ラベージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラベージ(ロベージ、ラビッジ)
Liebstöckel.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: Levisticum Hill
: ラベージ L. officinale
学名
Levisticum officinale
W.D.J.Koch
和名
ラベージ
英名
Lovage

ラベージ (ロベージラビッジラベッジ、学名:Levisticum officinale) はハーブとして使われるセリ科、セリ亜科の多年生植物で、この種のみでLevisticum属を構成する[1][2]。長くヨーロッパで栽培されてきた種で、その葉はハーブとして用いられ、種はスパイスとなり、根も食用になる[3]

正確な原産地はまだ分かっておらず、いくつかの説がある。例えば、ヨーロッパの大部分とアジア南西部が原産地であるという説[4]や、地中海東部であるという説[3]、もともとイランアフガニスタンが原産であったものがヨーロッパに帰化したという説[5][6]である。

形態と生態[編集]

ラベージの花

ラベージは直生で、高さ1.8メートルから2.5メートルに成長する。葉や茎の表面に毛はなくつややか。葉の形状は三回羽状複葉で、鋭く尖った幅広い三角から菱形の小葉をもつ。基部の大きな葉は70センチメートルに達する。上部の葉は比較的小さく、小葉の分離も緩やかである。茎の上端に散形花序の花の集まりが形成される。花は黄色から緑がかった黄色で、直径2から3ミリメートル。花のひとかたまりは直径10から15センチメートル。開花は春の終わりごろ。秋に果実をつける。果実は乾いた2室の分離果で、1つの長さは4から7ミリメートルほどである[3][5][7]

利用[編集]

ラベージの葉

葉はハーブとして利用され、サラダやスープの材料となる。根はそのまま野菜として、またはすりおろしてサラダに使用される。セロリに似た風味を持つ。ラベージ茶は消化力を助ける働きがあり、消毒液として傷口にも使用される[3]。イギリスでは、ラベージを原料とするリキュールブランデーを2:1で混合したものが伝統的な冬の飲み物として飲まれている[8]。ラベージは、ケッパーの次の2番目に多くのクェルセチンを含んでいる[9]

出典[編集]

  1. ^ Pimenov, M. G., & Leonov, M. V. (1993). The Genera of the Umbelliferae. Royal Botanic Gardens, Kew. ISBN 0-947643-58-3
  2. ^ Downie, S. R., Plunkett, G. M., Watson, M. F., Spalik, K., Katz-Downie, D. S., Valiejo-Roman, C. M., Terentieva, E. I., Troitsky, A. V., Lee, B.-Y., Lahham, J., & El-Oqlah, A. (2001). Tribes and clades within Apiaceae subfamily Apioideae: the contribution of molecular data. Edinburgh Journal of Botany 58: 301-330.
  3. ^ a b c d Huxley, A., ed. (1992). New RHS Dictionary of Gardening 3: 60. Macmillan ISBN 0-333-47494-5.
  4. ^ Den virtuella floran: Levisticum officinale (スウェーデン語), with map
  5. ^ a b Blamey, M. & Grey-Wilson, C. (1989). Illustrated Flora of Britain and Northern Europe. ISBN 0-340-40170-2
  6. ^ Germplasm Resources Information Network: Levisticum officinale
  7. ^ Interactive Flora of NW Europe: Levisticum officinale (Lovage)
  8. ^ http://www.farehamwinecellar.co.uk/0/4c7a5def1b38652380256a73004609dc.html Information on Lovage Cordial
  9. ^ USDA Database for the Flavonoid Content of Selected Foods nal.usda.gov, March 2003