アラビア語イラク方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラビア語イラク方言は、アラビア語口語(アーンミーヤ)の一つで、イラクで話されている。クウェートで話されているアラビア語とも極めて近い。

イラク国内においても地方によって方言的が違いが見られる。たとえば、標準的なアラビア語イラク方言であるバグダードの方言では「犬」をchalabと言うのに対して、モースルの方言ではkalabと言う。また、「スイカ」を標準的なアラビア語イラク方言ではragiと言うのに対し、モースルの方言では古い語彙であるshimzieと言う。

以下にフスハーとバグダードを中心としたイラク方言とを比較した表を示す。なおアーンミーヤは昨今でこそ表記されるようになったが、元来は書き表す言語ではなかったために正式な綴りというものが存在しない。綴りや発音は参考程度のものとして参照されたい。

フスハー イラク方言 意味 解説
綴り例 発音
أنا أني
اني
آني
ānī
anī
主格となる1人称単数の指示代名詞
私は
接続指示代名詞 ـنا は1人称複数形であり、単数形は ـني である。文法的にはともかく أني は接続指示代名詞1人称単数形に変化したもの。
نحن أحنا
احنا
aHanā 主格となる1人称複数の指示代名詞
私たち私たちは
もともとフスハーの1人称指示代名詞は不規則な変化をしている。単数の أني と同様にこれは語尾を接続指示代名詞1人称複数形に変化させたもの。
أنتَ أنتى
انتى
anta 主格となる2人称男性単数の指示代名詞
貴男貴男は
発音上は基本的に変わらない。フスハーでは أنت は女性形でも綴りが変わらず、語尾の母音変化で示される。この語尾母音を明らかにして相手の性別をはっきりさせる目的で ي が付く。
同様に女性形は ي を語尾に付すことで綴りとして明示され、長母音化することで発音の上でも明確になる。
أنتِ أنتي
انتي
antī 主格となる2人称女性単数の指示代名詞
貴女貴女は