シャコ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャコ目(口脚目)
Mantis shrimp from front.jpg
マルハナシャコ Odontodactylus brevirostris
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
階級なし : 汎甲殻類 Pancrustacea
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : トゲエビ亜綱 Hoplocarida
: シャコ目 Stomatopoda
学名
Stomatopoda Latreille1817
英名
Mantis Shrimp
Stomatopod
亜目[1]

シャコ目(シャコもく、蝦蛄目)または口脚目(こうきゃくもく)は、節足動物門甲殻亜門軟甲綱トゲエビ亜綱(シャコ亜綱)に分類される分類群。日本などでよく食用にされるシャコなどが含まれる一群で、「シャコ類」と簡単に言うこともある。絶滅群の多いトゲエビ亜綱で、唯一現生種を含む目であり、甲殻類中では類縁がやや孤立した群と言える。


なお、エビ・カニの仲間である真軟甲亜綱にもアナジャコエビジャコなど姿がシャコ類に似たものに○○ジャコと呼ばれるものがあり、これらはもちろんシャコ類ではない(最近ではシャコ類でないものは「~ジャコ」、シャコ類のものは「~シャコ」に統一されつつあるので、語尾に注意すれば覚えやすい)。

形態[編集]

一見、同じ甲殻類であるエビ類にも似るが、エビ類はカニ類その他とともに真軟甲亜綱という別亜綱に属し、両者の類縁関係はかなり遠い。

全長が30cmを超える大型の種から数cm以下の小型種までを含む。 体は細長い筒状で腹部はやや扁平。頭部から胸部はやや小さく、腹部の方がよく発達する。尾部と尾脚は幅広くなっており、遊泳や穴掘りに利用する。

頭部先端には二対の触角とよく発達した複眼が突き出す。

付属肢にエビ・カニのような鋏を持たず、特徴的な1対の鎌のような捕脚を持つ(英名のmantis shrimp=カマキリエビの由来でもある)。これは第2顎脚(第2胸脚と呼ぶこともある)が捕獲用に変化したもので、普段は胸部の下に折りたたみ、捕食時にはこれを鋭く突き出して攻撃する。

生態[編集]

ほとんどは海産で一部に汽水性のものがある。寒帯から熱帯まで世界中に広く分布し、特に熱帯から亜熱帯の浅海域に種が多い。サンゴや岩の陰に潜んだり、海底の砂や泥に坑道を掘って生活する。活発な行動をする肉食者で、魚類や他の甲殻類、ゴカイ等の多毛類、貝類等を強大な捕脚で攻撃して捕食する。この捕脚による攻撃は打撃を伴う強力なもので、天敵からの防御や威嚇に用いるほか、種によっては打撃に特化しカニの甲羅や貝殻を叩き割って捕食する。

分類上の特徴[編集]

シャコ目は、分類上重要とされる付属肢(触角や脚など)の形態が、一見似ているエビ類などと大きく異なっているため別の亜綱として分けられている。一見よく目立つ鎌状の鋏のような特徴は、カニのハサミ同様、単に肉食に適応して一部が巨大化しただけとも言えるもので、目立つほどには付属肢構造の根本的な違いとは言えない。真の違いはもっと目立たない部分にある。甲殻類は通常2対の触角を持ち、それぞれ前の方から第1触角、第2触角と呼び、普通は第1触角の先端部が鞭状部と呼ばれる非常に細い糸状になっていて、エビ類その他の軟甲亜綱ではこの第1触角の鞭状部が2本に分かれている。分かりやすく言えばエビなどのヒゲの部分であるが、この鞭状部がシャコ目を含むトゲエビ亜綱では3本になっている。さらにシャコ目では第2触角は短く、根元にある鱗片(りんぺん)と呼ばれる付属肢が大きなヘラ状に発達していて、頭部の左右に出ているのも特徴である。

系統[編集]

トゲエビ亜綱は奇泳目(きえいもく)とシャコ目の2目に分けられる。かつては第3(配列順序的には第2)の古口脚目(ここうきゃくもく)があり、シャコ目の姉妹群と考えられていたが、シャコ目に対する側系統であり、シャコ目に含められた[1]

奇泳目(および古口脚亜目)は古生代だけに知られる絶滅群であるため、この亜綱のうちで唯一現生種を含むグループがシャコ目である。

シャコ目は、古口脚亜目に加え、やはり古生代だけに生息した昔口脚亜目と、中生代ジュラ紀以降に現れて現在まで続く単楯亜目の3亜目に分けられているが、単楯亜目以外は側系統である[1]。これら3亜目の出現期の狭間にあたる中生代初期~ジュラ紀は、これまでのところシャコ類の化石が発見されない空白期間である。

軟甲綱の祖先
  │         
  ├─コノハエビ亜綱(第1触角鞭状部は2本:コノハエビ)古生代-現生  
  │
  └─無名[2]
    │        
    ├─真軟甲亜綱(第1触角鞭状部は2本:エビカニダンゴムシ…)-現生
    │        
    └─トゲエビ亜綱(第1触角鞭状部は3本:シャコ類以外は絶滅)
         │
          ├─†奇泳目:古生代(捕脚なし)
         │
       └─シャコ目(捕脚あり)
            │
            ├─†古口脚亜目:古生代 *側系統
            │                     
            └─狭義のシャコ目:古生代-現生
                   │
                   ├─†昔口脚亜目:古生代 *側系統
                   │
                 └─ 単楯亜目:中生代(ジュラ紀)-現生(現在見られるシャコ類)

分類[編集]

科レベルまで[編集]

Verunipeltata までは Haug et al. (2010) による[1]

日本産種[編集]

モンハナシャコ

日本に分布する種を浜野(2005)に従って記した。

文化[編集]

種名シャコをはじめ大型のものは食用として漁獲され、握り寿司のネタとしてもよく知られている。 また熱帯産の小型種には体色の派手なものが多く、熱帯魚同様に観賞用として販売される。

そのほかメディアとしては、捕脚による打撃の派手さから動物番組等で取り上げられるほか、巨大なシャコが主役のコメディー映画「えびボクサー」などがある。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Ahyong, S.T. "Revision of the Australian Stomatopod Crustacea." The Records of the Australian Museum (Supplement) 26 : 1-326. 2001.
  • Ahyong, S.T. & Harling, C. "The phylogeny of the stomatopod Crustacea." Australian Journal of Zoology. 48 : 607-642. 2000.
  • 浜野龍夫. 水産研究叢書 51『シャコの生物学と資源管理』 社団法人日本水産資源保護協会. 2005. ISSN 0913-0616
  • Manning, R.B. "Stomatopod Crustacea of Vietnam: The Legacy of Raoul Serène." Crustacean Research Special, No. 4 : pp. ii–ix;1–339. 1995.

外部リンク[編集]