嘉峪関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘉峪関
JiayuguanFort.jpg
嘉峪関
各種表記
繁体字 嘉峪關
簡体字 嘉峪关
拼音 Jiā Yù Guān
注音符号 ㄐ|ㄚ ㄩˋ ㄍㄨㄢ
テンプレートを表示
万里の長城の一部
版築(一部日干し煉瓦)による城壁

嘉峪関(かよくかん)は中華人民共和国甘粛省嘉峪関市に位置する万里の長城最西部に位置する山海関と共に万里の長城で要衝であった。

地理[編集]

嘉峪関は嘉峪関市の南西6kmに位置する河西回廊西寄りの最も狭隘な地にある。そこは2つの丘に挟まれた土地で一つは嘉峪山という。城壁の一部はゴビ砂漠を横切っている。

概要[編集]

嘉峪関は周囲733mを高さ11mの城壁に囲まれ、内域は33,500m²以上である。黄土版築でつき固めた城壁であり、西側は煉瓦を積み重ねて出来ている。東西にそれぞれ楼閣(門楼)と甕城を持つ城門を備え、東を光化門、西を柔遠門という。西門には「嘉峪関」の扁額がかかっている。関の南北は万里の長城とつながり、城壁の隅角部にはが設けられている。2つの門の北側には関の最上部に上ることが出来る通路がある。嘉峪関の防御設備は大別して内郭、外郭、の3つとなっている。

万里の長城につながる関の中で唯一建設当時のまま残される建造物である。最東端にある山海関が「天下第一関」と称されるのに対し、嘉峪関は「天下第一雄関」といわれている。東西シルクロードの要衝の一つであり、周囲には敦煌莫高窟のような著名な史跡が存在し、多数の漆喰壁画が見つかっている。

歴史[編集]

嘉峪関の設計者に建設に必要な煉瓦の数量を尋ね、予備の1枚を準備して建設に着手した結果、完成時に正確に1枚だけが余ったという伝承がのこされている。その煉瓦は現在門上に残されており、綿密な計画に基づいて建設されたかを示す逸話となっている。

明初1372年洪武5年)に建設された後、ティムール軍に対する防衛の必要性から関の防備は強化された。しかしティムールは東進着手前に死去し実際に攻撃されることはなかった。

  • 1495年弘治8年) - 内城に光化楼と柔遠楼を造作。同時に官庁、倉庫等付属建造物を修築
  • 1539年嘉靖18年) - 城壁上に敵楼、角楼を増築し、両翼の長城、烽火台等を修築

関連項目[編集]