アイオリソース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリオリ

アリオリソース:Aïoli、プロヴァンス語:alhòli)は南フランスでよく用いられるソースの一種。日本語表記でアイヨリソースと表現されることもある(未確認)名称はプロヴァンス語のalh(ニンニク)とòli(油)から成る合成語である。マヨネーズ同様、卵黄と油を乳化させて作る。

材料: ニンニク卵黄オリーブ油レモン汁、コショウ

  1. ニンニクと塩をミキサーに入れ、潰す。
  2. 卵黄を加えてさらに混ぜる。
  3. マヨネーズと同じ要領でオリーブ油を少しずつ加えながら攪拌し、空気を含ませるようにして粘度を出す。
  4. レモン汁を加え、塩、コショウで味を調える。

ミキサーが無ければすり鉢すりこぎでも代用可能であり、こちらの方が伝統的な製法である。瓶詰で市販されているが、個人でも調理可能であり、新鮮さが重要なのでその都度作ったほうが良い。

プロヴァンス地方では、茹でた野菜(ニンジンジャガイモさやいんげん)、茹でた塩鱈茹で卵にアリオリをつけて食べる料理をル・グラン・ダイオリ(Le Grand Aïoli)と呼ぶ。ブイヤベースに添えることもある。

アリオリはスペインカタルーニャ州の伝統料理でもあり、カタルーニャ語では「allioli」と表記する。カタルーニャではあらゆる料理にアリオリを添えるが、特にグリルした肉料理には必須とされる。

他に具材を加えた場合、フランス料理としては別のソースになる。

関連項目[編集]