ジャンボニンニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンボニンニク
Elephant Garlic (Allium ampeloprasum) 2.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ネギ科 Allioideae
: ネギ属 Allium
: リーキ A. ampeloprasum
変種 : ジャンボニンニク
A. a. var. ampeloprasum
学名
Allium ampeloprasum L.
var. ampeloprasum [1]
英名
elephant garlic

ジャンボニンニク (Allium ampeloprasum var. ampeloprasum) はネギ属に属する植物である。無臭ニンニクと呼ばれて販売されている[2]が、ニンニクとは別ので、リーキと同じ種の別変種である。背が高くて中実の花柄と広くて平らな葉はリーキによく似ているが、ニンニクに似た鱗片からなる大きな鱗茎を作る。

においはニンニクと全く同じではないが、リーキよりはニンニクに近い。刺激は少なくマイルドで、スープの具・サラダなどに利用される。生食の場合に口当たりがはるかによいと感じられることもある。

栽培[編集]

完熟した鱗茎は非常に大きな鱗片からなる。鱗片は薄皮を持ち、料理や繁殖に用いられる。鱗茎の外側には硬い皮を持つ小さい鱗片(ヒヨコの頭に良く似ている)がある。使われないこともあるが、これら小さい鱗片は植えると初年には開花しない植物となり、単一の鱗片からなる鱗茎を作る。翌年にはこの単一の鱗片が分裂して複数の鱗片になる。一般には種子で繁殖されることはない。

単一の鱗片からなる鱗茎

成分[編集]

破砕してDARTイオン源で分析した場合、ニンニクと同じくアリシン、ニンニクには無くタマネギやリーキにあるsyn-プロパンチアール-S-オキシド(タマネギの催涙成分)が検出されることは、ニンニクよりリーキに近いとする分類の結果と一致している[3]

脚注[編集]

  1. ^ Missouri Botanical Garden. “Allium ampeloprasum var. ampeloprasum”. Tropicos. 2012年7月7日閲覧。
  2. ^ 湧永化学. “ニンニクを科学する > ニンニクの化学 > 更に化学3 > 更に更に化学”. 2012年7月7日閲覧。
  3. ^ Block E, Dane AJ, Thomas S, Cody RB (2010). “Applications of Direct Analysis in Real Time–Mass Spectrometry (DART-MS) in Allium Chemistry. 2-Propenesulfenic and 2-Propenesulfinic Acids, Diallyl Trisulfane S-Oxide and Other Reactive Sulfur Compounds from Crushed Garlic and Other Alliums”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 58 (8): 4617–4625. doi:10.1021/jf1000106. PMID 20225897. 

参考文献[編集]

*を付したものは英語版に使用されたものであり、日本語に翻訳する際に確認したものではない。