陽関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陽関(ようかん)は中華人民共和国甘粛省敦煌市の南西約70kmにある、かつて建設されたシルクロードの重要な堅固な関所の1つ。併せて設置された玉門関より南に位置し、そのため「陽関」と称された。玉門関と併せて「二関」と呼ばれる。代に武帝河西回廊を防衛する目的で建設した、西域交通南ルートのでの要所であった[1]

現在の陽関遺跡

陽関は、中国で古代より孤独な生活を思い詠嘆する地で、特に代の詩人王維「送元二使安西」が有名である。「西出陽關無故人(西のかた 陽関を出づれば故人無からん)」の句は三度繰り返し吟じられることが多く、「陽関三畳」と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ [1]