パンゼーの乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鎮雄の戦い
澄江の戦い
大理の戦い

パンゼーの乱英語:Panthay Rebellion)は、1856年から1873年にかけて現中華人民共和国雲南省で発生した回族主導によるムスリム少数民族達が清朝に対して起こした大規模な反乱である。パンゼー英語版ビルマ人(現ミャンマー)による雲南回民(チン・ホー族英語版)の呼称である。この事件は中国では“杜文秀起義”と呼ばれている。

反乱の原因[編集]

パンゼーの乱は1853年鉱山で働く回族漢族の労働者の対立が暴動に発展し、翌年に清朝当局が反乱鎮圧に回族の虐殺を行ったことが原因である。当初の反乱の指導者の一人であった馬徳新は自分の影響力の増大のみに執着し、おそらく保身のために1861年に清朝に投降した。その彼に続いたのが杜文秀で、永昌府出身の回族である。

戦いの経過[編集]

1856年、反乱軍は雲南の西部都市大理を占領しそこを本拠地とし、清朝からの独立を宣言し平南国を樹立した。彼らの指導者杜文秀はスレイマン・イブン・アブド・アッラフマーンと称したが、一般的にはスルタン・スレイマンとして知られている。

反乱軍は1857年1861年1863年1868年の4回にわたって雲南省の省都昆明を包囲攻撃した。雲南南部出身で回族の反乱軍指導者馬如龍1862年に昆明を攻撃したが、清朝から軍のポストを提示されて寝返った。彼の部下の一部はこれを不満に思い、1863年に彼の不在に雲貴総督潘鐸を殺し昆明を奪取し、杜文秀に引き渡そうとした。しかし杜文秀の軍が着く前に馬如龍が清朝の岑毓英の支援を受け昆明の支配権を取り戻した。

その後戦局は清朝の側に有利に傾き、反乱軍は大英帝国ヴィクトリア女王に書信を送り国家としての承認および軍事支援を願ったが、拒否された[1]1872年、反乱軍は指導者の杜文秀の死をきっかけに鎮圧された。

結果[編集]

反乱の死者は100万人にのぼり、生き残った多くの回族の難民が周辺のビルマタイラオスなどに逃れた。これが今日これらの国に存在する中国系回族の元である。

反乱がミャンマーに及んだ影響[編集]

パンゼーの乱はミャンマー(コンバウン王朝)に大きな負の影響を与えた。イギリスとの戦争の結果下ビルマを奪われたミャンマーは豊かな穀倉地帯を失った。パンゼーの乱まで雲南を通して清からを輸入していたミャンマーであったが、清朝の怒りを買いたくなかったミャンマーは清朝の要請どおり反乱軍との交易を取りやめた。このため、米の輸入源をうしなったミャンマーは米の輸入を大英帝国に頼るしか術はなかった。また、当時のミャンマーの経済は清への綿花の輸出に大きく頼っていたが、パンゼーの乱によってこれも実行不可となった。

脚注[編集]

  1. ^ 一方、ヤクブ・ベクの乱では、1868年にイギリス1870年ロシア帝国がヤクブ・ベク政権を承認。ヤクブ・ベク政権はイギリスから武器供給を受けた。イギリスの対応が異なった主な理由は反乱がミャンマーに及んだ影響参照。

関連項目[編集]