粛州区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 甘粛省 粛州区
簡体字 肃州
繁体字 肅州
Sùzhōu
カタカナ転記 スーヂョウ
国家 中華人民共和国
甘粛
地級市 酒泉市
行政級別 地級市
面積
- 総面積 3,349 km²
人口
- 総人口(2004) 35 万人
経済
電話番号 0937
郵便番号 735000
行政区画代碼 620902

粛州区(しゅくしゅう-く)は、中華人民共和国甘粛省酒泉市に位置する市轄区シルクロード上にある主要な歴史文化都市である。紀元前121年前漢が郡を設けてから2100年を超える歴史を有する。

行政区画[編集]

6街道、6鎮、12郷を管轄する:

  • 街道弁事所:東北街道、東南街道、西南街道、西北街道、新城区街道、工業園区街道
  • :三墩鎮、西洞鎮、総寨鎮、上壩鎮、金仏寺鎮、清水鎮
  • :豊楽郷、果園郷、西峰郷、泉湖郷、銀達郷、懷茂郷、臨水郷、黄泥堡郷、下河清郷、屯升郷、東洞郷、尖郷

地理[編集]

河西回廊中間の西部、東経98度12分 - 99度18分、北緯39度10分 - 39度59分に位置する。平均海抜1765m。東西104km、南北84km、総面積3386km²。

典型的な大陸性気候で乾燥しており、降水は少なく、蒸発が多い。寒暖の差は比較的大きく、日照時間は長く、砂埃交じりの風が多い。

歴史[編集]

考古学的発見によれば新石器時代中期にはすでに人が酒泉へ定住していた痕跡がある。

史記』「黄帝本紀」には黄帝の時、其の土地「西は空桐に至る」と記載、『括地誌』の説明では、この山は酒泉の東南六十里にある。到大禹の時になって、天下を九州に画いて、酒泉雍州の管轄下とした。

名称の沿革[編集]

西暦紀元前121年(武帝元狩二年)、漢の驃騎将軍霍去病が河西回廊を取った後、漢朝は武威酒泉張掖敦煌の4郡を設置した。酒泉郡下には9県が設置され、現在の粛州区は当時の縁福県に相当する。その後名称は顕徳県縁福県福縁県酒泉県と変遷している。

帰属[編集]

他の時期は中央政権に属した。

特産物[編集]

  • 夜光杯
  • 酒泉奇石
  • 玉彫
  • 毛絨毯
  • 氷硝梨

観光地[編集]

  • 酒泉西漢勝跡
  • 魏晋壁画墓
  • 明代鐘鼓楼