしか用いられない。エジプトなどで使われる。全く同じ字形のものにアリフ・マクスーラがある。このほか、ヤーにハムザの付くときにも点はつけられない。

ペルシア語のヤーは語頭・語中では点をつけるが、語末・独立形では点がつかない。

主たるアラビア文字群であるアブジャド文字群( حروف أبجدية )には含まれず、アリフ・マクスーラと共にイダーファ文字群( حروف إضافية )に属する。通常の下2点である ي と ا はアブジャド文字群である。

Unicodeではアリフ・マクスーラと点無しヤーは別字としている。

  • アリフ・マクスーラ (U+0649) は、語頭・語中・語末いずれでも点がつかない
  • ヤー (U+064A) は、語頭・語中・語末いずれでも点がつく。ただしシャクルとしてハムザがついたときは点がつかない
  • ハムザつきのヤー (U+0626) には点がついていないが、ヤー (U+064A) にハムザがついたものである
  • 点無しヤー (U+06CC) はペルシア語用アラビア文字として定義され、語末・独立形では点がつかず、語頭・語中では点がつく

関連する文字[編集]

ウルドゥー文字では、ي‎ の語末形が音によって分かれる。なお語頭・語中では同形で、ともに点がつけられる。

  • ی‎ (U+06CC) は、子音 /j/、母音 /iː/、または /aː/ を表す。
  • ے‎ (U+06D2) は、母音 /e/ または /ai/ を表す。

ウイグル語では、以下のような文字が使われる。

  • ى‎ (U+0649) は、母音 /i/ または /ɨ/ を表す。
  • ي‎ (U+064A) は、子音 /j/ を表す。
  • ې‎ (U+06D0) は、母音 /e/ を表す。

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ي U+064A ي
ي
ヤー
ئ U+0626 - ئ
ئ
ハムザつきのヤー

外部リンク[編集]