叉焼包

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
叉焼包
Roastporkbun.jpg
蒸した叉焼包
繁体字 叉燒包
簡体字 叉烧包
漢語拼音 chā shāo bāo
広東語 粤拼 caa1 siu1 baau1
英文表記 roast pork bun
焼いた叉焼包

叉焼包(チャーシューバオ、さしょうほう、Cha siu baau)は、広東料理の一種で、叉焼(チャーシュー)を具にした包子である[1]飲茶の際の点心として食べられ、中国のパン屋でも売られている[1]

種類[編集]

作り方としては、蒸したものと焼いたものがある。蒸したものは白い皮であるが、焼いたものは光沢のある茶色の皮である。

広東料理[編集]

外見的には他の包子(特にパン生地蓮蓉包で使う物と非常に良く似ている)と似ているが、生地に酵母ベーキングパウダーの両方が使われているのが特徴である[2][3]。そのため、皮は密度が高いがとても柔らかい。

包子の中央には、柔らかく、甘く、じっくりと炙った豚肉のテンダーロインが入っている。チャーシューは賽の目に刻まれ、オイスターソース海鮮醤ごま油米酢紹興酒またはドライシェリー醤油砂糖コーンスターチ等からなるタレと絡められている。

ハワイ料理[編集]

ハワイでは、ピジン語マナプア (Manapua) と呼ばれる。この言葉は、ハワイ語で豚肉 (puaʻa) を噛む (mana) という意味ではなく、豚肉のケーキ (meaʻono) を意味するmeaʻono-puaʻaを縮めたものである。アメリカ合衆国本土では、中国語が使われることが多い。中国人が、プランテーション作業員として移住してきた際に持ち込まれた。

ハワイのマナプアは、白いバンズと濃いピンク色の賽の目に切った豚肉のフィリングでできている。ハワイのものは通常、中国のものよりも大きく、やはり蒸すか焼いて作られる。赤い豚肉は、チャーシューと呼ばれ、この色は豚肉を炙る前に極少量の硝酸カリウムに漬け込むことによるものである。マナプアは、現在では肉かのペーストを詰めたバンズ一般を指すようになり、ホットドッグ、カレーチキン、カルアピッグベジタリアンのためのダイジョを使ったものさえ指す。ハワイでは出来立てのものや冷凍のものが、中華レストランの店頭・パン屋・コンビニエンスストア等で売られている。

他国の類似の料理[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Hsiung, Deh-Ta. Simonds, Nina. Lowe, Jason. [2005] (2005). The food of China: a journey for food lovers. Bay Books. ISBN 978-0681025844. p24.
  2. ^ rec.food.recipes Luckytrim, Chinese Pork Buns (Char Siu Bao) Recipe
  3. ^ Michelle Che, Chinese Pork Buns (Cha Siu Bao)

外部リンク[編集]